青葉城幸雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青葉城 幸雄 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 大庄司 幸雄→青葉城 幸雄
本名 庄司 幸雄
生年月日 (1948-11-14) 1948年11月14日(69歳)
出身 宮城県仙台市太白区
身長 181cm
体重 152kg
BMI 46.40
所属部屋 押尾川部屋(入門時は二所ノ関部屋
得意技 左四つ、寄り、吊り
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 789勝841敗(134場所)
幕内戦歴 429勝501敗(62場所)
優勝 十両優勝1回
幕下優勝1回
敢闘賞1回
データ
初土俵 1964年3月場所[1]
入幕 1975年1月場所[1]
引退 1986年7月場所[1]
引退後 年寄・不知火
備考
金星1個(北の湖1個)
通算連続出場記録歴代1位(1630回)
2013年11月24日現在

青葉城 幸雄(あおばじょう ゆきお、1948年11月14日- )は、宮城県仙台市太白区出身で、1970年代から1980年代にかけて活躍した大相撲力士押尾川部屋(入門時は二所ノ関部屋)に所属した。本名は庄司 幸雄(しょうじ ゆきお)。現役時代の体格は181cm、152kg。得意手は左四つ、寄り、吊り。最高位は西関脇1983年7月場所)[1]

来歴・人物[編集]

中学時代はサッカー部に所属していた一方で、小学5年生の頃から自転車やサッカースパイクを買うために新聞配達を行っていた。この新聞配達を冬の雪の中でもひたすら行ったことが、健康面や精神面の修養に効果をもたらした。[2]相撲経験は皆無であったが、横綱大鵬のような力士になりたいと卒業直前に力士を志し、アルバイトで貯めた金で上京して大鵬が所属する二所ノ関部屋に出向き入門を許可された。卒業後に入門し、1964年3月場所で初土俵を踏んだ。同期の初土俵には、後の関脇・高見山、同・黒姫山らがいる。本人は、「自分は亀、同期生らがいたからここまで来れた」と語る。

なお当初の四股名は、本名に因んだ「大庄司」であった。

入門前に相撲経験がなかったため、幕下でやや苦労したが、1971年5月場所で十両に昇進した。そして、これを機に「大庄司」から、故郷・仙台市にある仙台城の別名に由来する「青葉城」へ改名。

十両でも3年近く苦戦したが、1974年11月場所では上位で10勝5敗と大勝ちし、これを手土産に翌1975年1月場所にて新入幕を果たした。

幕内4場所目の同年7月場所では、終盤まで優勝争いに加わり、横綱・北の湖を破るなど活躍。最終的に、13勝2敗で優勝した同部屋の後輩・金剛に次ぐ12勝3敗という好成績を収め、生涯唯一の三賞(敢闘賞)を受賞した[1]。翌9月場所では、新三役となる小結に昇進するも、6勝9敗と負け越して1場所で平幕に逆戻り。同場所後には、押尾川親方(元大関大麒麟)の独立騒動に巻き込まれてしまい、押尾川部屋に移籍した。

もみ上げを伸ばした古風な風貌と本格的な左四つの型[1]に風格があり、ガッチリとした胸厚の堂々の体格と腕力を活かした自分十分の型になると横綱とも互角に相撲を取り、反面型にならないとあっさりと土俵を割ってしまうことも多かった。また、時には対戦力士に気を遣い過ぎる面もあり、「北の湖二世」と呼ばれて将来を嘱望された小沼を負傷させた際には相手に恨まれたこともあってかかなり気落ちした。そのため、しばらくは成績も伸び悩んだ。

1980年11月場所では十両に陥落したものの、1981年7月場所で十両優勝を果たしたのを機に翌9月場所、幕内へ復帰。再入幕に1年近くを要したが、吊り技に磨きをかけ、1983年7月場所では最高位となる西関脇まで番付を上げた。青葉城にとっては、1975年9月場所以来、47場所ぶりの三役へのカムバックであった。

これは、三役陥落から同復帰までの場所数では、現在でも大相撲史上1位の記録。

また、34歳8ヵ月という年齢での新関脇昇進は三賞制定後の1947年以降では、3位の年長記録(現在の1位は、2014年9月場所にて35歳2ヵ月で昇進した豪風。2位は、1957年11月場所に於いての北の洋で、34歳9ヵ月)。その他、初土俵から関脇初昇進までにかかった年数と所要場所数に於いては、現在(※2014年9月現在)でも歴代1位の記録である。

