犬吠埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
犬吠埼灯台
Inubozaki Lighthouse.JPG
犬吠埼灯台の位置(千葉県内)
犬吠埼灯台
航路標識番号 1869 [F6478]
位置 北緯35度42分28秒 東経140度52分07秒 / 北緯35.70778度 東経140.86861度 / 35.70778; 140.86861座標: 北緯35度42分28秒 東経140度52分07秒 / 北緯35.70778度 東経140.86861度 / 35.70778; 140.86861
所在地 千葉県銚子市犬吠埼9576
塗色・構造 白色 塔形 レンガ造
レンズ 第1等フレネル式(内径1.84m)
灯質 単閃白光、毎15秒に1閃光
実効光度 1,100,000 cd
光達距離 19.5海里(約 36 km
明弧 169度から65度まで
塔高 31.30 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 51.80 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1874年明治7年)11月15日
管轄 海上保安庁
第三管区海上保安本部
銚子海上保安部

犬吠埼灯台(いぬぼうさきとうだい)は千葉県銚子市の東突端に位置する犬吠埼に立つ灯台である。

概要[編集]

日本に5つ[1] しかない最大の第1等レンズを使用した第1等灯台である。電球は400Wのメタルハライド電球を使用し、110万カンデラの光を放つ。

灯塔高 (地上から塔頂までの高さ)31.3 mで、煉瓦製の建造物としては尻屋埼灯台に次ぐ、日本第2位の高さである。

設計、施工監督者はイギリスから招いた灯台技師、リチャード・ヘンリー・ブラントンである。

建設当初より白色塔形(円形)の煉瓦造灯台であるが、この煉瓦は内務省の土木技師中沢孝政によって生産が試みられた初の日本製(千葉県香取郡高岡村、現在の千葉県成田市高岡)であり、およそ19万3000枚が灯台本体の他、付属施設にも使用されている。ブラントンは当初、日本製煉瓦の使用に反対したといわれ、その強度に不安を感じたためかそれまでの灯台の構造とは違って二重構造になっているが、140年以上の風雪に破損されることも無く耐え今日に至っている。

灯台の竣工間近、巨大なレンズを見た地元漁民は驚き恐れ「灯台成リ、大洋灯ヲ点ジ海上ヲ照ラスニ至レバ、是ガタメ沿岸ノ魚族ノ棲息ヲ絶チ、漁民ハ特ニ大イナル悲運ニ遭遇スベシ(灯火が明る過ぎて魚が獲れなくなる)」と、灯台建設の即時中止の請願運動を展開したが、灯台初点灯の翌年に鰹が稀にみる豊漁となり、杞憂であるばかりか、「灯台様のお陰」と喜ばれる結果となった。

日本を代表する灯台の一つで、歴史的文化財的価値が高く、国登録有形文化財に登録され、海上保安庁により「Aランク保存灯台」ともなっており、「世界灯台100選」、「日本の灯台50選」にも選ばれている。

周辺は水郷筑波国定公園の一部であり、太平洋を臨む景勝地として多くの観光客が訪れている。

歴史[編集]

太平洋に半島が突出し、利根川の河口を利用した港が造られた銚子は、古くから交通の要所、魚介類の水揚げ場、醤油の生産地として栄え、多くの船舶が入出港していたが、犬吠埼付近に岩礁、暗礁が多く、海流が複雑で、鳴門海峡伊良湖岬沖と共に、海の三大難所として多くの人命が失われた場所でもあった。1868年10月6日慶応4年8月21日)には、幕府の軍艦「美賀保丸」が暴風雨に遭い、黒生(くろはい)沖の岩礁に乗り上げて座礁沈没、乗組員13名が死亡するという事故も起きていた。

このような状況の中、銚子港の改修と洋式灯台の設置が求められ、明治時代初期に江戸条約によって建設された8基、及び大坂条約によって建設された5基の洋式灯台に続く重要な灯台として建設が決まった。

1872年10月4日(明治5年9月2日)、着工。

1874年(明治7年)11月15日、竣工し初点灯。

1910年(明治43年)、犬吠埼霧信号所霧笛舎竣工。

1923年大正12年)、これまでの石油灯から電気灯火に変更。

1945年昭和20年)8月10日、7機の米軍戦闘機による攻撃を受け破損。技術員1名殉職。

1951年(昭和26年)、初点灯より使用していた初代レンズ(仏製1等八面閃光レンズ)退役。

1987年(昭和62年)、耐震補強工事実施。

2002年平成14年)3月20日、灯台資料展示館開館。明治村愛知県)にて保存されていた初代レンズが戻る。

2008年(平成20年)3月31日、犬吠埼霧信号所霧笛舎にての霧笛吹鳴が100年の歴史にピリオドを打ち廃止。最後の霧笛を鳴らすお別れ式典挙行[2]

2010年(平成22年)4月28日、灯台が国の登録有形文化財に登録(官報告示は同年5月20日)。

2012年(平成24年)12月19日、旧犬吠埼霧信号所霧笛舎が国の登録有形文化財に登録。

2016年(平成28年)9月30日、灯台放送(船舶気象通報)及び灯台に併設する犬吠埼ディファレンシャルGPS局の気象通報が廃止[3]

付属施設[編集]

一般公開[編集]

本灯台は一般公開されている参観灯台で、展望台の他、資料展示館がある。

  • 大人200円、小人無料

展望台[編集]

レンズ室横に設置されている展望台まで登ることができる。展望台へ続く螺旋階段の段数は、九十九里浜にちなんで99段となっている。展望台からは太平洋や沖行く船を一望の下にできる。

犬吠埼灯台資料展示館[編集]

2002年3月20日に開館。犬吠埼灯台の歴史、機能・役割などが学べ、同灯台の初代レンズ(フレネル式第1等8面閃光レンズ)をはじめ、貴重な資料が多数展示されている。

フォト・ギャラリー[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レンズの等級 敦賀海上保安部 灯台豆知識 2013年10月閲覧
  2. ^ 「霧笛舎」97年間の歴史に幕 千葉日報 2008年(平成20年)4月2日閲覧
  3. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧) 

外部リンク[編集]