若の富士昭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若の富士 昭一(わかのふじ しょういち、1956年3月29日 - )は、東京都大田区出身で、九重部屋(一時、井筒部屋)に所属した大相撲力士。現在は実業家。本名は斎藤 昭一(さいとう しょういち)。得意手は左四つ、小手投げ上手投げ。最高位は東前頭2枚目(1982年9月場所)。現役時代の体格は190cm、150kg。

来歴・人物[編集]

中学生の頃は、剣道テニスで活躍。高輪高校に進学してからは、柔道を経験した。

九重親方(元横綱・千代の山)の知人が近所におり、その人に勧められて相撲の道へ進む事となった。

その後、九重部屋の横綱北の富士や親方自身のスカウトもあって、高校を半年足らずで中退し同部屋に入門。1971年9月場所にて、15歳で初土俵を踏んだ。なお、初土俵の同期には、後の関脇・鳳凰らがいる。

序二段時代の1974年、井筒親方(元・北の富士)が井筒部屋を創設すると、それについて移籍した。その後、1977年11月場所前に九重親方が亡くなり、井筒親方がその後を継いだ事で井筒部屋と九重部屋が合併。再度、九重部屋に戻る事となった。

以後、暫くは幕下上中位でもたついていたが、1981年3月場所にて新十両に昇進。左四つ相撲を得意とし、右の上手を取っての投げの他、相手の左を引っ張り込んで思いっ切り打つ小手投げが得意だった。新十両の場所では大きく負け越して1場所で幕下に陥落したが、11月場所で関取に返り咲くと今度は連続して勝ち越し、1982年3月場所で新入幕を果たした。

東前頭3枚目の地位で迎えた翌5月場所では、北の湖から4日目に金星を獲得している。

以降は主に幕内中位で活躍していたが、1984年11月場所の開催直前に、肝臓病が悪化した事を理由に28歳の若さで廃業した。なお同年10月、鈴木宗男(九重部屋元後援会長)の媒酌によって、浅田満ハンナン元会長、部落解放同盟大阪府連向野支部元副支部長)の長女と結婚している。

現在は、ハンナンのグループ企業である「株式会社 富士」(本社:大阪府羽曳野市。1985年設立、資本金3000万円、事業内容は「ステーキハウス ビッグジョー」「ちゃんこ鍋 味喰笑」の経営)の代表取締役を務めている。

なお、味喰笑敷地内には、八角部屋大阪場所宿舎がある。

主な戦績[編集]

  • 現役在位:79場所
  • 通算成績:359勝327敗27休 勝率.523
  • 幕内在位:10場所
  • 幕内成績:62勝76敗12休 勝率.449
  • 金星:1個(北の湖から。1982年5月場所4日目)

改名歴[編集]

  • 斎藤(さいとう、1971年9月場所)※前相撲のみ
  • 若の冨士(わかのふじ、1971年11月場所-1974年11月場所・1975年7月場所)
  • 若の富士(同上、1975年1月場所-同年5月場所・1975年9月場所-1984年11月場所)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]