ランドスケープコンサルタント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ランドスケープコンサルタント: landscape consultant)は、造園コンサルタントのうち、公園緑地など造園分野の創作物の調査計画から設計景観形成などや環境デザインの中でランドスケープデザインランドスケープ・プランニングなどのランドスケープアーキテクチャーに関する業務等、また各種土地開発・地域計画から地域開発リゾート開発観光地計画などで具体な空間のすがたを示す業務等を主たる生業としている建設コンサルタント環境コンサルタント

主要団体としては、一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会がある。この団体に参加しているコンサルタント法人、また、一定の要件を満たしたランドスケープコンサルタントを公共事業に参画させるため、国土交通省建設コンサルタント登録では「造園部門」が設けられ、この登録をしているコンサルタントを指す場合が実際は多い。但し、これらの協会員および登録企業の中には日建設計三菱地所設計のような組織系建築設計事務所サンコーコンサルタント株式会社、荒谷建設コンサルタントや株式会社ウエスコのような土木建設事業を主たる業務とする総合建設コンサルタント、さらには株式会社URリンケージなど再開発をおもな業務としているものが1部課として設置しているものも多く、株式会社日本総合計画研究所や株式会社都市計画研究所など、また株式会社国土開発センター、栃木県用地補償コンサルタント、株式会社飯沼コンサルタントなどのような都市計画コンサルタント都市設計も行う株式会社アーバンデザインコンサルタント、株式会社環境デザイン研究所など建築設計事務所の兼業、または一級建築士事務所登録をしているコンサルタント、株式会社環境美術研究所などのファニチャーや彫刻のよる環境美化スタイルの事業者などもある。

建設コンサルタント登録に際しては、責任者(ランドスケープ・プロジェクトマネージャー)は技術士建設部門都市及び地方計画、建設環境など)を有する。その他ランドスケープコンサルタント従事者で技術士の資格は、技術士農業部門技術士環境部門を有しているものもいる。

なお、これらの有無に関わらず、「ランドスケープコンサルタント」を名乗っての営業活動等は個人法人に関わらず自由に行うことができる。このため、ランドスケープコンサルタントの事業所としての規模は個人事業のもの、小規模なものでの設計事務所が大半を占め、その主宰者はランドスケープアーキテクトやデザイナーを名のる事が多くある。また個人や小規模な事業者は小規模なビオトープなど生態環境を生み出すまたは維持する場所づくりや、各種緑化、室内緑化も含め屋内外の場所・空間デザインを広く業務受託するもの、彫刻制作や庭の作庭、ガーデンデザイナーエクステリアデザイナー環境芸術作家として活動しているものが多い。

おもなランドスケープコンサルタント[編集]

参考文献[編集]

  • Landscape増刊・次世代のランドスケープアーキテクトPart1、Part2 マルモ出版 
  • SD・1996年6月号 鹿島出版会
  • ランドスケープアーキテクト100の仕事 美しい国づくりRLA展記念出版編集委員会編集 東京農業大学出版会 2007年 ISBN 978-4886941152
  • ランドスケープのしごと―人と自然があやなす風景づくりの現場  ランドスケープのしごと刊行委員会編集, 日本造園学会 彰国社 2003年 ISBN 978-4395006403
  • はじめてのランドスケープデザイン 八木 健一 学芸出版社 2002年 ISBN 978-4761511777
  • 造園がわかる本 彰国社 2006年 ISBN 978-4395100330
  • ランドスケープデザイン 吉村元男 鹿島出版会 
  • ランドスケープデザイン-設景の世界- 小林治人 理工図書 
  • ランドスケープデザインの視座 宮城俊作 学芸出版社 2000年
  • ランドスケープ・デザイン 佐々木葉二他、昭和堂 1996年

関連項目[編集]