仙台塩釜港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仙台塩釜港
仙台港 フェリー埠頭 - panoramio.jpg
仙台港 フェリー埠頭
所在地
日本の旗 日本
所在地 宮城県
座標 北緯38度16分14.6秒 東経141度01分28.1秒 / 北緯38.270722度 東経141.024472度 / 38.270722; 141.024472座標: 北緯38度16分14.6秒 東経141度01分28.1秒 / 北緯38.270722度 東経141.024472度 / 38.270722; 141.024472
詳細
開港 奈良時代(塩釜港区)
管理者 宮城県
種類 中核国際港湾国際拠点港湾特定港
統計
統計年度 2009年(平成21年)[1]
貨物取扱量 3677万トン
旅客数 200万9743人
仙台塩釜港の位置(日本内)
仙台塩釜港
仙台塩釜港
仙台塩釜港の位置図

仙台塩釜港(せんだいしおがまこう)は、宮城県太平洋仙台湾に面した港湾。仙台・塩釜・松島・石巻の4つの港区からなる。港湾法上の国際拠点港湾港則法上の特定港に指定されている。中核国際港湾の1つにも指定されている。

概要[編集]

奈良時代陸奥国府多賀城外港として歴史が始まる塩釜港は、1910年明治43年)に第2種重要港湾に、1951年昭和26年)に重要港湾に指定された。高度経済成長期になると「仙台湾地域」の新産業都市指定を機に、砂浜を掘り込んで仙台港が開発され、1971年(昭和46年)に「塩釜港」に編入された。これにより両者は一体的に運用され、各々「塩釜港塩釜港区」「塩釜港仙台港区」と呼ばれることになった。2001年平成13年)、特定重要港湾に指定されたのを機に「塩釜港」は「仙台塩釜港」に改称され、両港区は各々「仙台塩釜港塩釜港区」「仙台塩釜港仙台港区」と呼ばれることになった。

江戸時代初期の北上川改修を機に東廻海運の拠点港の1つとして発展の歴史が始まる石巻港は、1950年(昭和25年)に地方港湾に、1964年(昭和39年)に重要港湾に指定された。しかし2010年(平成22年)8月3日、全国の重要港湾103港の中から重点的に投資する43港が重点港湾に選ばれた際、石巻港は選外となった[2]。これにより石巻港は、国直轄の新規事業予算が配分されず、継続事業の実施しかできなくなるため、同年5月に前原誠司国土交通大臣(当時)が石巻市を視察した際に「(仙台塩釜港との)一体整備の可能性はゼロでない」と発言したことをもとに、仙台塩釜港との統合が模索されることになった[3][4]

県と関係者は同年11月29日に第1回の「宮城県港湾戦略ビジョン策定委員会」(以下「ビジョン委」)を開き、仙台塩釜港と石巻港に、日本三景松島の観光港としての機能が強い松島港1954年(昭和29年)地方港湾に指定)を加えた3港を統合する案を検討し始めた[1]2011年(平成23年)3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生し、県内の港は地震地盤沈下津波火災などにより、埠頭施設や背後の臨海工業商業地区の被害に加え、港湾従事者の犠牲や離散により港湾機能が著しく低下した。そのため、震災からの効率的な復旧・復興と将来的な発展を目指し、3港の役割分担を明確にして統合する計画が「ビジョン委」において8月2日11月24日に検討され[1]2012年(平成24年)3月29日に宮城県地方港湾審議会において決定した[5]。3港の統合計画は8月7日に国に申請され[6]10月12日閣議決定され、10月17日に公布・施行された[7]10月18日、仙台塩釜港(仙台港区、塩釜港区)、石巻港、松島港の3港は、仙台・塩釜・松島・石巻の4つの港区を持つ仙台塩釜港という1つの港に統合された。

なお、当港の4つの港区は、仙台湾に沿って延びる全長46.4km貞山運河および内海となっている松島湾により、小型船舶なら外洋に出ることなく相互の往来が可能であるが、運河の幅が狭いため港区間の流通には使用されていない。

港区[編集]

以下に、2012年(平成24年)10月18日以降の港区を示す。

仙台塩釜港
港区 仙台港区 塩釜港区 松島港区 石巻港区
通称 仙台港 塩釜港 松島港 石巻港
位置 地図 地図 地図 地図

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]