千葉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ちばし
千葉市
Chiba montage.jpg
千葉市旗 千葉市章
千葉市旗 千葉市章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
団体コード 12100-2
面積 271.76km2
総人口 974,335
推計人口、2016年6月1日)
人口密度 3,590人/km2
隣接自治体 佐倉市四街道市習志野市八千代市
八街市東金市大網白里市市原市
茂原市
市の木 ケヤキ
市の花 大賀ハス
他のシンボル 市の花木:キョウチクトウ
市の鳥:コアジサシ
千葉市役所
所在地 260-8722
千葉県千葉市中央区千葉港1番1号
北緯35度36分26.2秒東経140度6分22.9秒
千葉市役所
外部リンク 千葉市

千葉市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

千葉市行政区画図

特記事項 市章は1921年5月8日告示
 表示 ウィキプロジェクト

千葉市(ちばし)は、千葉県西部の都市で、同県の県庁所在地。政令指定都市及び業務核都市に指定されている。東京都特別区部への通勤率は20.8%(平成22年国勢調査)。

目次

地理[編集]

千葉県のほぼ中西部に位置し、東京都心へおよそ40kmの地点にある。地形は、臨海部および各河川下流域に広がる平地と、周辺部の台地・谷津から構成される。郊外や臨海部を中心に大規模な住宅団地が多くある一方、若葉区緑区には自然が多く残されており、森林や田畑の広がる豊かな農村地帯と住宅地が共存している。かつての海岸線は現在の国道14号国道357号国道16号をなぞる線にほぼ等しく、遠浅の海が広がっていたが、高度経済成長期以降の大規模な海面埋立により新たに広大な土地が誕生した。美浜区のほぼ全域及び中央区の一部がこれに該当する。現在の海岸線は中央区部分ではほぼ工業施設または港湾で占められている一方、美浜区部分には長大な人工海浜(いなげの浜、検見川の浜、幕張の浜)も造成されている。美浜区全域、中央区と花見川区の一部を除いて標高20m以上の下総台地に位置しており、緑区土気町等標高90m以上に位置する地域も存在する。なお最高地点は緑区板倉町の標高103.6m、最低地点は美浜区豊砂の標高0.7mである。


日本13番目に多くの人口を抱える市であり、市域には多くの国道や高速道路が集まり、また県内鉄道網の要となっている都市である。昼夜間人口比率は97.5%[1]と首都圏の中では高く、東京のベッドタウン的機能を持ちながらも、支店経済都市として東京だけに依存しない独自の経済圏を形成しているといえる。

気候[編集]

面積も広いため地域によって気候は異なるが一般には、夏季はそれほど猛暑にはならず、冬季も若葉区や緑区など内陸部を除き、暖かくて温和な太平洋側気候である。年平均気温は15.7度である。

千葉特別地域気象観測所(旧千葉測候所)の観測によると、1月の平均気温は5.7℃、最低気温は1.9℃と高く、沿岸部は東京湾からの風や高い水温の影響で、冬日になることは少なく、過去最低気温(1966年4月 - )は-5.2℃(1967年2月13日)とかなり高い。一方、若葉区、緑区などの内陸部は風が弱く、放射冷却により連日の冬日となり、氷点下5度以下まで冷え込むことあるなど冷え込みが厳しく、中央区の港湾部に立地し、ヒートアイランドの影響も強い千葉特別地域気象観測所の観測気温とは大きく異なることがある。実際に、千葉特別地域気象観測所では2016年1月24日から25日にかけての寒波の時、南西諸島伊豆諸島小笠原諸島などの島嶼部を除いた全国の観測地(気象官署・アメダス)の中で唯一、冬日を観測したなかったほどにヒートアイランドの影響が強い。

8月の平均気温は26.7℃、最低気温は23.9℃であり、共に県内の気象観測地点の中では最も高く、熱帯夜日数も県内では最多である。これは、ヒートアイランドの影響に加え、海の側に立地する千葉特別地域気象観測所は東京湾から吹き付ける湿度の高い熱風の影響で夜になっても気温が下がりにくいからである。そのため、東京湾沿岸地域は日中は内陸部のような猛暑とはなりにくいものの、夜は非常に蒸し暑く過ごしにくい。一方、内陸部は逆に日中は沿岸部よりも気温が上がり暑くなるが、朝晩は下がり、熱帯夜日数も少なく、天気予報などで表示されないためあまり知られてないが、比較的過ごしやすい。過去最高気温は38.4℃(2013年8月11日)である。

