大至伸行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大至 伸行(だいし のぶゆき、本名:高野 伸行1968年8月23日 - )は、茨城県日立市出身で押尾川部屋所属の元大相撲力士。最高位は東前頭3枚目(1996年7月場所)。力士時代の体格は182cm、172 kg。得意手は突き、押し、右四つ、寄り。現在は相撲甚句はもとよりライブ、ミュージカルまでこなすマルチ歌手として活動中、血液型はB型、星座は乙女座。

経歴[編集]

初土俵は1984年(昭和59年)3月場所。2002年(平成14年)3月場所をもって引退。準年寄となる。同年9月29日断髪式。

相撲甚句に絶品との評価が高く巡業や花相撲で重宝がられ、2003年6月には横綱貴乃花光司の引退に際して記念の甚句を披露した。

その後相撲協会を退職し、本格的に歌手としての活動を開始。コンサート、ディナーショー、トークショーなどを精力的に行っている。

2006年には、日本相撲協会主催の相撲指導員資格を取得。現在のところ、幕内経験者でこの資格を取得しているのは、大至の他に若翔洋俊一琴富士孝也の2名だけである。

エピソード[編集]

  • 大至は少年時代に場所の取組を終えて引き上げる北の湖を出待ちして、握手をしてもらったことがある。相撲協会を退職する際は、その北の湖から「俺が年寄名跡を用意するから日本相撲協会に残りなさい」と言われたが、大至は「歌手になる夢を追いかけます」として北の湖の慰留を断ったという[1]
  • 料理は食べるのも作るのも好き。2008年6月8日放送の日曜ビッグバラエティ・噂のくいしん坊家族では、チャーハンちゃんこ鍋トンカツ砂肝の炒め物などの料理を披露していた。普段から家族でバーベキューをしており、バーベキューでは必ず揚げ物を調理すると語っていた。
  • NHK大河ドラマ新選組!』にて江戸時代の大相撲力士・黒神を演じるが、それは現役時代の大至と異なるふさふさの髪の毛であった。
  • 大関貴ノ浪をはじめ、多くの力士の断髪式に出席しては甚句を披露している。
  • 日馬富士が貴ノ岩に対する暴行問題を引き起こした際に、2017年11月15日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」で、貴ノ岩が日馬富士に「あなたたちの時代は終わった」との発言に着目し、モンゴル出身力士の飲み会「モンゴル会」に参加した経験がある自身の体験を踏まえて「どんだけ酔っ払ってても先輩は先輩なんで。こういう発言は信じられないです」とコメントした[2]。さらに、そうした場に行った貴ノ岩の不注意にも責任があると話した[3]
  • 2018年4月4日に行われた大相撲舞鶴場所にて、多々見良三が倒れた際に救命処置で土俵に上がった医療関係者の女性に対する、大相撲の女人禁制を優先した対応が物議を醸したが、大至は自身のブログで「誰もが想定しなかった緊急事態。今後の相撲協会の、本場所や巡業運営に課題を残したし、そこは改善していかないといけないと思う」と前置きしたうえで「女性の中に安らぎを求める、力士のオアシスを、荒々しい土俵にあげることは、女性の皆様に失礼だと。危険だと。先人は判断したのだと考える。そして、我々の胸のうちもそうだと考える」と自分なりの見解を示している[4]

主な成績[編集]

  • 通算成績:574勝593敗21休(109場所) 勝率.492
  • 幕内在位:23場所
  • 幕内成績:145勝191敗9休 勝率.432

場所別成績[編集]

