世界人口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国別の世界人口

世界人口(せかいじんこう)とは、世界において生存しているの数。なお、現在の世界人口の約半分が各国政府の研究者が推算しているので資料を閲覧する際には注意を払う必要がある。

国連の2011年版「世界人口白書」によると、2011年10月31日に世界人口が70億人に到達したと推計されている[1]。また、アメリカ国勢調査局の推計では70億人の到達が2012年3月12日頃とされている[2][3][4]

世界人口の10億人マイルストーン (USCB推定)
人口 (10億人) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
達成年 1804 1927 1960 1974 1987 1999 2011 2024 2042
要した年数 123 33 14 13 12 12 13 18

歴史[編集]

世界人口 1800-2100年(国連 (2004) 及びアメリカ国勢調査局の評価・推計に基づく)
  推定値
  統計値
  国連の推計値(高位)
  国連の推計値(中位)
  国連の推計値(低位)

18世紀産業革命以降に世界人口の増加ペースが早くなってきた。そして、20世紀に人類は人口爆発と呼ばれる人類史上最大の人口増加を経験した。国連の推定では19世紀末の1900年におよそ16億人だった世界人口は20世紀半ばの1950年におよそ25億人となり、20世紀末の1998年にはおよそ60億人にまで急増、特に第二次世界大戦後の増加が著しい。現在の人口は過去6000年間に存在した全ての人口のおおよそ5分の1にあたる。

以下は国連などにおける大凡の人口推定および推計値である。世界人口が50億人に到達したと推計される1987年7月11日を記念して、国連人口基金ではこの日を「世界人口デー」と1989年に制定している。

  • 2019年 77億人[5]
  • 2011年 70億人
  • 1998年 60億人[注 1]
  • 1987年 50億人
  • 1974年 40億人
  • 1961年 30億人
  • 1927年 20億人
  • 1802年 10億人[注 2]

世界人口の予測は非常に困難であり出生率の変化などによって変動も大きいため、国連の予測も断続的に修正されてきている。国連は2年おきに最新の推計値である「世界人口展望」 (World Population Prospects) を発表しており、その2010年改訂版[6]では、21世紀半ばの2050年までに90億人を突破、その後は増加のペースが鈍化していくものの21世紀末までに100億人を突破するだろう(中位値)と予測している[7][8][注 3]。さらに、2013年に国連が発表した「世界人口展望」(2012年改訂版)では前回の予測値より増加傾向にあり、中位値として2025年に約81億人、2050年に約96億人、2100年には約109億人に達するとの予測がされている[8][9][10]

一方で、世界人口は80億人で頭打ちになるという予測も存在する[11]。また、米ワシントン大学の保健指標評価研究所が2020年7月に発表した研究(英医学誌『ランセット』掲載)によると、世界での平均出生率の低下(2017年時点で2.4あるが、2100年までに1.7以下になると予測)により世界人口は2064年頃に約97億人でピークに達した後、21世紀末までに約88億に減少すると予測している。加えて日本イタリアスペイン韓国など計23カ国では、同世紀末の人口が2017年時点との比較で半数以下になると予測されている[12]

大陸別の人口[編集]

大陸別の人口 (2016年推定)
大陸 人口密度
(人/km2)
人口
(百万人)
最も多い国 最も多い都市圏
アジア 96.4 4,436 1,382,300,000[注 4]  – 中華人民共和国の旗 中国 35,676,000/13,634,685  – 日本の旗 東京首都圏
アフリカ 36.7 1,216 0186,987,000  – ナイジェリアの旗 ナイジェリア 20,500,000  – エジプトの旗 カイロ [13]
ヨーロッパ 72.9 738 0145,939,000  – ロシアの旗 ロシア 16,855,000/12,506,468  – ロシアの旗 モスクワ都市圏[14]
北米[注 5] 22.9 579 0324,991,600  – アメリカ合衆国の旗 アメリカ 23,723,696/8,537,673  – アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク都市圏
南米 22.8 422 0209,567,000  – ブラジルの旗 ブラジル 27,640,577/11,316,149  – ブラジルの旗 サンパウロ都市圏
オセアニア 4.5 39.9 0024,458,800  – オーストラリアの旗 オーストラリア 5,005,400  – オーストラリアの旗 シドニー
南極 0.0003
(様々である)
夏季は0.004
(定常ではなく様々)[15]
N/A[注 6] 1,200 (定常ではなく様々)  – マクマード基地