冬季、南関東を南岸低気圧が通過する場合、千葉市付近は暖気と寒気の境界線となりやすく、県内の東葛・葛南地域や東京・横浜が大雪の場合でも雨や霙となり、それほどの積雪とはななりくい場合も多く、年間平均降雪量も8cmと東京(11cm)や横浜(13cm)に及ばない。しかし、寒気の引き込みが強い場合は、時に、東京や横浜以上の大雪となることもあり、特に標高が100m前後と高く、気温が低い緑区土気などで降雪量が多くなりやすく、毎年10センチ前後の積雪となるのも珍しくない。過去に関東平野部としては記録的な大雪を何度か観測しており、1951年2月14日から15日にかけての南岸低気圧の影響で内陸部の白井(現若葉区野呂町)で133cm、市街地に近い仁戸名(現中央区仁戸名町)で91cm、市街地の都(現中央区都町)で80cm[2]もの豪雪となったことがあるなど、低気圧の進路や寒冷渦の影響などによっては記録的な大雪となることがある。近年では、2014年2月8日から2月9日にかけて市内全域に猛烈な地吹雪が襲い、2月9日には積雪33cmを記録し、1966年の観測開始以来最大の大雪となった。特に内陸の若葉区や緑区土気などを中心に、積雪が40㎝ - 50㎝前後にまで達した地点もあった。

千葉(1981 - 2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 9.8
(49.6)
10.2
(50.4)
13.2
(55.8)
18.3
(64.9)
22.3
(72.1)
25.0
(77)
28.6
(83.5)
30.5
(86.9)
26.9
(80.4)
21.8
(71.2)
16.9
(62.4)
12.4
(54.3)
19.66
(67.38)
日平均気温 °C (°F) 5.7
(42.3)
6.1
(43)
8.9
(48)
14.0
(57.2)
18.3
(64.9)
21.3
(70.3)
25.0
(77)
26.7
(80.1)
23.3
(73.9)
18.0
(64.4)
12.9
(55.2)
8.3
(46.9)
15.71
(60.27)
平均最低気温 °C (°F) 1.9
(35.4)
2.3
(36.1)
5.0
(41)
10.1
(50.2)
14.8
(58.6)
18.4
(65.1)
22.3
(72.1)
23.9
(75)
20.5
(68.9)
14.9
(58.8)
9.2
(48.6)
4.4
(39.9)
12.31
(54.14)
降水量 mm (inch) 59.6
(2.346)
59.5
(2.343)
110.0
(4.331)
110.4
(4.346)
112.5
(4.429)
149.9
(5.902)
122.5
(4.823)
134.3
(5.287)
200.4
(7.89)
185.9
(7.319)
91.5
(3.602)
51.5
(2.028)
1,388
(54.646)
降雪量 cm (inch) 3
(1.2)
4
(1.6)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
8
(3.2)
 % 湿度 55 57 63 68 72 79 80 78 78 73 67 59 69.1
平均月間日照時間 185.1 162.3 160.3 174.1 172.3 125.2 153.0 190.0 127.7 135.6 142.0 176.1 1,903.7
出典: 気象庁

主要な河川[編集]

一級河川
二級河川
  • 浜田川水系:浜田川
  • 都川水系:都川葭川、支川都川、坂月川
  • 浜野川水系:浜野川
  • 生実川水系:生実川
  • 村田川水系:村田川、ミカダ川

歴史[編集]

古代[編集]

日本後紀大同元年正月癸巳(1月28日)条に、「千葉国造(ちはのくにのみやつこ)大私部直(おおきさいべのあたい、直はカバネ)善人」という人物が登場しており、大化改新以前より千葉に国造が置かれていた可能性が高く、律令制成立後も下総国千葉郡と呼ばれるが成立した。更に『倭名類聚鈔』には千葉郡にあった7つのの1つに「千葉郷」と呼ばれる郷があったことが記されており、同郷は現在の稲毛区穴川・黒砂付近を指していたと考えられている。

千葉氏の本拠地[編集]

平安時代千葉氏の祖、平常重が千葉郡千葉郷・池田郷一帯に千葉荘を開き、池田郷亥鼻拠点を築いて千葉介を名乗る。以後子孫が室町時代まで下総国守護職として周辺を支配した。

しかし、享徳の乱に乗じた原胤房馬加康胤によって千葉胤宣が討たれ、千葉氏宗家が滅びた後は、千葉妙見宮の小さな門前町となった。

徳川藩政時代[編集]

江戸時代には、現在の千葉市域の大半が佐倉藩の領土(この他に、市域は生実藩曽我野の2小藩の本拠地となった)となった。

戊辰戦争終結から第二次大戦終結まで[編集]

戊辰戦争後の1871年8月29日廃藩置県では、現千葉市は印旛県の領内に入れられた。しかし、1873年には印旛県木更津県が合併されて千葉県が設置され、旧両県の境で千葉氏の本拠地でもあった現千葉市(亥鼻地区)に県庁が設置され、これ以後は千葉県の県庁所在地として発展することとなる。

