建築学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

建築学(けんちくがく)とは、建築物の設計歴史などについて研究する学問である。構造材料などの工学的な側面と、デザインや建築史について研究する芸術的・文化的な側面を持つ。

かつての建築家があらゆる課題を各自解決する必要があったように、建築学は総合的学問であったが、建築と一口に言ってもその応用範囲は、広大かつ多岐にわたる。構造的側面、芸術的側面はもとより、都市計画などにおいては、人間社会におけるライフスタイル、ひいては、精神的分野にまで踏み込んだ形で計画され実施される。すなわち、構造分野においては、数理的解釈を必要とする理科学的知識を必要とし、芸術分野においては、精神論的解釈が求められる。またその両者を高い次元において両立させるための総合力が不可欠である。

そのためいわゆる建築学といわれる分野の知識以外にも、機械工学、電子工学、土木工学精神論社会学法学経済学語学環境学エコロジー分野など、多岐にわたる知識を広く浅く知る必要がある、特殊な学問である。その学問的性質上、現代では完全な分業化が進んでおり、それぞれの分野に特化している。

構造系[編集]

建築構造学[編集]

他の国では建築学科は工学部に属さないことが大半なので、工学部系の建築関連学部学科で取り扱うことがほとんどであるが、日本の大学では工学部に属する建築学科で学習、研究がなされている。

おもに、鉄筋コンクリート構造鉄骨構造木構造などの構造、および構造力学や建築物の物理的な地震災害などについてを研究する。

建築材料学[編集]

倒壊、消耗、破損などを防ぐべく、建築に用いられる材質について研究する。また、日本では古来より、木造建築物による火災被害が深刻視され木造建築物が密集した地域が数多く存在していた事により、火災が一度発生すると被害が拡大し、経済的に多大な損失を与えていた為、戦後は主に不燃性、難燃性素材開発を目的とした研究が重要視されてきた。

近年に至り、不燃性、難燃性素材の開発がほぼ完成形を見せる一方、現在では主に地震に対する耐震、免震素材への興味が高まりつつある。

計画系[編集]

建築計画学[編集]

建築計画学は、 ジャンルごとの建築に求められる機能を探求し、必要な設備、合理的な配置、動線、規模、構造工法の選択、室内最小寸法、備品の数などについて研究する。(平面計画)

建築設備学[編集]

建築設備学という学問領域はなく、建築衛生建築環境工学建築音響工学の実学的側面を指す俗称あるいは大学でのカリキュラムのジャンルを示すに過ぎない。建築物に用いる設備、すなわち機械設備と電気設備を研究すると狭義に解釈されているが、本来建築環境学として、建築に関わる採光換気排煙暖房冷房空気調和工学のほか建物の断熱性能、音響性能などさまざまな事象を数理的に探究する領域である。

建築意匠学[編集]

デザインについて研究する造形論をはじめ、建築のあり方や理想像を考究する建築論(建築哲学)、建築家研究を行う作家論、設計手法の理論的研究を行う設計論、図法や図面の描き方を研究する図学などの専門領域に分かれる。なお、広義では、実践的技術としての建築設計を含む。

都市計画学[編集]

まちづくりグランドデザイン、都市建築法規、動線計画、交通工学衛生工学などを総合的に取りまとめる分野。建築設備学同様、都市計画学という学問領域はなく、やはり都市計画の実学的側面を指す俗称あるいは大学でのカリキュラムのジャンルを示すに過ぎないが、他分野にまたがって都市計画学者が存在する。日本では都市計画学者が集い日本都市計画学会が組織されている。

建築史学[編集]

古代以来の各時代や社会と建築の関係、工法の発達などを研究する。造形も学ぶため建築意匠とも関連する分野となる。

不動産科学[編集]

その他[編集]

建築教育研究、建築経済学、建築生産学、住宅、文化財修復などの分野や、防災(避難経路の選定、研究)、海洋学農村分野、近年では環境工学(計画原論)や情報システム工学の面からも研究が行われている。

関連分野[編集]

名称の変更[編集]

"Architecture"の訳語としての「建築」という言葉は明治維新に近い幕末の1862(文久2)年に蕃書調書の堀達之助が編纂した「英和対訳袖珍辞書」の中で"Architect"に「建築術ノ斈者」、"Architecture"を「建築斈」に当てられた。札幌の開拓使は“建築”を採用している。一方、明治時代の当初、工部省などで"Architecture"は「造家」としていた。これは上記辞書を刊行した2年後の1864(元治元)年に村上英俊が編纂した「儒語明要」で"Architecture"は「造家」と訳していた。ほぼ同時期にArchitectureを意味する2つの造語が誕生していた。

伊東忠太は、造家学では工学的意味合いが強いため、建築と改めることを提唱する。造家学会、造家学科は建築学会、建築学科などと改められたが、佐野利器らの出現によってまた関東大震災などの影響下で工学的傾向自体は変わらなかった。

教育機関[編集]

関連項目[編集]