交通計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンフランシスコの道路計画(1948年)

交通計画(こうつうけいかく、Transportation planning)とは交通工学に基づき交通の在り方について計画する学問である。交通バリアフリー法を受けての高齢化社会への対応・環境負荷の軽減などの新たな課題への対応も対象とされている。

交通の需要予測[編集]

手法は大きく集計型と非集計型の2つに分類される。

集計型でもっとも一般的な予測手法は、四段階推定法である。四段階推定法では、発生集中交通量の予測、 分布交通量の予測 、分担交通量の予測、配分交通量の予測を行う。

非集計型でもっとも一般的な予測手法は、非集計行動モデルである。

需要予測の基になるデータ集計[編集]

都市交通[編集]

参考文献[編集]

関連[編集]

外部リンク[編集]