市制施行により千葉市が誕生したのは、1921年(大正10年)1月1日のことである。この時点での市域は、現在の中央区の北半分から稲毛区の南東部にわたり、これは1889年(明治22年)に設定された千葉町の町域をそのまま引き継いだものであった。その後、徐々に周辺の町村を編入するとともに、海面の埋め立てを進め、現在の広大な市域が成立した。戦前、現在の川崎町の埋立地に日立航空機製作所と日立製作所などの軍施設が集中する軍都として発展したが、1945年(昭和20年)6月10日と7月7日に連合国軍による大規模な空襲(千葉空襲七夕空襲)に見舞われ、市域の7割が壊滅する甚大な被害を受けた。

第二次大戦後[編集]

戦後、宮内三朗市長(名誉市民第1号)の元で大規模な埋め立てと市町村合併が行われ、京葉工業地域の中心都市として再建された。現在の緑区のうち、旧土気町であった部分はかつては上総国山辺郡(今の山武郡)に属していた地域である。

2003年(平成15年)2月、隣接する四街道市の住民の発議によって法定合併協議会が設置され、千葉市への編入として行政区名を「四街道区」とする方針が決まったが、四街道市議会内で編入への賛否が拮抗し、賛成派・反対派双方による発議により2004年(平成16年)5月16日に行われた、編入の是非を問う住民投票の結果、反対意見が賛成を上回った為に、千葉市への編入は白紙となった。

年表[編集]

1930年頃(昭和初頭)の千葉市周辺の地図。

立法[編集]

市議会[編集]

  • 定数:54名
  • 任期:2015年(平成27年)5月1日~2019年(平成31年)4月30日
  • 議長:向後保雄(自由民主党千葉市会議員団)
  • 副議長:白鳥誠(未来民主ちば)

会派[編集]

会派名 議員数 所属党派 議員名(◎は代表)
自由民主党千葉市議会議員団 17 自由民主党 ◎小松﨑文嘉、松坂吉則、中島賢治、岩井雅夫、石川弘、植草毅、秋葉忠雄、向後保雄、川村博章、宇留間又衛門、小川智之、三須和夫、石井茂隆、森茂樹、茂手木直忠、米持克彦、石橋毅
未来民主ちば 12 民主党8人、無所属4人 ◎段木和彦、山本直史、三井美和香、佐々木久昭、布施貴良、亀井琢磨、田畑直子、川合隆史、麻生紀雄、蛭田浩文、白鳥誠、三瓶輝枝
公明党千葉市議会議員団 8 公明党 ◎近藤千鶴子、森山和博、酒井伸二、桜井秀夫、青山雅紀、伊藤康平、村尾伊佐夫、川岸俊洋
日本共産党千葉市議会議員団 7 日本共産党 ◎福永洋、中村公江、盛田眞弓、吉田直義、椛澤洋平、佐々木友樹、野本信正
市民ネットワーク 3 市民ネットワーク千葉県 ◎松井佳代子、岩﨑明子、渡辺忍
千葉市議会無所属の会 2 維新の党1名、無所属1名 ◎櫻井崇、阿部智
無所属 1 無所属1名 橋本登

2015年5月22日現在[3]

千葉県議会(千葉市選出)[編集]

  • 定数:14名
  • 任期:2015年(平成27年)5月15日~2019年(平成31年)5月14日
選挙区 氏名 会派名
中央区 (3) 本間進 自由民主党千葉県議会議員会
佐野彰 自由民主党千葉県議会議員会
網中肇 民主党千葉県議会議員会
花見川区 (3) 宍倉登 自由民主党千葉県議会議員会
田村耕作 公明党千葉県議会議員団
寺尾賢 日本共産党千葉県議会議員団
稲毛区 (2) 阿部紘一 自由民主党千葉県議会議員会
天野行雄 民主党千葉県議会議員会
若葉区 (2) 山中操 自由民主党千葉県議会議員会
田中信行 民主党千葉県議会議員会
緑区 (2) 関政幸 自由民主党千葉県議会議員会
竹内圭司 民主党千葉県議会議員会

衆議院[編集]

選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考
千葉県第1区中央区稲毛区美浜区 田嶋要 民進党 12 選挙区
門山宏哲 自由民主党 5 比例復活
千葉県第2区花見川区など) 小林鷹之 自由民主党 2 選挙区
千葉県第3区緑区など) 松野博一 自由民主党 6 選挙区
千葉県第9区若葉区など) 秋本真利 自由民主党 2 選挙区
奥野総一郎 民進党 3 比例復活

行政[編集]

千葉市役所を中心として6つの区が設置されている。

行政区[編集]

Map of wards in Chiba city, Chiba prefecture, Japan.svg

以下の6区で構成されている。人口は2015年(平成27年)10月1日現在の推計人口

区名 人口 面積 イメージカラー
中央区 204,640人 44.69km² エネルギッシュ・レッド
花見川区 178,449人 34.19km² フラワーピンク
稲毛区 158,890人 21.22km² ブライト・イエロー
若葉区 150,950人 84.21km² フレッシュ・グリーン
緑区 126,935人 66.25km² エバー・グリーン
美浜区 148,579人 21.20km² マリンブルー

