1980年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

< 1980年 | 1980年のスポーツ

1980年の相撲(1980ねんのすもう)は、1980年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、初場所千秋楽に当時の皇太子一家観戦。ニューヨーク公演正式中止。場所後の番付編成会議で増位山が大関に昇進。親子2代の大関は史上初めて。初土俵から99場所はスロー昇進記録。協会役員改選で理事長に春日野を4選。新理事に大鵬。巡業部副部長を2名とした。
  • 2月、新国技館設立の話し合いが都庁で理事長、国鉄、東京都、墨田区、台東区の5者が出席して行われた。
  • 3月、学生相撲出身の日本大学小谷が幕下付出。
  • 4月、大山部屋土俵開き。安治川部屋独立。朝日山部屋落成。
  • 5月、神幸が初土俵以来83場所で入幕。スロー出世記録。4日目、三段目獅子ヶ岩-若草戦で痛み分け。夏場所8日目、昭和天皇観戦。
  • 6月、立合い研修会が教習所で行われた。アメリカ国籍の高見山が日本に帰化。
  • 7月、新国技館について理事長記者会見。1983年着工、1984年末完成、1985年1月より使用予定。設計は1981年6月ごろより。
  • 9月、宮城野部屋が墨田区緑に落成。秋場所千秋楽、昭和天皇観戦。
  • 11月、九州場所3日目、横綱三重ノ海引退、年寄山科襲名。15日後、武蔵川に名跡変更。佐ノ山審判(元小結國登)解任。酒に酔って審判を務めたため。
  • 12月、鳴戸親方(元前頭9枚目大岩山)死去、61歳。両国移転本決まり。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前国技館・6日~20日)
    幕内最高優勝 : 三重ノ海剛司(15戦全勝,3回目)
     殊勲賞-栃赤城、敢闘賞-琴風、金城、技能賞-増位山
    十両優勝 : 大觥吉男(11勝4敗)
  • 三月場所(大阪府立体育館・9日~23日)
    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(13勝2敗,18回目)
     殊勲賞-朝汐、敢闘賞-琴風、技能賞-千代の富士
    十両優勝 : 大錦一徹(12勝3敗)
  • 五月場所(蔵前国技館・11日~25日)
    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(14勝1敗,19回目)
     殊勲賞-琴風、朝汐、敢闘賞-栃光、舛田山
    十両優勝 : 若島津六男(10勝5敗)
  • 七月場所(愛知県体育館・6日~20日)
    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(15戦全勝,20回目)
     殊勲賞-朝汐、敢闘賞-栃赤城、隆の里、技能賞-千代の富士
    十両優勝 : 高鐵山圭介(13勝2敗)
  • 九月場所(蔵前国技館・14日~28日)
    幕内最高優勝 : 若乃花幹士(14勝1敗,4回目)
     殊勲賞-隆の里、敢闘賞-青葉山、隆の里、技能賞-千代の富士
    十両優勝 : 富士櫻栄守(12勝3敗)
  • 十一月場所(九電記念体育館・9日~23日)
    幕内最高優勝 : 輪島大士(14勝1敗,14回目)
     殊勲賞-隆の里、舛田山、敢闘賞-佐田の海、技能賞-千代の富士
    十両優勝 : 大潮憲司(12勝3敗)
  • 年間最優秀力士賞(年間最多勝):北の湖敏満(77勝13敗)

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p82