隆三杉太一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

隆三杉 太一(たかみすぎ たかかつ、1961年3月1日 - )は、神奈川県川崎市川崎区出身(出生地は兵庫県姫路市)で、二子山部屋に所属した大相撲力士。最高位は西小結1991年1月場所、1993年1月場所)。本名金尾 隆(かなお たかし)。現役時代の体格は179cm、161kg。得意手は突っ張り、押し[1]

現在は、年寄千賀ノ浦である。

来歴・人物[編集]

小学生の頃は空手で鳴らし、中学時代は柔道部に所属しつつも、相撲大会に駆り出されることがあった。

中学校卒業直前に叔父の誘いで二子山部屋を見学に行き、当時、同部屋に所属していた幕下力士・高麗山の紹介で角界入りを決意した。

初土俵は、1976年3月場所[1]。同期生には、後の大関・北天佑や前頭筆頭・天ノ山幕下付出)などがいた。

入門時には隆の里に目をかけられ、新弟子の出世披露で締めた化粧廻しも隆の里のものであった。隆の里の稽古法を学び、ウェイトトレーニングも隆の里から教わった。隆の里からはまた「俺が入門した時は、過食と大量の飲酒の怖さを教えてくれる先輩がいなかった。お前は気をつけろよ」「糖分の多いジュースは控えろよ」などのアドバイスを受ける。四股名「隆三杉」は、「俺たちの四股名で強くなれ」との理由で隆の里と若三杉から貰ったものである[2]

出世は速く、1981年1月場所にて19歳8ヵ月(新十両発表は11月場所終了後)で新十両昇進、同年7月場所で入幕を果たした[1]。スピード十両、スピード入幕の反面、三役昇進は新入幕の場所から10年、58場所目[1]と史上1位のスロー出世だった。また、相撲ぶりが地味だったためか、三賞とは無縁だった。

丸い体を利した押し相撲で、長く幕内を務めた[1]。愛嬌のある風貌で、“ドラえもん[3]のニックネームで親しまれた[1]。鉄の胃袋の持ち主で、ある時、焼肉75人前を平らげた[4]。また、歌はプロ級でいくつかレコーディングもする程で、自身の引退相撲においても美声を披露している。

1995年11月場所限りで引退[1]後は年寄・藤島から同・音羽山を経て同・常盤山を襲名し、初代大関貴ノ花の二子山部屋を経て一代年寄となった貴乃花部屋の部屋付き親方として長く後進の指導に当たっていた。

2016年4月、定年まで2週間を切った元関脇舛田山より千賀ノ浦部屋の引き継ぎを要請され、家族の同意も得て異例の一門外からの部屋継承に至った。この時の師匠交代に伴い千賀ノ浦部屋は出羽一門から貴乃花一門へ移った。

また、師匠になってから1年半で、17歳で幕下に上がった後長く足踏みしていた隆の勝を出稽古と猛稽古で鍛え上げ、無事関取に育て上げた。隆の勝は自身が師匠になってから初の関取となった。

しかし2018年6月に貴乃花が離脱したことにより、貴乃花一門は消滅した[5]。同年7月の相撲協会理事会で全ての親方は5つある一門のうちのいずれかに所属することが決定されたため、二所ノ関一門に加入を申請し同年9月21日に認められた[6]。同年10月には退職する貴乃花の依頼を受け、貴乃花部屋の力士たちと裏方を千賀ノ浦部屋に迎え入れた。10月4日、部屋のTwitterに「どの子も我が子」と自ら書いた一筆をアップし[7]、自らの弟子となった力士たちに歓迎の意を示している[8]

主な成績・記録[編集]

  • 通算成績:720勝753敗46休 勝率.489
  • 幕内成績:472勝567敗26休 勝率.454
  • 現役在位:119場所
  • 幕内在位:71場所
  • 三役在位:2場所(小結2場所)
  • 三賞:無し
  • 金星:1個(大乃国1個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1987年3月場所)
    • 序二段優勝:1回(1978年11月場所)

場所別成績[編集]

