尻屋埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尻屋埼灯台
Cape Shiriya and Kandachime horses.jpg
尻屋埼灯台
尻屋埼灯台の位置(青森県内)
尻屋埼灯台
航路標識番号 1601 [M6630]
位置 北緯41度25分49.27秒 東経141度27分43.9秒 / 北緯41.4303528度 東経141.462194度 / 41.4303528; 141.462194座標: 北緯41度25分49.27秒 東経141度27分43.9秒 / 北緯41.4303528度 東経141.462194度 / 41.4303528; 141.462194
所在地 青森県下北郡東通村尻屋字尻屋崎1-1
塗色・構造 白色 塔形 レンガ造
レンズ 第2等フレネル
灯質 単閃白光 毎10秒に1閃光
実効光度 530,000 cd
光達距離 18.5海里(約 34 km
明弧 52度から3度まで
塔高 32.82 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 45.70 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1876年明治9年)10月20日
管轄 海上保安庁
第二管区海上保安本部

尻屋埼灯台(しりやざきとうだい)は青森県下北郡東通村尻屋崎の突端に立つ白亜の灯台で、日本の灯台50選に選ばれている。「日本の灯台の父」と称されるブラントンによって設計された、二重のレンガ壁による複層構造の灯台となっている[1]。周辺には寒立馬(かんだちめ)と呼ばれる放牧されており、一帯は景勝地となっている。

歴史[編集]

  • 1876年明治9年)10月20日:東北最初の灯台として初点灯[2][3]
  • 1877年(明治10年)11月20日:日本で初めて霧鐘が設置される[2]
  • 1879年(明治12年)12月20日:日本で初めて霧笛が設置される。これを記念して12月20日が霧笛記念日となっている。
  • 1901年(明治34年):日本初の自家発電の電気式灯台になる。
  • 1945年昭和20年):米軍の攻撃により破壊。運用不能になる。
  • 1946年(昭和21年)夏:破壊されたはずの灯台が光を放つ怪現象が起こる。以下の「まぼろしの灯台」を参照。
  • 1946年(昭和21年)8月:霧信号舎屋上に仮設の灯火を点灯する。同時に怪現象も消える。
  • 1951年(昭和26年):灯台復旧。
  • 1976年(昭和51年):点灯100周年。
  • 2016年(平成28年):気象通報業務の廃止[4]

付属施設[編集]

まぼろしの灯台[編集]

第二次世界大戦中の1945年昭和20年)に米軍に射撃を受け、同時に村尾常人標識技手が殉職した。翌1946年(昭和21年)、攻撃を受け破壊しつくされたはずの灯台が光を放ち、その目撃が相次いだ。付近を航行中の漁船が遭難を免れたということもあった。人々は米軍の攻撃時に殉職した村尾標識技手の霊なのではないかと噂した。当時の灯台長が公文書「灯台の怪火について」を灯台局に報告した[5]。同年8月に霧信号舎屋上に仮の灯りを点灯すると同時にこの現象は消えた[6]。なお、灯台には銃撃の跡が今でも残る。

アクセス[編集]

その他[編集]

  • 尻屋崎沖は海洋交通の難所で、実際遭難事故も数多く起こっている。
  • 霧信号所が日本で初めて設置された場所でもある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 灯台敷地内にあるレンガの展示(写真)にあった説明の看板による
  2. ^ a b 『青森県史 第7巻』青森県、1926年、pp.420-428.
  3. ^ 明治9年10月2日工部省布達第17号(『法令全書 明治9年』内閣官報局、pp.1343-1345.
  4. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) Archived 2016年8月17日, at the Wayback Machine. - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧) 
  5. ^ 尻屋埼灯台日本の近代遺産50選、2016年10月9日閲覧。
  6. ^ 第2管区海上保安本部、2016年10月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]