2000年平成12年)には市制施行80周年を記念して、各区の「イメージカラー」と「シンボルマーク」が発表された。なお、シンボルマークの使用については各区の許可が必要である。

現市長[編集]

  • 熊谷俊人(くまがい としひと)
    市長鶴岡啓一2009年(平成21年)5月1日に辞職したことに伴う6月14日執行の市長選挙に当選し、翌日就任した[4]。なお、市長不在時の職務代理者は副市長の藤代謙二であった。

歴代千葉市長[編集]

氏名 よみがな 就任年月日 退任年月日
臨時代理 神田清治 かんだ きよはる 1921年1月1日 1921年3月7日
初代 1921年3月7日 1924年8月3日
2代 久保三郎 くぼ さぶろう 1924年8月4日 1928年8月13日
3代 神谷良平 かみや りょうへい 1928年8月14日 1932年7月10日
4代 財部実秀 たからべ さねひで 1932年7月11日 1933年8月8日
5代 加納金助 かのう きんすけ 1933年8月9日 1934年12月21日
6代 永井準一郎 ながい じゅんいちろう 1934年12月22日 1938年12月
7代 1938年12月 1942年12月
8代 1942年12月 1946年4月
9代 加納金助 かのう きんすけ 1946年6月8日 1947年4月
10代 1947年4月 1950年5月19日
11代 宮内三朗 みやうち さぶろう 1950年5月20日 1954年5月17日
12代 1954年5月18日 1958年4月19日
13代 1958年4月20日 1962年4月21日
14代 1962年4月22日 1966年4月21日
15代 1966年4月22日 1970年5月16日
16代 荒木和成 あらき かずなり 1970年5月17日 1974年4月22日
17代 1974年4月23日 1977年7月9日
18代 松井旭 まつい あさひ 1977年7月10日 1981年6月13日
19代 1981年6月14日 1985年6月15日
20代 1985年6月16日 1989年6月17日
21代 1989年6月18日 1993年6月19日
22代 1993年6月20日 1997年6月14日
23代 1997年6月15日 2001年6月30日
24代 鶴岡啓一 つるおか けいいち 2001年7月1日 2005年6月30日
25代 2005年7月1日 2009年5月1日
職務代行 藤代謙二副市長 ふじしろ けんじ 2009年5月1日 2009年6月14日
26代 熊谷俊人 くまがい としひと 2009年6月14日 2013年6月13日
27代 2013年6月14日 2017年6月13日(任期全うの場合)

過去の千葉市長選挙[編集]

2013年5月26日千葉市長選挙 投票率 31.35% 有権者数 754,499人 有効投票数 236,515人
当落 得票数 候補者 党派 市長歴
175,126 熊谷俊人 無所属
30,087 黒須康代 無所属
27,639 今村敏昭 無所属
2009年6月14日千葉市長選挙 投票率43.50% 有権者数 741,913人 有効投票数 322,732人
当落 得票数 候補者 党派 市長歴
170,629 熊谷俊人 無所属
117,560 林孝二郎 無所属
30,933 ゆうき房江 共産党
2005年6月19日千葉市長選挙 投票率37.20% 有権者数 有効投票数
当落 得票数 候補者 年齢 党派 市長歴
96,600 鶴岡啓一 65歳 無所属(自推薦・公支持)
84,933 奥野総一郎 40歳 無所属(民推薦)
47,426 島田行信 64歳 無所属
34,729 結城房江 61歳 無所属(共推薦)

産業[編集]

工業[編集]

臨海部(中央区川崎町、新浜町、蘇我町、美浜区新港を中心とした地域)は千葉港を中心とした京葉工業地域の一角をなし、中央区部分にはJFEスチール東日本製鉄所(旧川崎製鉄千葉製鉄所)、東京電力千葉火力発電所などが所在し、美浜区新港には食品金属加工関連の事業所が多い。また、北部地域(花見川区千種町、稲毛区六方町を中心とした地域)では、鉄鋼加工や機械工業が盛んである。

商業[編集]

第二次大戦前には旧省線千葉駅(のちの旧国鉄千葉駅 (初代))、旧京成千葉駅、県庁を結ぶ現・栄町通りがメインストリートとなっていた。しかし、戦災(千葉空襲)を経て第二次大戦後の都市整備に伴い、両千葉駅が移転したことで新駅周辺に商業集積が移動。特に国鉄千葉駅(二代目。現JR千葉駅)前にはそごう千葉店、ニューナラヤ(現・千葉三越)といった大型小売店が店舗を構えたことから、千葉県最大・関東有数の商業拠点として栄えてきた。

バブル景気の時期には、幕張新都心や、蘇我地区などの臨海部に商業施設が建設され、郊外での大型ショッピングセンターなどが相次いで建設された。これ以来、地域が幕張美浜区)を中心とした西半分と、亥鼻城近辺中央区)を中心とする東半分に大きく二分されており、幕張が優遇される一方で、亥鼻城周辺(中心市街地)が冷遇される傾向が大きい[要出典]

