船川港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
船川港
Port of Funagawa.jpg
船川港(寒風山展望台付近より撮影)
船川港の位置(日本内)
船川港
船川港
船川港の位置
所在地
日本の旗 日本
所在地 秋田県男鹿市
座標 北緯39度52分49.76秒 東経139度51分32.10秒 / 北緯39.8804889度 東経139.8589167度 / 39.8804889; 139.8589167座標: 北緯39度52分49.76秒 東経139度51分32.10秒 / 北緯39.8804889度 東経139.8589167度 / 39.8804889; 139.8589167
詳細
管理者 秋田県
種類 重要港湾
陸地面積 253.4ha
統計
統計年度 2010年
貨物取扱量 335,211t[1]

船川港(ふなかわこう、ふながわこう)は、秋田県男鹿市にある港湾で、男鹿市中心部に近い船川地区に位置する。港湾管理者は秋田県、重要港湾に指定されている。

概要[編集]

男鹿半島南部に位置し、古くから天然の良港として知られ、交易の拠点、あるいは避難港として利用されてきた。1951年には重要港湾の指定を、1965年に秋田湾地区新産業都市の指定を受け、木材加工、石油精製工業等の工業団地の立地がすすめられてきた。1995年に秋田国家石油備蓄基地が完成してから、船川港の貨物取扱量は石油関連が大半を占めることになったが、1999年に石油関連事業所が事業縮小して以来石油類等の取扱量が落ち込み、低迷が続いている(2001年には石油を輸送していた男鹿線の貨物列車が廃止、2002年初には同線船川港駅までの区間が廃止となった)。一方で、男鹿マリーナ、男鹿マリンパークが整備され、2003年には男鹿日本海花火大会が始まるなど新たなレジャーの拠点となりつつある。

沿革[編集]

施設[編集]

  • 管理者:秋田県
  • バース数:4(5,000t岸壁2、7,000t岸壁1、15,000t岸壁1)
  • 石油備蓄基地(備蓄量448万キロリットル、地中式タンク12基、地上式タンク4基)

男鹿マリーナ[編集]

秋田県内で本荘マリーナに続く第二のマリーナとして建設された。

  • 陸域面積2.4ha、水域面積2.1ha、保管定数は160艇
  • 所在地:秋田県男鹿市船川港船川字海岸通り1-20

周辺[編集]

船川港は古くからの男鹿市の中心部に近く、多くの施設が立地している(しかし現在では男鹿市の商業的な中心は船越地区国道101号ロードサイドに移りつつある)。

イベント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成22年 秋田県港湾統計年報 3ページ (PDF)”. 秋田県. 2012年9月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]