世界人口推定・予測値[編集]

過去の人口を含め、世界の総人口を推定することは非常に困難であり、研究者によって数値もばらばらである。ここでは複数の研究者によってまとめられた推定値を列挙する。予測人口は中央値のみを示す。

西暦 USCB

(2008)[16]

PRB

(2007)[17]

UNDESA

(2006)[18]

HYDE

(2006)[19]

Maddison

(2003)[20]

Biraben

(1980)[21]

McEvedy &

Jones (1978)[22]

Thomlinson

(1975)[23]

Durand

(1974)[24]

Clark

(1967)[25]

−10000 4,000,000 1,000,000–
10,000,000
−8000 5,000,000 5,000,000–
10,000,000
−5000 5,000,000 5,000,000–
20,000,000
−4000 7,000,000
−3000 14,000,000
−2000 27,000,000
−1000 50,000,000
−500 100,000,000
−400 162,000,000
−200 231,000,000 150,000,000
1 300,000,000 300,000,000 230,820,000 255,000,000 170,000,000 200,000,000 270,000,000–
330,000,000
14 256,000,000
200 256,000,000 190,000,000
350 254,000,000
400 206,000,000 190,000,000
500 206,000,000 190,000,000
600 206,000,000 200,000,000 237,000,000
700 207,000,000 210,000,000
800 224,000,000 220,000,000 261,000,000
900 226,000,000 240,000,000
1000 310,000,000 268,273,000 254,000,000 265,000,000 275,000,000–
345,000,000
280,000,000
1100 301,000,000 320,000,000
1200 450,000,000 400,000,000 360,000,000 384,000,000
1250 400,000,000 416,000,000 350,000,000–
450,000,000
1300 432,000,000 360,000,000 400,000,000
1340 443,000,000 378,000,000
1400 374,000,000 350,000,000
1500 500,000,000 437,818,000 460,000,000 425,000,000 440,000,000–
540,000,000
427,000,000
1600 555,828,000 579,000,000 545,000,000 498,000,000
1650 500,000,000 545,000,000 500,000,000 516,000,000
1700 640,035,774 603,410,000 679,000,000 610,000,000 600,000,000 641,000,000
1710 662,378,306
1720 679,615,896
1730 689,283,580
1740 769,991,547
1750 795,000,000 791,000,000 824,276,110 770,000,000 720,000,000 700,000,000 735,000,000–
805,000,000
731,000,000
1760 846,137,329
1770 864,445,832
1780 949,409,344
1790 982,617,842
1800 978,000,000 980,851,296 954,000,000 900,000,000 900,000,000 890,000,000
1810 1,045,073,963
1820 1,069,841,690 1,041,092,000
1830 1,138,392,564
1840 1,192,729,394
1850 1,265,000,000 1,262,000,000 1,244,327,949 1,241,000,000 1,200,000,000 1,200,000,000
1860 1,270,044,073
1870 1,309,430,136 1,270,014,000
1875 1,325,000,000
1880 1,397,685,022
1890 1,516,025,314