なお、同場所では4勝11敗と大きく負け越し、三役では1度も勝ち越せずに終わった。

三役から陥落した後も長く幕内上位で相撲を取り続けたが、次第に体力の衰えが隠せなくなり1986年3月、再び十両に陥落。そして、同年7月場所11日目、幕下の綛田(後の関脇・栃乃和歌)に敗れた一番を最後に現役を引退した(なお、翌日に組まれていた魄龍との一番は、不戦敗扱いとなった)。

15歳6ヵ月で序ノ口に付いてから37歳8ヵ月で引退するまで休場が1度もなく(「休場は棄権」という信条を持っていた)[1]「丈夫で長持ち」と言われ、初土俵(序ノ口)以来の連続出場記録保持者としてギネスブックにも登録された。引退してからもなお、停年に至るまで内臓疾患と無縁の健康体が取り柄であり、この長所は大記録と決して無関係でないと言える。[3]

引退後は年寄・不知火を襲名し、押尾川部屋、尾車部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たった。特に、18年間継続して巡業部の職務を担当したことが年寄としての主だった貢献であった。

又、2006年2月から2012年1月までは副理事(就任当初は監事)を務めた。NHKの大相撲放送では、千秋楽の中入り後解説(向正面)を担当することが多かった。2013年11月場所中に65歳の誕生日を迎え、同場所限りで日本相撲協会を停年(定年)退職した。その11月場所中、5日目の大相撲中継で、ゲストとして登場した際に前述の独立騒動を印象深く思っていると話していた。[4]

親族の不祥事[編集]

2013年5月8日、長男が3月4日に有楽町丸井で、バナナマンのマネージャーを騙って谷桃子から手荷物を騙し取ったとして窃盗容疑で逮捕された[5]。3月にも、2月21日に渋谷でスカウトを装って女性の財布から現金を抜き取った窃盗容疑で逮捕されており[6]、同じ手口で30件もの余罪が疑われているという[7]

主な戦績[編集]

  • 通算成績:789勝841敗 勝率.484
  • 幕内成績:429勝501敗 勝率.462
  • 現役在位:134場所
  • 幕内在位:62場所
  • 三役在位:2場所(関脇1場所、小結1場所)
  • 金星:1個(北の湖:1個(1975年7月場所))
  • 連続出場回数:1630回(歴代1位。通算出場回数としては、歴代5位。1964年5月場所-1986年7月場所)[1]
  • 三賞:1回
    • 敢闘賞:1回(1975年7月場所)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1981年7月場所)
    • 幕下優勝:1回(1970年11月場所)

場所別成績[編集]

