三河港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三河港
Aichi Prefectural Road 2 01.jpg
汐川干潟と三河港大橋
所在地
日本の旗 日本
所在地 愛知県豊橋市田原市
蒲郡市豊川市
詳細
開港 1962年(昭和37年)
(旧4港を統合)
管理者 愛知県
種類 重要港湾特定港
統計
統計年度 2013年
発着数 13,071隻
貨物取扱量 21,259,869トン
コンテナ数 41,772
主要輸出品 完成自動車、金属くず
主要輸入品 完成自動車、鉄鋼
公式サイト 愛知県三河港務所ホームページ

三河港(みかわこう)は愛知県東部の三河湾渥美湾奥にある豊橋市田原市蒲郡市豊川市にわたる港湾である。港湾管理者は愛知県。港湾法上の重要港湾港則法上の特定港に指定されている。

国内外の多くの自動車メーカーが基幹港とし、完成自動車の輸入に関して金額・台数とも全国1位、輸出に関しても金額・台数とも2位で、名古屋港ドイツブレーマーハーフェン港、ベルギーセヴルージュ港、米国(ジョージア州)のブランズウィック港と並び世界を代表する自動車港湾。アメリカスカップ日本代表の母港としても知られ、リゾート施設も充実している。

歴史[編集]

  • 1962年(昭和37年)5月 - 豊橋港・田原港・西浦港・蒲郡港の4港を統合、三河港となる
  • 1964年(昭和39年) - 重要港湾に昇格

港概要[編集]

所轄地区[編集]

周囲80キロメートル(以降km)、面積132km2

豊橋市[編集]

  • 神野地区
  • 明海地区
  • 大崎(船渡)地区

田原市[編集]

  • 田原地区

蒲郡市[編集]

  • 蒲郡地区
    • 蒲郡地区一帯は2007年(平成19年)4月にみなとオアシスに登録していて、みなとオアシスがまごおりとして観光拠点ともなっている。
  • 大塚地区

豊川市[編集]

  • 御津地区

進出している主な企業[編集]

モータープール
輸出待ちの車
自動車運搬船

神野地区[編集]

明海地区[編集]

明海町を参照

田原地区[編集]

蒲郡地区[編集]

御津地区[編集]

  • スズキマリーナ三河御津

関連施設[編集]

輸出入[編集]

輸出入総額[編集]

  • 輸出 - 約2兆0,671億円(全国港湾6位)
  • 輸入 - 約5,266億円(全国港湾30位)

2013年

完成自動車の年間輸出入[編集]

2013年

主な取扱い自動車メーカー・ブランド[編集]

その他[編集]

  • 自動車は輸出入だけでなく、自動車運搬船を利用した国内輸送の積み込みも行われている。
  • 国内外を問わず、さらに多くの自動車メーカーの集積を狙う目的で三河港は「国際自動車コンプレックス構想」を打ち出し、「国際自動車特区」として政府の第二次構造改革特区に指定されている。
  • 豊橋港区は現在の三河港となる前の名残から、地元では現在も豊橋港という表記が案内板などに記されている。豊橋港区に繋がる県道393号も「豊橋港線」という名称が付けられ、また地域高規格道路である名豊道路には「豊橋港インター」という名称のインターが存在する。

外部リンク[編集]