スマートシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Clean mobility instead of dirty traffic.jpg

スマートシティは、2020年代に日本で導入が検討されている都市計画。国の「第5期科学技術基本計画」で示された社会像「Society5.0」の一環として企画立案され[1]、「ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)の高度化により、都市や地域の抱える諸課題の解決を行い、また新たな価値を創出し続ける、持続可能な都市や地域」と内閣府で定義されている[2]。すなわち、新技術を活かして住みやすい都市をつくることである。

解説[編集]

スマートシティは特に、

  1. 再生可能エネルギーの供給を安定させるために情報通信技術によって電力の質を管理する(エネルギーの枯渇防止)
  2. 二酸化炭素排出量を減らし気候変動を抑制する(地球温暖化抑制)
  3. 都市の再編を行うことで地域活性化再生可能エネルギーの導入、都市空間の整備による減災(少子高齢化対策)

の3つの課題解決につながる[3]

一方で、実際に導入するには住民との連携が必要なため、企業の実験段階で止まっていることがほとんどである[4]

検討・計画中の主な自治体[編集]

出典は国土交通省報道発表資料(2020年7月31日)[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ Society 5.0とは”. 内閣府. 2021年6月20日閲覧。
  2. ^ スマートシティ”. 内閣府. 2021年6月20日閲覧。
  3. ^ 白井信雄、2012年[要ページ番号]
  4. ^ 石田東生・柏木孝夫、2019年、[要ページ番号]
  5. ^ 令和2年度 先行モデルプロジェクト(7事業) (PDF)
  6. ^ 令和2年度 重点事業化促進プロジェクト(5事業) (PDF)

参考文献[編集]

  • 石田東生・柏木孝夫(監修) 『スマートシティSociety5.0の社会実装』 時評社、2019年。 
  • 白井信雄 『図解 スマートシティ・環境未来都市 早わかり』 中経出版、2012年。 

関連項目[編集]