概して、幕張新都心は大企業多国籍企業が多く立地し、中心市街地(JR千葉都市モノレール千葉駅、JR東千葉駅、JR本千葉駅亥鼻城近辺)は古くからの地元商店街的な色彩が目立つ。

また、一部の企業が支店や支社を千葉市に置いて千葉県と茨城県を管轄下に置いているケースも見られ、小さいながらも広義の東関東の拠点都市としての機能がある。

農業[編集]

東京首都圏近郊農業地。若葉区や緑区、花見川区北部には広大な農地が広がる。落花生やニンジンなどの畑作が中心だが、ブドウや梨などの果樹栽培もある。酪農も盛んで、飼養頭数、産出額は県下2位である[5]。また落花生の生産量、作付け面積共に、隣接する八街市についで全国2位である[6]

企業[編集]

千葉市に本社・本店を置く企業[編集]

情報・通信
製造業、卸売・建設業
小売
サービス
食品
金融機関
交通・運輸

姉妹・友好都市[編集]

千葉みなと駅近くの臨港プロムナードに建つ友好都市のモニュメント。2005年1月撮影

姉妹都市[編集]

  • パラグアイの旗 アスンシオン市パラグアイ共和国首都
    1970年(昭和45年)1月1日 姉妹都市を締結。パラグアイ駐在名誉領事より都市提携について熱心な申し出があり、また1968年(昭和43年)8月パラグアイ国大統領の就任式へ千葉県選出の代議士が日本の特派大使としてパラグアイを訪問したことを機会に提携の気運が高まり。千葉市制50年目を記念して姉妹都市を提携。
  • カナダの旗 ノースバンクーバー市カナダブリティッシュコロンビア州
    1970年(昭和45年)1月1日 姉妹都市を締結。元々は、両市のライオンズクラブが姉妹関係を結んでいたが、市民対市民の友好関係を深めるために、両市が姉妹都市を結ぶ必要がある旨の申し出を千葉市のライオンズクラブが千葉市に提出。両市議会が満場一致し、千葉市制50年目を記念して姉妹都市を締結。
  • アメリカ合衆国の旗 ヒューストン市アメリカ合衆国テキサス州
    1972年(昭和47年)10月24日 両市長提携調印に署名。1972年(昭和47年)3月ヒューストン市長が日本貿易振興会の招きで来日。都市形態のよく似ている都市との姉妹都市提携を結びたいという旨から、千葉市との姉妹都市提携の運びとなった。
  • フィリピンの旗 ケソン市フィリピン共和国
    1972年(昭和47年)11月9日 提携調印書に署名。元々は、千葉青年会議所とケソン青年会議所が1964年(昭和39年)に姉妹会議所となり、様々な親交交流を続けてきた事に由来する。千葉青年会議所から、両都市が姉妹関係を結ぶことが望ましい旨の提案から提携の運びとなった。
  • スイスの旗 モントルー市スイス連邦
    1996年(平成8年)5月28日 姉妹友好協定書に調印。1995年(平成7年)6月、議会や市民の代表からなる「新たな姉妹・友好都市提携懇談会」を設置。以後、懇談会及び現地調査を実施し、スイス連邦モントルー市が適当であるとの答申から決定した。

友好都市[編集]

  • 中華人民共和国の旗 天津市中華人民共和国
    1986年(昭和61年)5月7日 友好都市締結調印。日中友好平和条約が締結されて以来、青少年スポーツ団体の交流、国鉄千葉駅と天津駅の友好駅としての交流等が行われてきた。1982年(昭和57年)4月日中友好千葉市訪中団が天津市を訪問。1983年(昭和58年)7月李瑞環天津市長一行が来葉し友好都市提携などについて話し合いが行われた。1986年(昭和61年)5月締結代表団一行が天津市を訪問し、友好都市締結調印の運びとなった。
  • 中華人民共和国の旗 呉江市(中華人民共和国江蘇省
    1996年(平成8年)10月10日友好都市提携協定書に調印。1995年(平成7年)6月「新たな姉妹・友好都市提携懇談会」を設置し、懇談会及び現地調査を実施し、アジアでは中華人民共和国江蘇省呉江市が適当との答申から決定した。

地域[編集]

人口[編集]

Demography12100.svg
千葉市と全国の年齢別人口分布(2005年) 千葉市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 千葉市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
千葉市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 482,293人
1975年 659,356人
1980年 746,430人
1985年 788,930人
1990年 829,455人
1995年 856,878人
2000年 887,164人
2005年 924,319人
2010年 962,130人
総務省統計局 国勢調査より

市街地[編集]

千葉市の市街地は千葉駅から京成千葉中央駅本千葉駅周辺、幕張新都心近辺に位置するが、#商業の節で前述の通り、市街地は東部の千葉駅・県庁近辺と、西部の幕張新都心に大きく二分されている。

