計画都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パルティザンスケ スロバキア– 製靴工場と一緒に1938年に設立された典型的な計画された工業都市の例で、実質的に工場街に暮らすすべての住民が従業員に採用された。
ISSから夜のブラジリア
フレデリシアの計画 (デンマーク) 1900年。1650年に設立
世界最大の計画都市であるインドナビムンバイ

計画都市(けいかくとし、planned community、planned city)とは、都市計画に基づいて非都市化地域などに人工的に建設された都市を指す。計画都市は、無計画な形で発展してきた集落との対比に位置づけられ、その形成過程上、土地利用紛争Land-use conflict)が起こりにくい。世界最大の計画都市はムンバイ近郊のナビムンバイである[1]

概要[編集]

ニュータウン」という用語自体は、イギリスにおけるニュータウン運動new towns movement)による計画都市を指している。これは既成市街地が、戦争とそれに伴う大火などによって一掃されたために、家屋配置(どこが誰の土地や住居であるか)が明確に判明していた市街の再建であった。

ニューオリンズの作製プラン 1728年

計画都市は通常の都市と違い、綿密な都市計画が作成されたのちに建設されるため、以下のような特徴がある。

  • 通常の都市と比べ、短時間で建設される。
  • 計画段階において都市のテーマと呼べるものが定められ、それに基づいて様々な形式や制限が設けられる(例としては、放射状碁盤の目にはしる道路、建築物の高さ制限など)。
  • 通常は非都市化領域に政治的判断によって構築されるため、その国の宗教軍事といった面が反映される。
ラプラタの上からの眺め、19世紀後半の計画都市

歴史[編集]

古代都市では、幹線道路に厳密なパターンを持たせる都市計画がなされている傾向が多い。特に直交街路グリッドは、スピロコストフの16世紀スペインの植民都市や、古代ギリシャ都市、古代中国やインド、そして日本のように数多く確認されている。ワシントンD.C.のように現代でも建設されることがある。また、ローマ帝国時代に造られた典型的な計画都市では、バロック様式の幾何学的な道路のレイアウトななめ通りなどが今なお残っている。

時代によって都市に求められる能力は変化し、計画都市はその影響をより直接的に受けている。そのため中世期につくられた計画都市が現代においてはその能力を十分に発揮できなかったり、発展を阻害していたりする場合がある。

計画都市の首都[編集]

計画都市の能力は、より大規模である程発揮されるため、一国の首都として建設される場合がある。以下は初めから首都として計画都市が建設された例である。

マレーシアの連邦行政機能の中心となっているプトラジャヤも計画都市である。

詳細は首都として建設された計画都市の一覧を参照。

なお、下記のプロジェクトは成立しなかった。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Appraisal of City Development Plan - Navi Mumbai. National Institute of Urban Affairs, 2008.