リチャード・ブラントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リチャード・ブラントン
樫野埼灯台、ブラントンの日本での初設計

リチャード・ヘンリー・ブラントンRichard Henry Brunton, 1841年12月26日 - 1901年4月24日)は、イギリス工兵技監にして建築家スコットランド人

明治時代に来日したお雇い外国人のひとり。数多くの灯台設置を手がけ、技師として勤務していた7年6ヶ月の間に灯台26(下記の一覧参照)、灯竿5(根室、石巻、青森、横浜西波止場2)、灯船2(横浜港函館港)などを設計した。このため「日本の灯台の」と讃えられている。

生涯[編集]

1841年12月、英国海軍の艦長の息子としてスコットランドアバディーンシャー州キンカーデン郡に誕生。鉄道会社の土木首席助手として鉄道工事に関わっていたところ、英政府から技師スティーブンソン兄弟を介し、日本の明治政府に派遣する灯台技師に採用された。1868年(明治元年)2月24日に明治政府から採用。お雇い外国人としては第1号であった。訪日にあたって灯台建設や光学、その他機械技術を、短期間の内に英国内で実地に体得している。

1868年(慶応4年)8月、妻子及び助手2人を伴って来日した。当時26歳。この時から1876年(明治9年)までの8年間の日本滞在中に、和歌山県串本町樫野崎灯台を皮切りに26の灯台、5箇所の灯竿、2艘の灯船などを建設し、日本における灯台体系の基礎を築き上げた。また灯台技術者を育成するための「修技校」を設け、後継教育にも心血を注いだ。

ブラントンと横浜

灯台以外でも、ブラントンは多くの功績を草創期の近代日本にもたらしている。日本初の電信架設(1869年、東京・築地 - 横浜間)のほか、幕府が設計した横浜居留地の日本大通などに西洋式の舗装技術を導入し街路を整備した。また、日本最初の鉄道建設についての意見書を提出し、ローウェンホルスト・ムルデルらとともに大阪港新潟港の築港計画に関しても意見書を出している。ほか、横浜公園の設計も委任された。

ブラントンは1876年3月、明治政府から任を解かれ帰国した。英国で彼は、論文「日本の灯台 (Japan Lights) 」を英国土木学会に発表、賞賛を受けた。その後は建築家として、建物の設計及び建築に携わった。晩年、仕事の合間に書きためた原稿「ある国家の目覚め―日本の国際社会加入についての叙述とその国民性についての個人的体験記」をまとめ終えると、程なく世を去った。1901年(明治34年)、59歳没。

ブラントンが設計した日本の主な灯台[編集]

地名はいずれも2005年現在のもの。北から南の順。注記が無い限り、建物は現存する。初点灯日は新暦で表示した。

名称 所在地 構造 点灯日 備考
納沙布岬灯台 北海道根室市 当時は木造 1872年8月15日
尻屋埼灯台 青森県下北郡東通村 煉瓦造 1876年10月20日
金華山灯台 宮城県石巻市 石造 1876年11月1日
犬吠埼灯台 千葉県銚子市 煉瓦造 1874年11月15日
羽田灯台 東京都大田区 鉄造 1875年3月15日 現在は廃灯
剱埼灯台 神奈川県三浦市 当時は石造 1871年3月1日 江戸条約による灯台
神子元島灯台 静岡県下田市 石造 1871年1月1日 江戸条約による灯台
石廊埼灯台 静岡県賀茂郡南伊豆町 当時は木造 1871年10月5日
御前埼灯台 静岡県御前崎市 煉瓦造 1874年5月1日
菅島灯台 三重県鳥羽市 1873年7月1日 煉瓦造灯台としては現役では最古
安乗埼灯台 三重県志摩市 当時は木造 1873年4月1日
天保山灯台 大阪市港区 木造 1872年10月1日 現在は廃灯
和田岬灯台 神戸市須磨区 鉄造 初点灯は1872年10月1日 1963年に廃灯。大坂条約による灯台。現在は須磨海浜公園に移設保存(登録有形文化財)。
江埼燈台 兵庫県淡路市 石造 1871年6月14日 大坂条約による灯台。退息所は四国村に移築
樫野埼灯台 和歌山県東牟婁郡串本町 1870年7月8日 ブラントンの日本での初設計。日本最古。江戸条約による灯台
潮岬灯台 和歌山県東牟婁郡串本町 木造 1870年7月8日 仮点灯
1873年9月15日 初点灯
江戸条約による灯台
友ヶ島灯台 和歌山県和歌山市 石造 1872年8月1日 大坂条約による灯台
六連島灯台 山口県下関市 石造 1872年1月1日 大坂条約による灯台
角島灯台 山口県下関市 石造 1876年3月1日 日本での最後の仕事
釣島灯台 愛媛県松山市 石造 1873年6月15日
鍋島灯台 香川県坂出市 石造 1872年12月15日 退息所は四国村に移築
部埼灯台 福岡県北九州市 石造 1872年3月1日 大坂条約による灯台
白州灯台 福岡県北九州市 当時は石造 1873年9月1日
烏帽子島灯台 福岡県糸島市 鉄造 1875年8月1日
伊王島灯台 長崎県長崎市伊王島 当時は鉄造 1871年9月14日 江戸条約による灯台
佐多岬灯台 鹿児島県肝属郡南大隅町 鉄造 1871年11月30日 江戸条約による灯台

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]