コンテンツにスキップ

アグスタウエストランド AW139

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アグスタウエストランド AW139

アグスタウェストランド AW139(AgustaWestland AW139)は、アグスタウェストランド社が生産する15席の6.8トン中型双発ヘリコプターである。救命救急要人輸送捜索救難海上油田への送迎を想定している。

設計と開発

[編集]

当初は、アグスタとベル・ヘリコプターテキストロンが共同で開発を進めていたためAB139と呼ばれており、ベルが計画から撤退した後AW139に改名された。

AW139は、2基のプラット・アンド・ホイットニー・カナダPT6C ターボシャフトエンジンを搭載していて、2基で3360馬力を出し、片発停止時の緊急出力(緊急時は片方のエンジンで2.5分制限で1872馬力を出すことが可能)が大きいため、AW139は片発のみでも全備重量を支えられる世界初の双発ヘリコプターとなった。これによって、最大離陸重量でも屋上ヘリポートからカテゴリーA(日本耐空類別輸送TA級)での離陸が可能である。キャビン容積はこのクラスでは最大の7.6m2を確保している。

最初のAW139は、2001年2月3日イタリアヴェルジャーテで初飛行した。最初の量産型は2002年6月24日に生産され、2003年には受領された。

2006年7月時点で会社は190機受注して30機が納入された。2007年には2番目の生産ラインがフィラデルフィアに開業した。2022年5月現在、世界のありとあらゆるユーザーに認められ、既に1100機以上を受注し活躍している[1]

軍用機としては要人輸送用としての採用が多く、純粋な軍用としては救難機として採用したイタリア空軍の他、アイルランドカタールが運用している程度である。アメリカ合衆国軽量多目的ヘリコプターにも提案したが、EC 145を元にしたUH-72Aに敗れている。

2006年ファーンボロー国際航空ショーでは、AW139の拡大版である軍用ヘリコプターAW149を発表した。

派生型

[編集]
HH-139A
AW139M
軍事仕様。武装の搭載が可能。
HH-139A
戦闘捜索救難機、現在イタリア空軍が運用している。
VH-139A
要人輸送機、現在イタリア空軍が運用している。
MH-139
アメリカ空軍仕様。UH-1N ツインヒューイの後継となる大陸間弾道ミサイル基地の警備用ヘリコプターとして2018年9月に採用が発表された[2]。北アメリカ北部に生息する狼に由来する「グレイウルフ」と命名された[3]。アメリカ空軍によると、今までに配備されていた同程度の大きさのUH-1Nと比べると、速度で50%アップ、航続距離においても50%アップ、キャビンにおいては30%アップ、持ち上げる能力は2.2トンになったと紹介されている。生産はフィラデルフィアにあるレオナルドの工場で行われ、ボーイングが各種軍用機器の設置と納入後のサポートを担当する[4]
AW149英語版
AW139の拡大型。民間型はAW189英語版と呼ばれる。

日本における採用

[編集]
海上保安庁所有のAW139(らいちょう2号)
横浜市消防局航空隊保有のAW139(はまちどり1)

主に公的機関での採用が多いが、報道取材用途でも使用されていて、日本国内では60機以上が活躍している。

諸元・性能 (洋上仕様)

[編集]

出典: アグスタウェストランド. “AW139 Offshore” (英語). 2015年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月5日閲覧。

諸元

性能

  • 最大速度: 310 km/h=M0.25 (167 kt)
  • 巡航速度: 306 km/h=M0.25 (165 kt)
  • 航続距離: 1,250 km (675 nmi)
  • 実用上昇限度: 6,096 m (20,000 ft)
  • 上昇率: 10.9 m/s (2,140 ft/min)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ レオナルド社製ヘリコプター AW139”. 三井物産エアロスペース株式会社. 2022年5月28日閲覧。
  2. ^ “ボーイング、アメリカ空軍UH-1N更新でMH-139を84機受注”. FlyTeam ニュース. (2018年9月25日). https://flyteam.jp/news/article/100237 
  3. ^ USAF concludes test flight of MH-139A Grey Wolf helicopter” (英語). Airforce Technology (2020年2月20日). 2020年3月2日閲覧。
  4. ^ “イタリア生まれの傑作機が原型 新汎用ヘリMH139A「グレイウルフ」米空軍に納入”. 乗りものニュース. (2022年8月30日). https://trafficnews.jp/post/121657 2022年9月2日閲覧。 
  5. ^ 海上保安庁が頭を抱える「欠陥ヘリ」導入問題
  6. ^ 『オールアバウト海上保安庁』イカロス出版、2022年4月5日。 
  7. ^ 警察庁がAW139を3機発注』(プレスリリース)AgustaWestland Japan、2011年9月21日http://jp.agustawestland.com/content/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E5%BA%81%E3%81%8Caw139%E3%82%923%E6%A9%9F%E7%99%BA%E6%B3%A82013年5月4日閲覧 [リンク切れ]
  8. ^ AW139、更に4機受注』(プレスリリース)AgustaWestland Japan、2012年3月14日http://jp.agustawestland.com/content/aw139%E3%80%81%E6%9B%B4%E3%81%AB4%E6%A9%9F%E5%8F%97%E6%B3%A82013年5月4日閲覧 [リンク切れ]
  9. ^ 高性能ヘリで救助力向上 横浜市消防局2機更新[リンク切れ]
  10. ^ ちどり(東消ヘリ1) AW139就航式
  11. ^ 広島県 防災ヘリAW139を発注』(プレスリリース)AgustaWestland Japan、2011年8月31日http://jp.agustawestland.com/content/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E7%9C%8C-%E9%98%B2%E7%81%BD%E3%83%98%E3%83%AAaw139%E3%82%92%E7%99%BA%E6%B3%A82013年5月4日閲覧 [リンク切れ]
  12. ^ AW139消防防災ヘリに更に2機受注』(プレスリリース)AgustaWestland Japan、2012年7月20日http://jp.agustawestland.com/content/aw139%E6%B6%88%E9%98%B2%E9%98%B2%E7%81%BD%E3%83%98%E3%83%AA%E3%81%AB%E6%9B%B4%E3%81%AB%EF%BC%92%E6%A9%9F%E5%8F%97%E6%B3%A82013年5月4日閲覧 [リンク切れ]
  13. ^ 国土交通省関東地方整備局の防災ヘリとしてAW139型ヘリコプターを納入』(プレスリリース)三井物産エアロスペース株式会社、2018年3月30日http://aerospace.mitsui.co.jp/topics/4a99d43eb02a70cc6d187ad83ae8d193ca626626.html 
  14. ^ 国土交通省近畿地方整備局に防災ヘリコプターAW139を納入』(プレスリリース)三井物産エアロスペース株式会社、2020年6月9日http://aerospace.mitsui.co.jp/topics/36d93c8ec5939dc231984ca5cf90f1898aeac06e.html 
  15. ^ オールニッポンヘリコプターより3機目のAW139を受注』(プレスリリース)AgustaWestland Japan、2012年7月27日http://jp.agustawestland.com/content/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%88%E3%82%8A3%E6%A9%9F%E7%9B%AE%E3%81%AEaw139%E3%82%92%E5%8F%97%E6%B3%A82013年5月4日閲覧 [リンク切れ]

外部リンク

[編集]