千葉駅から千葉中央駅周辺には千葉都市モノレールや企業のオフィスビル銀行などが立ち並び、百貨店そごう千葉店や千葉三越、千葉パルコなどが林立する。また市街地中心部に位置する中央公園は市民の憩いの場として様々なイベントが行われている。JR千葉駅の駅ビルにはペリエが入居する。千葉中央駅の駅ビルにはミーオが、奥の東口には京成ホテルミラマーレが入居する。

県庁周辺には、かつての下総国守護所があった亥鼻城跡を囲むように、千葉県警察本部、千葉市消防局千葉地方検察庁千葉区検察庁千葉地方裁判所千葉家庭裁判所など行政機関が集中する。一方、市街地は地場資本の奈良屋(後に専門店ビル・セントラルプラザ)・田畑(現・千葉パルコ)・扇屋(後にジャスコ傘下入り)といった百貨店が並び、ダイエー丸井十字屋緑屋が進出するなど活況を呈していたが、現在では空洞化が深刻化しダイエー千葉店、セントラルプラザなどが次々に閉店し、その跡地はマンションや駐車場が造られ、また、市街地から少し逸れた中央区栄町地区は、かつては県下一の賑わいを誇っていたが、千葉空襲で焼け野原となったあと、風俗店、キャバレー、小料理屋などが集中する歓楽街と化し、国鉄千葉駅が現在の位置に移転した後は商業拠点としては完全に衰退している。現在の栄町には韓国系商店や風俗店(ソープランド・店舗型ヘルス・ホテルヘルス・風俗案内所・デリヘル)が目立つ地域もあり、日本有数のソープ街コリアンタウンとなっているが、市は地元商店会と共に栄町の再生に取り組み始めている。

千葉駅・県庁周辺

幕張新都心地区には、多くの企業が入居する超高層ビルや中高層マンション。イベントや国際会議などが開かれる幕張メッセや、千葉ロッテマリーンズのホーム球場QVCマリンフィールド。ベイエリアには、人工海浜ヨットハーバーなどが整備されている。

幕張新都心

インフラ整備の状況[編集]

  • 下水道普及率:96.7%(2007年(平成19年)度末)

教育[編集]

学校教育[編集]

大学[編集]

※ 千葉市内に本部を置く大学は太字で表示

国公立

私立

短期大学[編集]

私立

専修学校[編集]

私立32校の専修学校がある。千葉県専修学校一覧#千葉市参照。

高等学校[編集]

県立

市立

私立

小学校・中学校[編集]

千葉市の小学校・中学校の数は、以下の表の通り(千葉市教育委員会事務局、学校教育部学事課より)。

設置者 小学校 中学校
千葉市立 113校(1分校) 56校
国立 1校 1校
千葉県立 - 1校
私立 1校 3校

学校名のリストおよび各学校の記事については、各区記事および千葉県小学校一覧#千葉市千葉県中学校一覧#千葉市を参照。

特別支援学校[編集]

国立

県立

市立

各種学校[編集]

千葉市のナンバースクール[編集]

中学校 1947年(昭和22年)から、以下の中学校はナンバースクールであった。 1952年(昭和27年)の新宿中学校蘇我中学校の開校により、ナンバースクールは廃止された。

※ 四中の椿森中学校は、校舎が定まらず翌1948年(昭和23年)に開校した。

現在では、千葉市にナンバースクールがあったことを知っている人は少なくなったが、緑町中学校の校章が数字の「五」を象っていることや、中学校の名簿の順番が加曽利中学校から始まることなどに名残が残っている。

高等学校 1950年(昭和25年)から1961年(昭和36年)まで、以下の高等学校はナンバースクールであった。

千葉市周辺では、今でも千葉高等学校のことを「いちこう」(一高)と呼ぶ人がいる。

千葉二高時代には、若干ではあるが男子がいて、現在でも千葉女子高等学校出身の老齢の紳士がいるらしい。

学校教育以外の教育訓練施設[編集]

文化施設[編集]

博物館[編集]

科学館[編集]

美術館[編集]

動物公園・植物園[編集]

文化ホール[編集]

コンベンションセンター[編集]

市民活動センター[編集]

スポーツ施設・公園[編集]

千葉市の施設[編集]

千葉県の施設[編集]

その他[編集]

国際機関[編集]

医療機関[編集]

交通[編集]

道路[編集]

高速道路とICなど[編集]

有料道路[編集]

  • 千葉外房有料道路
    • 鎌取IC(千葉方面起・終点)→平山IC→誉田PA(千葉方面のみ)→高田IC→誉田IC(両方向に出・入口)→大木戸IC→大野PA(茂原方面のみ)→板倉IC

国道[編集]

中央区中央・本町の広小路交差点は国道14号の終点と国道51号の起点を兼ねており、戦前から千葉市における国道の結節点であった。

県道[編集]

