1994年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1994年の相撲(1994ねんのすもう)は、1994年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、1月場所4日目、武双山が曙を上手投げで破り初金星。初土俵から7場所目での金星は史上最速。場所後の番付編成会議で貴ノ浪と武蔵丸が同時大関昇進。役員改選が行われ、理事長出羽海が2選、新理事に枝川
  • 3月、新弟子が多いため前相撲を2班に分けて、1日ごと交互に行うことが決まった、出世に必要な白星の数は3勝から2勝に変更された(この3月場所のみ)。式守錦太夫が28代式守伊之助に昇格。31日、26代式守伊之助死去、66歳。
  • 4月、春日野巡業部長が巡業日程の短縮、人員削減などを中心とした巡業改革案を打ち出し、説明会が全国から約50人の勧進元を集めて国技館で行われた。23日、22代木村庄之助死去、104歳。
  • 5月、呼出、床山の階級制度を改正。十枚目以上の呼出を番付に記載。床山は一等の上位に特等を設けた。
  • 7月、元前頭筆頭恵那櫻引退、年寄錣山襲名。巡業改革案を発表。新巡業は協会の自主興行となり、会場を5千人規模の大会場にするほか、参加人数や巡業日数の削減、ちゃんこを廃止し、バイキング形式の導入など。
  • 9月、貴ノ花の横綱昇進は見送られる。19日、23代木村庄之助死去、96歳。
  • 10月、6日に建都1200年記念行事、平安期の「相撲節会」が京都・平安神宮で再現。
  • 11月、11月場所後に貴乃花の横綱昇進が決まる。

大相撲[編集]

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p100