恵山岬灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恵山岬灯台
CAPE ESAN LIGHTHOUSE.JPG
恵山岬灯台の位置(北海道内)
恵山岬灯台
航路標識番号 0039 [M6729]
位置 北緯41度48分55秒 東経141度11分01秒 / 北緯41.81528度 東経141.18361度 / 41.81528; 141.18361座標: 北緯41度48分55秒 東経141度11分01秒 / 北緯41.81528度 東経141.18361度 / 41.81528; 141.18361
所在地 北海道函館市恵山岬町80-9
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート
レンズ 第3等大型フレネル
灯質 等明暗白光 明3秒 暗3秒
実効光度 46,000 cd
光達距離 17.5海里(約 32 km
明弧 156度から335度まで
塔高 18.85 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 44.00 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1890年(明治23年)11月1日
管轄 海上保安庁
第一管区海上保安本部

恵山岬灯台(えさんみさきとうだい)は、北海道亀田半島東端にある恵山岬の突端に立つ白亜の大型灯台。周辺は、恵山道立自然公園に指定、恵山灯台公園として整備されていて、前に太平洋、後ろに恵山を望む風光明媚の地。また、「日本の灯台50選」にも選ばれている。近くに、函館市灯台資料館「ぴかりん館」がある。

歴史[編集]

函館市灯台資料館(閉鎖中)[編集]

恵山岬灯台の近くにある函館市立(旧椴法華村立)の灯台をテーマとした資料館である。愛称は「ぴかりん館」。館内には、2階吹き抜けになった部屋に、初代恵山岬灯台のレプリカがあり、この灯台の歴史についても詳しく解説され、灯台の種類や機器も展示されていた。2階には、日本と世界の灯台の歴史や灯台にかかわる歌、文学、絵画などがパネル展示され、実物の灯台レンズも並べられていた。3階は展望台となっていた。2016年4月より閉鎖中である。

交通[編集]

函館駅前から函館バス恵山御崎行きで45分の日ノ浜団地で椴法華支所前行きに乗り換え12分、終点下車後タクシーで10分

脚注[編集]

  1. ^ 明治23年逓信省告示第196号(『官報』第2176号、明治23年9月29日、p.341)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2017年7月1日閲覧。

周辺観光[編集]

関連項目[編集]