ガバナンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガバナンスとは、統治のあらゆるプロセスをいう。政府企業などの組織のほか、領土ITシステム権力などにも用いられる広い概念である[1]。ガバナンスにおいては、関係者がその相互作用意思決定により、社会規範や制度を形成し、強化し、あるいは再構成していく[2]。 その起源は、ギリシャ語にあり、同根であるガバメントすなわち政府と比較すると、公的な組織ではなく、関係者の相互作用を意味する点が異なる。
近年では、企業統治のうえで不祥事の予防・対策との関係で問題とされる事例が増えており、この場合はコーポレート・ガバナンスと呼ばれる。

脚注[編集]

関連項目[編集]