青葉城 幸雄
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1964年
(昭和39年)
x (前相撲) 東 序ノ口 #24
3–4 
東 序二段 #131
5–2 
西 序二段 #74
3–4 
東 序二段 #84
5–2 
1965年
(昭和40年)
西 序二段 #33
2–5 
東 序二段 #65
4–3 
西 序二段 #35
1–6 
東 序二段 #70
2–5 
西 序二段 #87
4–3 
西 序二段 #46
3–4 
1966年
(昭和41年)
東 序二段 #65
5–2 
東 序二段 #25
6–1 
西 三段目 #71
5–2 
西 三段目 #29
4–3 
東 三段目 #10
4–3 
西 幕下 #89
3–4 
1967年
(昭和42年)
西 幕下 #98
3–4 
西 三段目 #7
4–3 
西 三段目 #39
4–3 
西 三段目 #22
3–4 
西 三段目 #30
5–2 
西 三段目 #6
4–3 
1968年
(昭和43年)
西 幕下 #55
4–3 
東 幕下 #44
5–2 
東 幕下 #52
5–2 
東 幕下 #39
5–2 
西 幕下 #26
3–4 
東 幕下 #31
4–3 
1969年
(昭和44年)
西 幕下 #25
3–4 
西 幕下 #31
4–3 
西 幕下 #25
4–3 
東 幕下 #22
5–2 
東 幕下 #10
4–3 
東 幕下 #8
4–3 
1970年
(昭和45年)
東 幕下 #7
2–5 
西 幕下 #15
3–4 
西 幕下 #20
4–3 
東 幕下 #15
5–2 
東 幕下 #7
3–4 
東 幕下 #12
優勝
6–1
1971年
(昭和46年)
東 幕下 #4
4–3 
西 幕下 #2
5–2 
西 十両 #12
8–7 
西 十両 #9
8–7 
東 十両 #8
7–8 
西 十両 #9
7–8 
1972年
(昭和47年)
西 十両 #10
9–6 
東 十両 #4
8–7 
西 十両 #2
5–10 
東 十両 #7
6–9 
東 十両 #9
7–8 
東 十両 #10
9–6 
1973年
(昭和48年)
西 十両 #4
3–12 
西 十両 #13
2–13 
東 幕下 #10
4–3 
東 幕下 #9
5–2 
西 幕下 #5
4–3 
東 幕下 #3
4–3 
1974年
(昭和49年)
東 幕下 #1
5–2 
西 十両 #12
9–6 
東 十両 #7
8–7 
西 十両 #5
7–8 
西 十両 #6
8–7 
東 十両 #3
10–5 
1975年
(昭和50年)
西 前頭 #11
8–7 
東 前頭 #10
8–7 
東 前頭 #7
8–7 
東 前頭 #5
12–3
東 小結
6–9 
東 前頭 #3
6–9 
1976年
(昭和51年)
西 前頭 #5
8–7 
西 前頭 #2
6–9 
東 前頭 #5
9–6 
西 前頭 #1
8–7 
東 前頭 #1
3–12 
東 前頭 #8
8–7 
1977年
(昭和52年)
東 前頭 #5
6–9 
西 前頭 #8
9–6 
西 前頭 #2
7–8 
西 前頭 #3
6–9 
東 前頭 #7
7–8 
東 前頭 #8
7–8 
1978年
(昭和53年)
東 前頭 #9
8–7 
西 前頭 #5
8–7 
東 前頭 #3
3–12 
西 前頭 #12
9–6 
西 前頭 #6
8–7 
東 前頭 #5
6–9 
1979年
(昭和54年)
西 前頭 #8
9–6 
西 前頭 #2
3–12 
西 前頭 #9
8–7 
東 前頭 #6
6–9 
東 前頭 #11
10–5 
西 前頭 #3
5–10 
1980年
(昭和55年)
西 前頭 #7
6–9 
東 前頭 #12
9–6 
西 前頭 #7
4–11 
東 前頭 #13
8–7 
東 前頭 #11
4–11 
西 十両 #4
8–7 
1981年
(昭和56年)
東 十両 #2
7–8 
西 十両 #2
6–9 
西 十両 #6
8–7 
西 十両 #2
優勝
10–5
西 前頭 #11
8–7 
西 前頭 #7
7–8 
1982年
(昭和57年)
西 前頭 #8
8–7 
西 前頭 #3
7–8 
東 前頭 #5
7–8 
西 前頭 #6
8–7 
東 前頭 #3
4–11 
東 前頭 #10
9–6 
1983年
(昭和58年)
西 前頭 #4
6–9 
東 前頭 #8
8–7 
西 前頭 #1
8–7 
西 関脇
4–11 
東 前頭 #5
7–8 
東 前頭 #6
8–7 
1984年
(昭和59年)
東 前頭 #2
6–9 
西 前頭 #3
6–9 
西 前頭 #6
7–8 
西 前頭 #9
8–7 
東 前頭 #5
4–11 
西 前頭 #11
10–5 
1985年
(昭和60年)
東 前頭 #3
6–9 
西 前頭 #5
6–9 
西 前頭 #9
8–7 
東 前頭 #5
5–10 
西 前頭 #11
8–7 
西 前頭 #6
6–9 
1986年
(昭和61年)
東 前頭 #12
4–11 
東 十両 #4
8–7 
東 十両 #2
4–11 
西 十両 #10
引退
4–8–0
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 大庄司 幸雄(おおしょうじ ゆきお)1964年5月場所-1971年3月場所
  • 青葉城 幸雄(あおばじょう -)1971年5月場所-1986年7月場所

年寄変遷[編集]

  • 不知火 幸雄(しらぬい ゆきお)1986年7月-2013年11月

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p25
  2. ^ 『相撲』2013年11月号76頁
  3. ^ 『相撲』2013年11月号78頁
  4. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年2月号103頁
  5. ^ 谷桃子だまされた!元青葉城息子を逮捕 日刊スポーツ2013年5月9日
  6. ^ 元青葉城の長男逮捕 スカウト名乗り、女性から窃盗容疑 毎日新聞2013年3月8日
  7. ^ 【衝撃事件の核心】ニセの芸能スカウトはドロボーだった… 捜査員も失笑する関取2世の“甘ったれ人生”1/42/43/44/4 産経新聞2013年3月30日

関連項目[編集]