1900 1,656,000,000 1,650,000,000 1,633,848,213 1,563,622,000 1,633,000,000 1,625,000,000 1,600,000,000 1,650,000,000–
1,710,000,000
1,668,000,000
1910 1,750,000,000 1,753,594,443
1913 1,791,091,000
1920 1,860,000,000 1,888,034,127 1,968,000,000
1925 2,000,000,000
1930 2,070,000,000 2,073,363,421 2,145,000,000
1940 2,300,000,000 2,299,541,939 2,340,000,000
1950 2,555,948,654 2,516,000,000 2,535,093,000 2,528,313,293 2,524,324,000 2,527,000,000 2,500,000,000 2,400,000,000 2,499,000,000
1955 2,780,907,497 2,770,753,000 2,767,727,535 2,766,471,000
1960 3,041,593,413 3,031,931,000 3,035,624,545 3,038,795,000
1962 3,138,805,626 3,155,862,958 3,132,691,000 3,036,000,000
1965 3,349,157,095 3,342,771,000 3,351,348,699 3,328,882,000
1966 3,419,597,944 3,420,389,193 3,397,631,000 3,288,000,000
1970 3,711,800,786 3,698,676,000 3,696,590,163 3,685,058,000 3,637,000,000 3,600,000,000 3,600,000,000–
3,700,000,000
1973 3,941,725,131 3,923,325,629 3,916,489,000
1975 4,089,026,773 4,076,080,000 4,073,741,819 4,065,408,000 3,900,000,000 4,000,000,000
1980 4,452,766,336 4,451,470,000 4,442,296,596 4,435,598,000
1985 4,852,574,467 4,855,264,000 4,843,949,085 4,830,813,000
1990 5,282,371,928 5,294,879,000 5,279,521,283 5,259,502,000
1995 5,690,982,026 5,760,000,000 5,719,045,000 5,692,354,537 5,677,287,000
1998 5,929,679,583 5,930,407,103 5,914,930,000
1999 6,007,529,585 6,008,326,071 5,997,967,000
2000 6,084,907,596 6,124,123,000 6,085,574,386 6,071,144,000 5,750,000,000
2001 6,162,280,576 6,162,166,391 6,149,006,000
2002 6,238,819,839 6,215,000,000 6,238,183,321
2005 6,470,340,436 6,477,000,000 6,514,751,000 6,464,751,609
2006 6,548,696,975 6,555,000,000 6,540,285,038
2007 6,627,548,985 6,625,000,000 6,615,854,053
2008 6,706,992,932 6,691,483,957
2010 6,866,880,431 6,906,558,000 6,842,925,208
2015 7,269,526,256 7,295,135,000 7,219,433,211
2020 7,659,291,953 7,667,090,000 7,577,890,552
2025 8,027,490,191 7,965,000,000 8,010,509,000 7,905,241,284
2030 8,373,133,979 8,317,707,000 8,199,106,302
2035 8,698,603,189 8,587,050,000
2040 9,003,222,779 8,823,546,000
2045 9,284,422,911 9,025,982,000
2050 9,538,988,263 9,294,000,000 9,191,287,000