隆三杉 太一
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1976年
(昭和51年)
x (前相撲) 東序ノ口16枚目
4–3 
東序二段91枚目
2–5 
東序二段112枚目
6–1 
西序二段45枚目
4–3 
1977年
(昭和52年)
西序二段21枚目
4–3 
西三段目84枚目
2–5 
西序二段16枚目
3–4 
西序二段28枚目
5–2 
西三段目89枚目
4–3 
東三段目69枚目
1–6 
1978年
(昭和53年)
東序二段9枚目
5–2 
東三段目62枚目
5–2 
西三段目28枚目
2–5 
東三段目52枚目
3–4 
西三段目66枚目
1–1–5 
東序二段11枚目
優勝
6–1
1979年
(昭和54年)
東三段目47枚目
5–2 
東三段目20枚目
5–2 
東幕下59枚目
4–3 
西幕下48枚目
3–4 
西幕下59枚目
4–3 
西幕下47枚目
5–2 
1980年
(昭和55年)
西幕下26枚目
5–2 
東幕下17枚目
5–2 
西幕下6枚目
4–3 
西幕下4枚目
3–4 
東幕下9枚目
5–2 
東幕下4枚目
5–2 
1981年
(昭和56年)
西十両13枚目
10–5 
西十両4枚目
8–7 
西十両筆頭
8–7 
西前頭12枚目
6–9 
西十両2枚目
10–5 
東前頭10枚目
0–4–11[9] 
1982年
(昭和57年)
西十両7枚目
休場
0–0–15
西十両7枚目
7–8 
西十両10枚目
9–6 
東十両4枚目
10–5 
西前頭12枚目
5–10 
西十両4枚目
6–9 
1983年
(昭和58年)
東十両9枚目
5–10 
東幕下4枚目
4–3 
西幕下2枚目
6–1 
西十両10枚目
9–6 
西十両6枚目
9–6 
西十両3枚目
10–5 
1984年
(昭和59年)
西前頭13枚目
8–7 
東前頭10枚目
8–7 
東前頭5枚目
5–10 
東前頭12枚目
9–6 
西前頭5枚目
4–11 
西前頭13枚目
8–7 
1985年
(昭和60年)
東前頭11枚目
8–7 
西前頭8枚目
8–7 
東前頭4枚目
5–10 
東前頭10枚目
8–7 
東前頭5枚目
5–10 
東前頭12枚目
8–7 
1986年
(昭和61年)
西前頭8枚目
8–7 
東前頭5枚目
6–9 
西前頭10枚目
8–7 
西前頭6枚目
9–6 
東前頭筆頭
休場
0–0–15
東前頭14枚目
7–8 
1987年
(昭和62年)
東十両2枚目
6–9 
東十両7枚目
優勝
13–2
西十両筆頭
8–7 
西前頭13枚目
9–6 
東前頭7枚目
8–7 
東前頭筆頭
3–12
1988年
(昭和63年)
西前頭12枚目
9–6 
西前頭5枚目
8–7 
東前頭2枚目
3–12 
西前頭11枚目
10–5 
東前頭3枚目
5–10 
東前頭8枚目
8–7 
1989年
(平成元年)
西前頭3枚目
6–9 
西前頭6枚目
6–9 
東前頭9枚目
8–7 
西前頭6枚目
5–10 
西前頭12枚目
8–7 
西前頭8枚目
5–10 
1990年
(平成2年)
西前頭12枚目
9–6 
西前頭7枚目
6–9 
東前頭10枚目
8–7 
西前頭6枚目
8–7 
東前頭2枚目
6–9 
東前頭6枚目
9–6 
1991年
(平成3年)
西小結
2–13 
西前頭11枚目
9–6 
東前頭5枚目
5–10 
西前頭11枚目
9–6 
西前頭7枚目
8–7 
西前頭4枚目
5–10 
1992年
(平成4年)
西前頭12枚目
8–7 
東前頭7枚目
7–8 
西前頭8枚目
8–7 
西前頭5枚目
7–8 
東前頭7枚目
9–6 
西前頭筆頭
8–7 
1993年
(平成5年)
西小結
4–11 
東前頭6枚目
8–7 
西前頭2枚目
5–10 
東前頭7枚目
7–8 
西前頭8枚目
8–7 
西前頭3枚目
4–11 
1994年
(平成6年)
西前頭10枚目
8–7 
西前頭4枚目
5–10 
西前頭10枚目
7–8 
西前頭12枚目
9–6 
東前頭6枚目
6–9 
東前頭11枚目
6–9 
1995年
(平成7年)
西前頭15枚目
8–7 
東前頭14枚目
10–5 
西前頭2枚目
4–11 
東前頭9枚目
6–9 
西前頭12枚目
2–13 
西十両7枚目
引退
0–4–
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 金尾 隆(かなお たかし)1976年5月場所-1977年3月場所
  • 二子錦 隆(ふたごにしき たかし)1977年5月場所-1979年9月場所
  • 隆三杉 貴士(たかみすぎ たかし)1979年11月場所-1990年1月場所
  • 隆三杉 太一(- たかかつ)1990年3月場所-1995年11月場所

年寄変遷[編集]

  • 藤島 太一(ふじしま たかかつ)1995年11月-2000年3月
  • 音羽山 太一(おとわやま -)2000年3月-2004年3月
  • 常盤山 太一(ときわやま -)2004年3月-2016年4月
  • 千賀ノ浦 太一(ちがのうら たいち[10])2016年4月-

レコード[編集]

A面 作詞:さいとう大三、作曲:沖田宗丸、編曲:京建輔
B面 作詞:もず唱平、作曲:沖田宗丸、編曲:京建輔

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p27
  2. ^ Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春秋、2017年4月10日)p88-90
  3. ^ 角界「異名」列伝 ウルフの時代 時事ドットコム
  4. ^ しかも、満腹になったからではなく、肉を噛み過ぎて顎がくたびれたために食べることをやめたという。
  5. ^ “貴乃花親方の離脱で貴乃花一門が消滅「阿武松グループ」として活動へ - ライブドアニュース” (日本語). ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/14905353/ 2018年9月21日閲覧。 
  6. ^ “阿武松、錣山親方ら9人、二所ノ関一門に加入” (日本語). サンスポ. https://www.sanspo.com/sports/news/20180921/sum18092123270019-n1.html 2018年9月21日閲覧。 
  7. ^ “千賀ノ浦部屋 on Twitter” (日本語). Twitter. https://twitter.com/chiganoura_beya/status/1047795559401119744 2018年11月1日閲覧。 
  8. ^ “千賀ノ浦親方「どの子も我が子」 旧貴乃花部屋力士を歓迎する粋な一筆|ニフティニュース” (日本語). ニフティニュース. https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-340564/ 2018年11月1日閲覧。 
  9. ^ 左足首関節捻挫により4日目から途中休場
  10. ^ Chiganoura Beya - Nihon Sumo Kyokai Official Grand Sumo Home Page 日本相撲協会公式サイト(英語版)の相撲部屋紹介より

関連項目[編集]