千賀ノ浦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千賀ノ浦(ちがのうら)は、宮城県塩竈市にある古代の国府津(こうづ:国府の外港)のことで、現在の仙台塩釜港がこれに相当する。

この古名に由来して、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・千賀浦が四股名として名乗っていたものがある。

千賀ノ浦の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 千賀浦門三郎 --- ---
2代 横雲太七 --- 千賀ノ浦部屋
3代 松ヶ枝庄吉 --- 雷-阿武松部屋 3代阿武松に名跡変更
4代 千賀ノ浦喜三郎 前1 千賀ノ浦-阿武松部屋 1863年7月-1888年5月(廃業) 二枚鑑札
5代 大達羽左エ門 大関 立田川-高砂-伊勢ノ海
-千賀ノ浦-高砂部屋
1888頃-1904年8月(死去) 二枚鑑札
6代 大泉保吉 前4 高砂-千賀ノ浦-小野川(大阪)
-芝田山部屋
1905年5月-1912年10月(死去) 二枚鑑札
7代 雲竜辰五郎 前7 追手風-高砂-追手風
-草風(京都)-藤嶋(大阪)部屋
1916年1月-1919年12月(死去)
8代 綾川五郎次 関脇 高砂-入間川部屋 1921年1月-1933年2月(死去)
9代 綾川五郎次 関脇 入間川-出羽海-千賀ノ浦
-出羽海部屋
1936年1月-1940年1月(廃業) 二枚鑑札
10代 幡瀬川邦七郎 関脇 楯山-伊勢ヶ濱部屋 1940年1月-1943年5月 借株、9代楯山に名跡交換
11代 大和錦幸男 前4 出羽海部屋 1943年5月-1944年1月(廃業) 借株
12代 綾昇竹蔵 関脇 千賀ノ浦-出羽海部屋 1945年6月-1955年9月 4代峰崎に名跡変更
13代 外ヶ濱弥太郎 前1 入間川-出羽海-千賀ノ浦
-出羽海部屋
1955年9月-1962年8月(停年(定年)退職)
14代 大昇充宏 前1 春日山-立浪-春日山部屋 1963年3月-1965年1月 借株、11代浦風に名跡変更
15代 栃光正之 大関 春日野部屋 1966年1月-1977年3月(死去)
16代 黒瀬川国由 小結 伊勢ヶ濱部屋 1984年5月-1985年2月 借株、20代桐山に名跡変更
17代 若獅子茂憲 小結 二子山部屋 1987年9月-1988年1月 借株、12代湊川に名跡変更
18代 吉の谷彰俊 前4 出羽海部屋 1988年1月-1989年7月 借株、15代入間川に名跡変更
19代 舛田山靖仁 関脇 春日野部屋 1989年7月-2016年4月 16代常盤山に名跡変更
20代 隆三杉太一 小結 二子山部屋 2016年4月-

関連項目[編集]