第二管区海上保安本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第二管区海上保安本部(だいにかんくかいじょうほあんほんぶ)とは、主に東北地方の太平洋、ならびに青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県管轄範囲とする、海上保安庁管区海上保安本部の一つである。

第二管区海上保安本部が所在する塩釜港湾合同庁舎

略称は二管二管本部と称呼することもある)、英語表記は2nd Regional Coast Guard Headquarters。本部は宮城県塩竈市貞山通にあり、下部組織として7つの海上保安部、3つの海上保安署、航空基地1カ所を有する。

特徴[編集]

管区内には、特定重要港湾かつ中核国際港湾仙台塩釜港を初めとした重要港湾15港(八戸港小名浜港秋田港など)や地方港湾があり、また、特定第3種漁港4港(八戸漁港気仙沼漁港石巻漁港塩釜漁港)や漁獲高の大きい女川漁港を初めとした392の漁港などがあって、多数の船舶が往来している。

世界三大漁場の三陸海岸沖を初めとして漁業の盛んな地域であるため、二管の活動の多くを漁船の安全操業のための監視活動、暴力団関係者や不法漁民による密漁の摘発が占めている。管区内は、濃霧が発生しやすく海難事故が多く発生する海域であることから、巡視船の他、フェリー水産庁や各県の漁業取締船から広く情報を集め、速やかに海象情報を通報する体制を構築している。

また、女川原子力発電所下北半島福島県浜通り地方に点在する原子力関連施設や国際海峡である津軽海峡の警備業務、日本とアメリカ合衆国を結ぶ北米航路の中の広い範囲を占めていることから、第一管区海上保安本部第三管区海上保安本部と協力したSAR協定に基づく沖合水域の海難救助業務も大きな仕事である。

二管関連年表[編集]

  • 1948年5月1日:海上保安庁発足とともに塩釜海上保安本部として設置。管轄地域は東北地方および周辺海域。
  • 1950年6月1日:第二管区海上保安本部に改編。
  • 2007年(平成19年)4月1日:塩釜海上保安部を宮城海上保安部に改称。
  • 2011年(平成23年)3月11日:東日本大震災の津波により、管内の太平洋側保安部等が浸水被害を受け、特に釜石海上保安部及び宮古・気仙沼・石巻保安署は壊滅的被害を受け基地機能を喪失、仙台航空基地も基地機能喪失に加え、多数の所属航空機が流出したうえ、宮城海上保安部所属の巡視船くりこまが津波で漂流し、松島湾内で座礁した。また、津波襲来を受け、第二管区本部及び歌津送信所では、周辺住民を避難誘導し、庁舎に収容する等職員が対応にあたった(海上保安庁広報資料から)。
  • 2011年(平成23年)10月1日:仙台航空基地に機動救難士を配置。

組織[編集]

酒田海上保安部が入っている庁舎
(酒田港湾合同庁舎)

主な保有船艇・航空機[編集]

巡視船巡視艇[編集]

PLH-05 ざおう。塩釜港にて、2015年
PS201 つるぎ。酒田港にて、2014年

二管は計29隻の船艇を保有しているが、主要なものを以下に挙げる。

航空機[編集]

二管は固定翼機2機、回転翼機3機を保有している。 また、海上保安学校宮城分校が訓練用回転翼機3機を保有している。

宮城海上保安部(巡視船ざおう搭載機)[編集]

  • 回転翼機
    • MH920 うみねこ:S-76D

仙台航空基地[編集]

  • 固定翼機
  • 回転翼機
    • MH968 うみすずめ1号:AW139
    • MH965 うみすずめ2号:AW139
  • 回転翼機(海上保安学校宮城分校訓練機)
    • SH082 おおるり1号:ベル206B
    • SH176 おおるり2号:ベル206B
    • SH177 おおるり3号:ベル206B

外部リンク[編集]