皇司信秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
皇司信秀 Sumo pictogram.svg
Otsukasa 08 Sep.jpg
2008年9月場所、国技館に入る皇司
基礎情報
四股名 大内→皇司
本名 大内信英
生年月日 (1971-02-18) 1971年2月18日(46歳)
出身 兵庫県三木市福井
身長 175cm
体重 152kg
BMI 49.63
所属部屋 入間川
得意技 突き、押し、寄り、いなし、猫だまし
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭4枚目
生涯戦歴 616勝660敗2休(97場所)
幕内戦歴 184勝266敗(30場所)
優勝 十両優勝2回
幕下優勝1回
データ
初土俵 1993年3月場所
入幕 1999年9月場所
引退 2009年3月場所
趣味 ビデオ鑑賞
備考
2013年4月15日現在

皇司 信秀(おうつかさ のぶひで、1971年2月18日 - )は、兵庫県三木市福井出身で入間川部屋所属の元大相撲力士、現若藤親方。得意手は突き、押し、寄り、いなし、猫騙しアマチュア相撲出身。最高位は西前頭4枚目(2001年7月場所)。身長175cm、体重152kg。趣味はビデオ鑑賞。本名は大内 信英(おおうち のぶひで)、血液型はA型。

来歴[編集]

兵庫県三木市福井出身の金属加工業の二男である。祖父と父が相撲好きだった影響で三木市立三樹小学校6年の時からの時から相撲好きで力士を志し、三木市立三木中学校で相撲を始め、相撲部(現在は廃部)に入部し、全国大会に出場した[1]市川高校相撲部では国民体育大会全国高等学校相撲選手権大会で団体優勝に貢献し、日本大学相撲部では全日本相撲選手権大会で活躍した。高校と大学では大日ノ出の1年後輩である。1993年3月場所、日大同学年の白崎と共に入間川部屋から初土俵を踏む。新関取を機に苗字の読みからヒントを得て皇司に改名した。

当初は右下手半身で寄る取り口で、特に大兵には体格で負けて勝ち味が遅く十両で低迷したが、立合いからの突き押しで離れて動き回る相撲が増えてからは強味を増して1999年9月場所に入幕を果たした。2001年7月場所には自己最高位の西前頭4枚目まで番付を上げ、2002年にかけて幕内に定着したものの、その後は次第に十両へ落ちることが多くなった。2005年11月場所には十両下位まで転落したが、そこから這い上がって、2006年1月場所は西十両4枚目で10勝5敗と大勝し、2005年3月場所以来1年ぶりの幕内復帰を果たしたが、4勝11敗と負け越して再び十両に陥落した。このように幕内では勝ち越せないが(新入幕以後、幕内での10度の勝ち越しはすべて8勝である)、十両では地力を見せつけ大勝することが多かった。幕内で2場所連続で負け越し、東十両筆頭で迎えた2007年3月場所には、11勝4敗で十両優勝次点の好成績を挙げている。しかし、10回目の入幕と史上3位の記録となった翌5月場所では、初日から10連敗してしまい4勝11敗だった。

また、2005年11月場所中の琴ノ若の引退で、2005年11月場所千秋楽時点で現役最高齢関取となった。30歳代半ばを迎えてもキビキビした動きは衰えず、相撲中継でもたびたび「関取最年長とは思えないほど動きは若い」と評されていた。

2008年1月場所、西十両4枚目で9勝6敗と勝ち越し、3月場所で11回目の入幕を決めた。37歳0カ月での幕内復帰は戦後3位の高齢記録で、入幕回数11回は昭和以降3位。この場所は初日から4連勝し、上記の不名誉な記録を脱却できるかと思われたが、5日目から10連敗してしまい結局5勝10敗と負け越し、十両へ陥落した。

東十両12枚目で迎えた2009年3月場所、4日目に勝ったものの、12日目終了の時点で1勝11敗と大不振に陥った。右肩を痛めたとの診断書を提出し、翌13日目から幕下時代の1993年7月場所以来15年半ぶりの休場。翌3月28日に引退、年寄若藤として後進の指導にあたることとなった。

日本相撲協会の業務では、現在は名古屋場所担当の主任を務めている。私生活では、2013年10月13日に、ダイエット目的で通っていたスポーツ関連施設で出会ったという女性と結婚した[2]

略歴[編集]

  • 1993年 - 日本大学相撲部を経て入間川部屋入門。3月場所初土俵。
  • 1996年 - 1月場所、新十両(四股名を本名の大内 信英改め皇司 信秀
  • 1999年 - 5月場所、十両優勝。9月場所に新入幕。
  • 2005年 - 1月場所、2度目の十両優勝。
  • 2009年 - 3月場所14日目に引退、年寄・若藤として入間川部屋の部屋付き親方となる。

エピソード[編集]

  • 幕内土俵入りであわや遅刻と言う失態を犯した事がある。土俵入りの列に割って入り、四股名を呼ばれる寸前でギリギリ間に合った。

主な成績[編集]

