足摺岬灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
足摺岬灯台
Ashizurimisaki lighthouse 04.JPG
足摺岬灯台の位置(高知県内)
足摺岬灯台
航路標識番号
[国際標識番号]
3101 [M5602]
位置 北緯32度43分26.5秒 東経133度1分13.2秒 / 北緯32.724028度 東経133.020333度 / 32.724028; 133.020333座標: 北緯32度43分26.5秒 東経133度1分13.2秒 / 北緯32.724028度 東経133.020333度 / 32.724028; 133.020333
所在地 高知県土佐清水市足摺岬字足摺山214番地5
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート
レンズ LB-90型灯器
灯質 群閃白光
18秒を隔て毎30秒に3閃光
実効光度 460,000 cd
光達距離 20.5海里(約38km)
明弧 201度から91度まで
塔高 18.1 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 60.6 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1914年大正3年)4月1日
管轄 海上保安庁
第五管区海上保安本部
テンプレートを表示
遠景

足摺岬灯台(あしずりみさきとうだい)は、高知県土佐清水市にある四国の最南端足摺岬突端に立つ白亜の大型灯台。周辺は、足摺宇和海国立公園に指定され、太平洋を望む風光明媚の地。また、「日本の灯台50選」にも選ばれている。

歴史[編集]

付属施設[編集]

田宮虎彦先生文学碑[編集]

足摺岬灯台下の園地には、「田宮虎彦先生文学碑」があって、小説『足摺岬』から「砕け散る荒波の飛沫が 崖肌の巨巌いちめんに 雨のように降りそそいでいた」の一文が刻まれている。

交通[編集]

土佐くろしお鉄道中村駅から高知西南交通バス「足摺岬センター行き」約1時間40分、「足摺岬」下車後、徒歩5分

周辺の観光地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大正3年逓信省告示第172号(『官報』第491号、大正3年3月20日、p.459
  2. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧) 
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]