唐津港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

唐津港(からつこう)は、佐賀県唐津市にある。港湾管理者は佐賀県港湾法上の重要港湾港則法上の特定港に指定されている。

概要[編集]

江戸時代後期に、石炭の積出港として松浦川河口部に開港した。唐津鉄道の開通などにより、明治30年ごろに現在の西港地区に移ってからは大正期にかけて国内屈指の貿易港として発展したが、石炭産業の衰退に伴いその地位は失われている。

現在ではLPGガスや建築資材、海砂などの物流基地や、水産基地としての側面が強いが、佐賀県には大型客船が寄港できる港がほとんど無いため、クルーズ船の寄港地や旅客フェリーの就航地として、佐賀県の海の玄関口の役割も果たしている。

歴史[編集]

古くからアジア大陸との交易の場として利用されており、明治32年には全国22の港と共に貿易港の指定を受けている。また、神功皇后三韓征伐のときは皇軍出帆の基地として、さらに近世においては豊臣秀吉による朝鮮出陣の本営地として利用された。

主な施設[編集]

東港[編集]

  • 東港地区
長崎県壱岐市印通寺港との間にフェリー(九州郵船)が就航しているほか、九電桟橋などの施設がある。
  • 西の浜地区
西の浜海水浴場やオリンピック強化基地にも指定されている佐賀県ヨットハーバーなど観光施設が整備されている。
  • 二タ子地区
プレジャーボート用の浮き桟橋。
  • 東の浜地区

西港[編集]

  • 妙見地区
唐津港で最大規模の岸壁を備える公共埠頭のほか、水産加工業などが立地する妙見工業団地がある。
  • 大島地区
かつての石炭積み出しの中心地。現在も石油やLNGを取り扱うエネルギー供給基地としての面が強い。また、砂利や砂の取り扱いも多い。
  • 水産埠頭
背後に唐津水産加工団地を備える唐津市民の台所。アジサバタイブリなどの水揚げが多い。
  • 佐志地区

外貿コンテナ航路[編集]

かつては韓国釜山に定期航路が存在したが現在は休止中である。

関連項目[編集]