  • 通算成績:616勝660敗2休 勝率.483
  • 幕内成績:184勝266敗 勝率.409
  • 現役在位:97場所
  • 幕内在位:30場所

各段優勝[編集]

  • 十両優勝:2回 (1999年5月場所、2005年1月場所)
  • 幕下優勝:1回 (1993年5月場所)

場所別成績[編集]

皇司信秀[3]
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1993年
(平成5年)
x 幕下付出 #60
4–3 
西 幕下 #48
優勝
7–0
東 幕下 #5
3–3–1 
西 幕下 #10
2–5 
東 幕下 #22
2–5 
1994年
(平成6年)
東 幕下 #40
3–4 
西 幕下 #52
5–2 
西 幕下 #31
2–5 
西 幕下 #48
5–2 
西 幕下 #30
5–2 
西 幕下 #19
4–3 
1995年
(平成7年)
西 幕下 #14
4–3 
西 幕下 #9
5–2 
西 幕下 #4
5–2 
東 幕下 #1
2–5 
東 幕下 #16
6–1 
東 幕下 #3
5–2 
1996年
(平成8年)
西 十両 #12
4–11 
西 幕下 #6
2–5 
東 幕下 #18
6–1 
東 幕下 #3
4–3 
東 幕下 #2
5–2 
西 十両 #12
8–7 
1997年
(平成9年)
西 十両 #8
8–7 
西 十両 #6
6–9 
西 十両 #9
8–7 
東 十両 #7
5–10 
東 十両 #12
8–7 
西 十両 #7
6–9 
1998年
(平成10年)
東 十両 #11
6–9 
東 幕下 #1
4–3 
東 十両 #12
9–6 
西 十両 #7
6–9 
西 十両 #11
9–6 
西 十両 #8
6–9 
1999年
(平成11年)
西 十両 #11
8–7 
東 十両 #10
9–6 
東 十両 #6
優勝
11–4
東 十両 #1
9–6 
東 前頭 #14
8–7 
西 前頭 #11
8–7 
2000年
(平成12年)
西 前頭 #10
5–10 
東 十両 #1
6–9 
東 十両 #3
9–6 
西 前頭 #12
8–7 
東 前頭 #11
6–9 
東 前頭 #13
5–10 
2001年
(平成13年)
西 十両 #3
10–5 
東 前頭 #12
8–7 
東 前頭 #8
8–7 
西 前頭 #4
4–11 
西 前頭 #9
7–8 
東 前頭 #11
8–7 
2002年
(平成14年)
西 前頭 #7
8–7 
西 前頭 #5
6–9 
東 前頭 #7
7–8 
東 前頭 #9
5–10 
西 前頭 #12
5–10 
西 十両 #3
10–5 
2003年
(平成15年)
東 前頭 #13
4–11 
西 十両 #2
9–6 
西 前頭 #14
8–7 
西 前頭 #10
5–10 
東 前頭 #15
8–7 
西 前頭 #13
5–10 
2004年
(平成16年)
東 十両 #2
8–7 
西 十両 #1
7–8 
西 十両 #2
9–6 
西 前頭 #14
8–7 
西 前頭 #13
3–12 
西 十両 #4
5–10 
2005年
(平成17年)
西 十両 #7
優勝
12–3
西 前頭 #16
4–11 
西 十両 #4
9–6 
西 十両 #1
4–11 
東 十両 #8
6–9 
東 十両 #11
10–5 
2006年
(平成18年)
西 十両 #4
10–5 
西 前頭 #15
4–11 
東 十両 #5
6–9 
東 十両 #8
9–6 
東 十両 #5
10–5 
東 前頭 #15
7–8 
2007年
(平成19年)
西 前頭 #16
7–8 
東 十両 #1
11–4 
東 前頭 #11
4–11 
東 前頭 #17
6–9 
東 十両 #2
7–8 
西 十両 #3
7–8 
2008年
(平成20年)
西 十両 #4
9–6 
東 前頭 #16
5–10 
西 十両 #4
5–10 
東 十両 #10
7–8 
西 十両 #12
9–6 
東 十両 #4
5–10 
2009年
(平成21年)
東 十両 #8
6–9 
東 十両 #12
引退
1–12–0[4]
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

四股名改名歴[編集]

  • 大内 信英(おおうち のぶひで)1993年3月場所-1995年11月場所
  • 皇司 信秀(おうつかさ -)1996年1月場所-2009年3月場所

年寄名改名歴[編集]

  • 若藤 信秀(わかふじ のぶひで) 2009年3月28日 - 2009年6月28日
  • 若藤 信英(わかふじ のぶひで) 2009年6月29日 -

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『三木市立三木中学校 創立50周年記念誌 50年のあゆみ』 株式会社前田精版印刷所、三木市立三木中学校、2011年3月15日、初版第1刷。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 50年のあゆみ p57
  2. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2014年10月号(秋場所総決算号) 127頁
  3. ^ 皇司 信秀 力士情報”. sumodb. 2012年4月7日閲覧。
  4. ^ 13日目に引退、年寄若藤襲名。

外部リンク[編集]