主要地方道

一般県道

千葉市に残る道路元標位置[編集]
  • 大正八年十一月十四日千葉県告示第二百九十五号/大正九年一月九日千葉県告示第一号
旧町村名 番地先 目標物 状態
千葉町 寒川字北長洲989番ノ1地先 羽衣公園 現存
蘇我町 今井字神明前262番地先 なし 不明
生実浜野村 浜野字東町1130番地先 浜野交差点 現存
検見川町 検見川字東上宿38番地先 なし 不明
幕張町 馬加字南寺口806番地先 なし 不明
椎名村 富岡字平台259番地先 なし 不明
誉田村 野田字上宿291番地先 野田十字路→緑土木事務所へ移設 現存
白井村 野呂字北ノ谷218番地先 白井小学校はす池 現存
更科村 上泉字下表耕地111番地先 消防団器具置場 現存
千城村 大宮字宮ノ谷688番地先 大宮神社 現存
都村 加曽利字田向696番地先 なし 不明
都賀村 作草部字屋舗748番地先 なし 不明
犢橋村 長沼字屋敷24番地先 なし 不明
土気本郷町 土気字馬場1727番地先 なし 不明

鉄道と駅[編集]

中心駅[編集]

千葉駅

JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)[編集]

総武緩行線
幕張本郷駅 - 幕張駅 - 新検見川駅 - 稲毛駅 - 西千葉駅 - 千葉駅
総武快速線
稲毛駅 - 千葉駅
総武本線
千葉駅 - 東千葉駅 - 都賀駅
千葉 - 佐倉間は成田線が直通運転
京葉線
蘇我駅千葉みなと駅稲毛海岸駅検見川浜駅海浜幕張駅
外房線
千葉駅 - 本千葉駅 - 蘇我駅 - 鎌取駅 - 誉田駅 - 土気駅
内房線
蘇我駅 - 浜野駅
千葉 - 蘇我間は外房線に直通運転

Keisei Logo.svg 京成電鉄[編集]

千葉線
京成幕張本郷駅 - 京成幕張駅 - 検見川駅 - 京成稲毛駅 - みどり台駅 - 西登戸駅 - 新千葉駅 - 京成千葉駅 - 千葉中央駅
千原線
千葉中央駅 - 千葉寺駅 - 大森台駅 - 学園前駅 - おゆみ野駅

Chiba Urban Monorail Logo.png 千葉都市モノレール[編集]

1号線
千葉みなと駅 - 市役所前駅 - 千葉駅 - 栄町駅 - 葭川公園駅県庁前駅
2号線
千葉駅 - 千葉公園駅 - 作草部駅 - 天台駅 - 穴川駅 - スポーツセンター駅 - 動物公園駅 - みつわ台駅 - 都賀駅 - 桜木駅 - 小倉台駅 - 千城台北駅 - 千城台駅

バス[編集]

路線バス[編集]

市域の殆どで広義の京成グループの会社の手による路線バスが運行されている。また、公営交通(市営バス)の運行実績はない。
乗車方法は一部の均一路線を除き、基本的に後乗り前降り後払い方式。運賃は整理券を用いた区間制を採っている。
市内に於いて、バス共通回数券は現在発行されていない。ただし、東洋バス・千葉シーサイドバス・九十九里鉄道を除く各社では非接触型ICカードであるPASMOSuicaが利用できる。

以上は、京成グループの事業者である。

スポーツ[編集]

スポーツチーム[編集]

野球
サッカー
バスケ
バレー
陸上競技
プロレス
ボクシング
  • 本多ボクシングジム(千葉市中央区)
  • 稲毛ボクシングジム(千葉市稲毛区)

障害者スポーツ[編集]

車いすバスケットボール日本選手権を3連覇した強豪の千葉ホークスの本拠地であり、また世界的に有名な競技用車椅子メーカーのオーエックスエンジニアリングが千葉市内に本社に持つ。熊谷俊人市長は「車椅子スポーツのメッカを目指す」と発言するなど障害者スポーツに力を入れている。2015年10月には、リオデジャネイロ・パラリンピック出場を競い合う「2015IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ」が千葉市中央区の千葉ポートアリーナで開催される予定である[7]

名所旧跡・観光地・祭事[編集]

概要[編集]

東京湾を望む幕張地区(美浜区)に、全国的に有名なイベントや会議などが開催される複合的コンベンション施設の幕張メッセや、千葉ロッテマリーンズの本拠地千葉マリンスタジアムなどがある。近年では、「花の都・ちば」を都市イメージとして確立すべく事業を展開している。

名所・旧跡[編集]

千葉寺の山門。2005年2月撮影

その他の観光スポット[編集]

祭事[編集]

  • 千葉市花火大会
  • 千葉の親子三代夏祭り
  • 稲毛浅間神社例大祭
  • ベイサイドジャズ千葉

文化財[編集]