より詳しい地域別の人口変遷に関しては、「歴史上の推定地域人口」の項を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は国連人口部の統計により1999年10月12日に世界人口が60億人に到達したと発表されていたが、その後の改訂で1998年に到達と修正された(国連人口基金東京事務局:世界人口推移グラフ)。
  2. ^ 10億人の到達推定が1807年頃とされる場合もある。
  3. ^ 一部の研究機関では、人口が100億人を突破する前に遺伝子の関係などによって減少に転じると予測するところもある。
  4. ^ Excluding its Special Administrative Regions (SARs) of Hong Kong and Macau.
  5. ^ Including Central America and the Caribbean.
  6. ^ The Antarctic Treaty System limits the nature of national claims in Antarctica. Of the territorial claims in Antarctica, the Ross Dependency has the largest population.

出典[編集]

  1. ^ World Population Prospects, the 2008 Revision – Frequently Asked Questions”. Population Division of the Department of Economic and Social Affairs of the United Nations Secretariat (2010年11月10日). 2015年3月26日閲覧。
  2. ^ International Data Base : World Population Summary(U.S. Census Bureau)
  3. ^ “世界の人口70億人、こんなに増えて大丈夫か”. 47NEWS. (2011年10月27日). http://www.47news.jp/47topics/premium/e/221830.php 2012年1月5日閲覧。 
  4. ^ “世界人口70億人突破、なぜこの日に?”. ナショナルジオグラフィック日本語版. (2011年10月31日). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/5123/ 2016年6月12日閲覧。 
  5. ^ 世界の統計2020、UN, World Population Prospects : The 2019 Revision(総務省統計局 2020年3月、2020年6月2日閲覧
  6. ^ World Population Prospects, the 2010 Revision
  7. ^ 世界の人口、世紀末までに100億人突破へ 国連予想CNN 2011年5月4日
  8. ^ a b 図録▽世界と主要国の将来人口推計(社会実情データ図録)
  9. ^ 世界人口、2100年に109億人…国連予測(読売新聞 2013年6月14日)
  10. ^ 国連が世界人口予測を発表、2100年の予測値は「109億人」(スラッシュドット・ジャパン(サイエンス) 2013年6月17日)
  11. ^ ランダース教授 「世界の人口、80億人で頭打ち」(日経新聞 2013年6月12日)
  12. ^ 世界の出生率、驚異的な低下 23カ国で今世紀末までに人口半減=米大学予測(BBCニュース 2020年7月15日、2020年7月16日閲覧
  13. ^ Archived copy”. 2020年3月18日閲覧。
  14. ^ Largest Cities in Europe”. 2018年6月15日閲覧。
  15. ^ Antarctica”. CIA World Factbook (2014年6月19日). 2015年3月18日閲覧。
  16. ^ アメリカ合衆国統計局(U.S. Census Bureau)による年央推定・予測人口。2008年6月18日更新
  17. ^ Population Reference Bureauによる年央推定・予測人口。
    (a) Haub, Carl, 2007, "2007 World Population Data Sheet.": 2007年年央推定・予測人口。
    (b) Carl Haub, 2006, "2006 World Population Data Sheet.": 2006年年央推定人口。
    (c) Carl Haub, 2005, "2005 World Population Data Sheet.": 2005年年央推定人口。
    (d) Carl Haub, 2002, "How Many People Have Ever Lived on Earth?" Population Today, Vol. 30 (no. 8), pp. 3–4.: 2002年年央推定値。
    (e) Carl Haub, 1995, "How Many People Have Ever Lived on Earth?" Population Today, Vol. 23 (no. 2), pp. 5–6.: 1995年以前の年央推定人口。
  18. ^ 国連経済社会局(United Nations Department of Economic and Social Affairs)による年央推定・予測人口。
    (a) World Population Prospects: The 2006 Revision.: 1950年から2050年までの年央推定・予測人口。
    (b) "The World at Six Billion," 1999.: 1950年より前の年央推定人口。
  19. ^ History Database of the Global Environmentによる年央推定・予測人口。K. Klein Goldewijk and G. van Drecht, "HYDE 3.0: Current and historical population and land cover," in Eds. A. F. Bouwman, T. Kram, and K. Klein Goldewijk, "Integrated modelling of global environmental change. An overview of IMAGE 2.4," Netherlands Environmental Assessment Agency (MNP), Bilthoven, The Netherlands.
  20. ^ Angus Maddison, 2003, "World Economy: Historical Statistics", Vol. 2, OECD, Paris, ISBN 9-2641-0412-7.
  21. ^ (a) Jean-Noël Biraben, 1980, "An Essay Concerning Mankind's Evolution", Population, Selected Papers, Vol. 4, pp. 1–13. 次の論文を英訳したものだが、データが一部改訂されている。
    (b) Jean-Noël Biraben, 1979, "Essai sur l'évolution du nombre des hommes", Population, Vol. 34 (no. 1), pp. 13–25.
  22. ^ Colin McEvedy and Richard Jones, 1978, "Atlas of World Population History," Facts on File, New York, ISBN 0-7139-1031-3.
  23. ^ Ralph Thomlinson, 1975, "Demographic Problems: Controversy over population control," 2nd Ed., Dickenson Publishing Company, Ecino, CA, ISBN 0-8221-0166-1.
  24. ^ John D. Durand, 1974, "Historical Estimates of World Population: An Evaluation," University of Pennsylvania, Population Center, Analytical and Technical Reports, Number 10.
  25. ^ Colin Clark, 1967, "Population Growth and Land Use," St. Martin's Press, New York, ISBN 0-333-01126-0.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]