ヴァンダリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カラースプレーで落書きされた屋外展示ケース、ドイツミュンスターの鉄道展示館にて
破損したオランダロッテルダムのバス停

ヴァンダリズム: vandalism)とは、彫刻・絵画などの芸術品や建築物をはじめ、美しいものや尊ぶべきとされているものを、破壊もしくは汚染する行為のこと[1]。美しい外観や景観を損なう行為(景観破壊)、見苦しい建造物を建てる行為、さらには落書きを含む。通常、器物損壊迷惑行為として刑法典による処罰の対象となる。ただし、弱い立場の人々による政治的な抗議や異議申し立て、社会風刺の手段としても用いられ、英国の芸術家バンクシーのようにヴァンダリズムが芸術として珍重される例もある。

語源[編集]

西ローマ帝国を侵略し、ローマ市を略奪したゲルマン系のヴァンダル族にちなんで名づけられた。北アフリカに侵入してヴァンダル王国を築いたヴァンダル族は、455年ガイセリック王に率いられてイタリアに上陸、ローマを破壊した。

ルネサンスから啓蒙主義の時代にかけてローマは理想化されたが、そのローマを破壊したヴァンダル族やゴート族は文明に対する破壊者として負のイメージを持たされるようになった。英国の詩人ジョン・ドライデン1694年にヴァンダルやゴートによる破壊を描いた『Till Goths, and Vandals, a rude Northern race, Did all the matchless Monuments deface』を書いている。

「ヴァンダリズム」という語は、1794年に、ブロワの司祭アンリ・グレゴワール(Henri Grégoire)が初めて使用した。フランス革命に続く恐怖政治の時代に多数の宗教芸術や建築物が破壊されたが、これをグレゴワールはヴァンダル族の野蛮な破壊になぞらえて「ヴァンダリズム」と呼び、芸術や建築の保護を訴えた。この用語はヨーロッパに広がった一方で、ヴァンダル族が破壊を好む野蛮な集団であるという偏見を助長することになった。

歴史遺産破壊運動[編集]

廃仏毀釈によって破壊された石仏

歴史上のヴァンダリズムで代表的な例が、城郭神殿などの歴史遺産を破壊する運動である。この種のヴァンダリズムとしては、明治政府による神仏分離令を発端とした廃仏毀釈紅衛兵文化大革命による宗教施設の破壊運動、ターリバーンによるバーミヤン石仏の爆破、ISIL(イスラミック・ステート)によるパルミラの破壊が代表的である。イスラエルではユダヤ教徒・またはナショナリストユダヤ人過激派による教会や(元)モスクに対するヴァンダリズムが近年増加している[2]

落書き[編集]

落書きされたドイツベルリンの鉄道車輌

最も頻繁に発生するヴァンダリズムは、記念碑建築物の壁、鉄道車両などにペンキをかけたり落書きを行う行為である。公園施設を破壊する行為も少なくない。

ヴァンダリズムは深刻な社会問題となっている。落書き破壊行為の標的となるのは公共物(自動車道の橋脚やフェンス、堤防)、空き家、廃店舗、廃施設の壁やシャッターなどで、こういった落書きの蔓延は自治体、地域の風紀治安の乱れを象徴するものと見なされることが多く、美化のために落書きの消磨に税金を投入することもある。

2008年6月、大阪ミナミのアメリカ村などで(2007年ごろ)落書きをして回っていた男性に有罪判決が下った。また、同じ月にオーストラリアのMaster of Crimeという集団がヴァンダリズムを目的として日本入国を図ったところを、東京入国管理局が阻止する事態があった。

2008年9月 - 10月に日本全国で電車に落書きをして回っていたスロバキア美術家ハンガリーの大学生は器物破損容疑で送検された。被害にあった東急電鉄損害賠償請求の検討を始めている(2008年11月現在において)[3]

廃棄[編集]

1956年に完成し旧東京都庁舎に壁画として設置され、「国際建築絵画大賞」を受賞した岡本太郎作の陶板レリーフが、新都庁舎移転に伴い都側の管理からの状態が悪かったことを理由に取り壊すことになり、保存を申し出た美術評論家がいたにもかかわらず取り外しと移転のための期間が建築スケジュールや費用と合わないことを理由に、レプリカの作成を依頼した上で1991年に廃棄された[4][5]

2018年東京大学本郷キャンパス中央食堂に設置されていた宇佐美圭司の壁画が、新中央食堂新設にあたって東京大学消費生活協同組合によって廃棄処分されていたことが明らかになっている[6]

国際的批判[編集]

2017年第41回世界遺産委員会において、古都京都の文化財で(実際には古都奈良の文化財においても)発生している寺社連続油被害事件をヴァンダリズムであるとして批判し、監視体制強化を求めた[7]

脚注[編集]

関連項目[編集]