番号 種別 名称 所在地 所有者又は管理者 指定年月日 備考
1 史跡 加曽利貝塚 若葉区桜木町141他 千葉市 昭和46年3月22日 縄文時代中期から後期。
日本最大級の馬蹄形貝塚。
2 月ノ木貝塚 中央区仁戸名町289-1他 千葉市・他 昭和53年3月16日、平成14年3月19日 繩文時代中期から後期。馬蹄形貝塚。
3 荒屋敷貝塚 若葉区貝塚町726-1他 千葉市・他 昭和54年3月13日 縄文時代中期前半。馬蹄形貝塚。
4 犢橋貝塚 花見川区さつきが丘1-18 千葉市 昭和56年12月9日 -
番号 種別 名称 所在地 所有者又は管理者 登録年月日 備考
1 建造物 千葉市民ギャラリー・いなげ
(旧神谷伝兵衛稲毛別荘)
稲毛区稲毛1-8-35 千葉市 平成9年5月7日 大正7年竣工。鉄筋コンクリート2階建。
2 千葉トヨペット本社(旧勧業銀行本店) 美浜区稲毛海岸4-5-1 千葉トヨペット株式会社 平成9年7月15日 明治32年6月竣工。昭和40年に現在地に移築。木造2階建。
3 千葉県水道局千葉高架水槽 千葉市中央区矢作町670
(誉田給水場千葉分場内)
千葉県水道局 平成19年7月31日 昭和12年2月竣工。正12角形の配水塔。高さ30m、5階建。
土木学会選奨土木遺産

千葉市を舞台とする作品[編集]

映画[編集]

TVドラマ[編集]

小説・ライトノベル[編集]

主人公である『高坂京介』が千葉市に住んでいる。アニメ版では千葉駅周辺の景観をモデルとした風景も登場する。

漫画・アニメ[編集]

出身有名人・ゆかりのある人物[編集]

政治家・軍人[編集]

経済人[編集]

学術関係者[編集]

芸術家[編集]

漫画家[編集]

文筆家[編集]

芸能[編集]

俳優・舞台・モデル[編集]

アナウンサー[編集]

コメディアン[編集]

音楽[編集]

スポーツ[編集]

千葉ロッテマリーンズ[編集]

  • 佐藤幸彦(球団編成部):花見川区
  • 高瀬智弘(球団職員):稲毛区
  • 立川隆史(1994年 - 2004年在籍):美浜区
  • 寺村友和(1998年 - 2000年在籍):稲毛区
  • 伊与田一範(2002年 - 2003年在籍):花見川区
  • 浅間敬太(2003年 - 2008年在籍):若葉区

ロッテ以外の野球選手[編集]

ジェフユナイテッド市原・千葉[編集]

ジェフ以外のサッカー選手[編集]

相撲・武道・格闘技[編集]

その他のスポーツ[編集]

囲碁・将棋・チェス[編集]

諸分野[編集]

ゆかりのある人物[編集]

生まれは東京であるが、育ちは千葉市である[10]
一時期検見川の寺に下宿していた。

名誉市民[編集]

その他[編集]

市外局番[編集]

もともとの市外局番は「0472」[注釈 1]だったが、政令指定都市昇格4週間後の1992年(平成4年)4月29日から「043」に変更され、市内局番は200番台になった。新規加入は300番台が割り当てられる(ちなみに市外局番「0434」であった佐倉市、四街道市、八街市なども同日に「043」になり、市内局番は400番台になった)[注釈 2]。 ただし、花見川区八千代市に接している一部の地域(柏井町・柏井・横戸町・横戸台など)は買い物等の生活基盤が八千代市であること等を理由に住民の希望(NTTの都合の説もあり)で市外局番が「047」(変更前は0474-8nで単位料金区域も八千代市扱い)となっており、同じ千葉市内でありながら「043」地域から「047」地域に電話をする際(逆も)には市外局番からかけなければならない。

キャラクター[編集]

「花の都・ちば」のシンボルキャラクターとして、ちはなちゃんが使用されている。パンフレットや看板などによく印画されているため、街中でも見る事ができる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 緑区土気地区は、04757
  2. ^ ほかに、若葉区稲毛区各一部が0434を使用していた。

参照[編集]

  1. ^ 千葉市:主要統計指標
  2. ^ 『千葉県の気候・気象(千葉県の自然誌本編3)』103、670頁、千葉県気象月報・区内気象月表原簿(昭和26年2月)
  3. ^ 千葉市:千葉市議会:議員名簿:会派別議員名簿
  4. ^ 山本宏行「千葉市選挙管理委員会告示第17号」『千葉市選挙管理委員会告示第17号』千葉市役所、2009年6月15日。
  5. ^ 千葉市農業の概要
  6. ^ ちば旬鮮図鑑 ちばの落花生 千葉県
  7. ^ 「開催は非常に光栄」 千葉市で来年10月国際大会 車椅子バスケ 調印式、知事ら出席
  8. ^ 平胤満、コトバンク、2015年8月7日閲覧。
  9. ^ 神戸長吉コトバンク、2015年8月7日閲覧。
  10. ^ 木村拓哉TOWER RECORDS ONLINE

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]