第一管区海上保安本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

第一管区海上保安本部(だいいちかんくかいじょうほあんほんぶ)とは、主に北海道地方のオホーツク海、ならびに北海道北方領土管轄範囲とする、海上保安庁管区海上保安本部の一つである。

略称は一管一管本部と称呼することもある)、英語表記は1st Regional Coast Guard Headquarters。本部は北海道小樽市港町にあり、下部組織として8つの海上保安部、8つの海上保安署・分室、航空基地3カ所を有する。

特徴[編集]

ロシアとの間に広大な国境海域があり、ロシア国境警備隊による漁船の拿捕・銃撃が頻発していることから、特に、宗谷海峡北方領土周辺海域では、常に警備体制を敷いている。

その一方で、ロシア政府との協力関係も維持しており、サハリン油田開発における海洋汚染防除・麻薬拳銃密輸の水際阻止等で協力している。また、北海道周辺海域は世界的な好漁場であるため、中国や韓国の漁船が進出し、排他的経済水域内の操業や日本が定めた禁漁期に操業するなどのトラブルが多発している。その監視・取り締まり業務、沿岸海域の密漁監視にも力を入れている。

その他、冬期間の流氷監視及び砕氷船による航路啓開、函館航空基地所属ヘリによる奥尻島ヘリコプター救急津軽海峡泊発電所周辺海域における警備業務、北海道周辺(特に北太平洋)の広大な沖合海域におけるSAR協定に基づく捜索・救難業務等も、第一管区の大きな仕事である。

一管関連年表[編集]

  • 1948年5月1日:海上保安庁発足とともに小樽海上保安本部として設置。管轄地域は北海道および周辺海域。
  • 1950年6月1日:第一管区海上保安本部に改編。
  • 1953年8月8日:ラズエズノイ号事件発生。領海侵犯したソ連船を銃撃戦のうえ、拿捕
  • 1953年10月1日:函館航空基地を開設。小樽海上保安部稚内警備救難署が稚内海上保安部に昇格。
  • 1954年9月26日:函館沖にて、洞爺丸事故発生。
  • 1956年:日ソ海難救助協定署名・発効。
  • 1963年4月1日:釧路海上保安部根室海上保安署が根室海上保安部に昇格。
  • 1965年4月1日:小樽海上保安部留萌海上保安署が留萌海上保安部に昇格。
  • 1966年5月:第十一進洋丸事件。国後島沖で、漁船・第十一進洋丸がソ連艇と接触、死亡事故発生、ソ連側に拿捕される。
  • 1967年:千歳航空基地を開設。
  • 1978年10月:釧路航空基地を開設。
  • 1990年8月28日:サハリン・ホムトヴォ空港までコンスタンチン君の救助飛行を実施。

組織[編集]

第一管区

廃止された事務所[編集]

主な保有船艇・航空機[編集]

巡視船・巡視艇[編集]

一管は計42隻の巡視船艇を保有しているが、主要なものを以下に挙げる。

  • PLH01 そうや:ヘリ一機搭載型巡視船 3,139トン(釧路。砕氷航行可)
  • PLH02 つがる:ヘリ一機搭載型巡視船 3,100トン(函館)
  • PL02 えりも:ヘリ甲板搭載装備1,000トン型巡視船 1,268トン(釧路)

航空機[編集]

一管は固定翼機4機、回転翼機6機を保有している。

函館海上保安部(巡視船つがる)[編集]

  • 回転翼機
    • MH919 はいたか:S-76D(つがる搭載機)

釧路海上保安部(巡視船そうや)[編集]

  • 回転翼機
    • MH909 せきれい:S-76C++(そうや搭載機)

千歳航空基地[編集]

函館航空基地[編集]

  • 回転翼機
    • MH910 くまたか1号:S-76D
    • MH913 くまたか2号:S-76D

釧路航空基地[編集]

  • 回転翼機
    • MH775 しまふくろう1号:S-76C
    • MH904 しまふくろう2号:S-76C+

外部リンク[編集]