大至 伸行
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1984年
(昭和59年)
x (前相撲) 西序ノ口15枚目
6–1 
東序二段85枚目
3–4 
東序二段103枚目
5–2 
西序二段60枚目
5–2 
1985年
(昭和60年)
東序二段28枚目
0–7 
東序二段84枚目
3–4 
西序二段99枚目
6–1 
東序二段33枚目
4–3 
東序二段18枚目
3–4 
西序二段32枚目
4–3 
1986年
(昭和61年)
東序二段11枚目
5–2 
西三段目70枚目
1–6 
西序二段7枚目
6–1 
東三段目50枚目
2–5 
西三段目76枚目
4–3 
東三段目54枚目
4–3 
1987年
(昭和62年)
東三段目37枚目
4–3 
東三段目21枚目
休場
0–0–7
西三段目70枚目
4–3 
西三段目52枚目
3–4 
西三段目66枚目
6–1 
西三段目17枚目
2–5 
1988年
(昭和63年)
東三段目44枚目
4–3 
東三段目29枚目
2–5 
東三段目56枚目
6–1 
東三段目8枚目
2–5 
西三段目38枚目
4–3 
西三段目21枚目
4–3 
1989年
(平成元年)
東三段目8枚目
3–4 
東三段目22枚目
5–2 
東幕下56枚目
4–3 
西幕下42枚目
4–3 
西幕下30枚目
4–3 
西幕下19枚目
3–4 
1990年
(平成2年)
東幕下26枚目
2–5 
東幕下44枚目
3–4 
東幕下56枚目
5–2 
西幕下37枚目
4–3 
西幕下26枚目
6–1 
東幕下10枚目
5–2 
1991年
(平成3年)
西幕下3枚目
2–5 
西幕下14枚目
2–5 
西幕下33枚目
4–3 
東幕下23枚目
3–4 
西幕下31枚目
4–3 
西幕下21枚目
3–4 
1992年
(平成4年)
東幕下30枚目
2–2–3 
東幕下50枚目
4–3 
東幕下39枚目
4–3 
西幕下27枚目
5–2 
西幕下13枚目
4–3 
東幕下10枚目
5–2 
1993年
(平成5年)
東幕下3枚目
4–3 
東幕下筆頭
5–2 
東十両10枚目
6–9 
東十両13枚目
8–7 
東十両10枚目
8–7 
西十両7枚目
8–7 
1994年
(平成6年)
西十両5枚目
7–8 
西十両6枚目
11–4 
西十両筆頭
8–7 
東前頭15枚目
8–7 
西前頭14枚目
9–6 
東前頭6枚目
6–9 
1995年
(平成7年)
東前頭10枚目
8–7 
東前頭5枚目
3–12 
東前頭15枚目
8–7 
東前頭14枚目
8–7 
東前頭10枚目
8–7 
東前頭4枚目
3–12 
1996年
(平成8年)
西前頭13枚目
8–7 
西前頭7枚目
6–9 
東前頭11枚目
10–5 
東前頭3枚目
4–11 
西前頭7枚目
6–9 
西前頭13枚目
9–6 
1997年
(平成9年)
東前頭11枚目
8–7 
西前頭5枚目
5–10 
東前頭9枚目
5–10 
西前頭14枚目
2–4–9 
西十両6枚目
6–9 
西十両9枚目
9–6 
1998年
(平成10年)
東十両4枚目
6–9 
西十両7枚目
5–8–2 
西十両11枚目
10–5 
西十両3枚目
6–9 
東十両6枚目
7–8 
東十両7枚目
8–7 
1999年
(平成11年)
西十両5枚目
6–9 
東十両9枚目
8–7 
西十両6枚目
6–9 
西十両10枚目
9–6 
西十両7枚目
7–8 
東十両9枚目
8–7 
2000年
(平成12年)
東十両5枚目
5–10 
東十両9枚目
8–7 
東十両5枚目
8–7 
東十両3枚目
10–5 
西前頭14枚目
5–10 
東十両3枚目
9–6 
2001年
(平成13年)
東前頭13枚目
7–8 
西前頭14枚目
4–11 
西十両5枚目
8–7 
東十両筆頭
8–7 
東前頭15枚目
5–10 
東十両4枚目
6–9 
2002年
(平成14年)
東十両7枚目
6–9 
東十両9枚目
引退
3–12–0
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

タレント活動[編集]

ドラマ[編集]

  • NHK大河ドラマ 新選組!(2004年1/11-2/12) - 黒神役
  • 水戸黄門 第35部 第3話 「謎の美女の危険な賭け-高知ー」 (2005年10月24日) -刺客・呑龍 役
  • 水戸黄門 第42部 第2話「許すな相撲をけがす奴 -諏訪-」(2010年10月18日、TBS / C.A.L) - 大関・江戸錦 役

映画

Tokyo Loss (オープニング相撲甚句)

CM[編集]

楽曲[編集]

  • PS用ソフト『日本相撲協會公認 日本大相撲』(コナミ、2000年)エンディングテーマ
  • PS2用ソフト『日本相撲協會公認 日本大相撲 激闘本場所編』(コナミ、2002年)エンディングテーマ
  • CDアルバム『大至の甚句革命』(ベースボールマガジン社、2002年)
  • シングルCD『空に星がある限り』(ジンクジャパン、2004年)
  • CDアルバム『相撲甚句レジェンド〜競演、当地興行〜』(ウイング・エンタテイメント、2010年1月)
  • シングルCD『お龍と龍馬/我がやらねば誰がやる/いっしょの時間』(A-force NEXT、2010年12月)
  • シングルCD『天運: 横綱白鵬オフィシャル応援歌』("小田純平×大至"名義、エイフォース・エンタテイメント、2011年6月)

舞台[編集]

  • トツゲキ倶楽部「FIREBALL EXPERIENCE」(2008年)
  • ヘルパーズ!〜あなたがいる風景〜 (2008年10月16日-19日)
  • ヘルパーズ!〜あなたがいる風景〜 (2009年11月19日〜11月23日)
  • 「ミュージカル森は生きている」(2009年12月22日〜12月27日)

バラエティ[編集]

ニュース[編集]

ワイドショー[編集]

ドキュメンタリー[編集]

歴史情報[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北の湖理事長 『DAISHI・大至の喜びも悲しみも相撲甚句にのせて』(公式ブログ) 2015年11月21日付
  2. ^ 日馬富士暴行事件、発端に貴ノ岩と「相撲道が違う」横野レイコリポーターが指摘 2017年11月15日14時38分 スポーツ報知(報知新聞社、2017年11月15日閲覧)
  3. ^ 大至 貴ノ岩は貴乃花親方のやり方を望んでいるのかスポーツ報知 2017年12月8日
  4. ^ 元幕内・大至、土俵の女人禁制に「女性は力士のオアシス」と独自見解を示す 2018年4月7日15時28分 スポーツ報知(報知新聞社、2018年4月10日閲覧)
    力士と土俵と女性と DAISHI・大至の喜びも悲しみも相撲甚句にのせて 2018年04月07日(土) 14時16分27秒(2018年4月10日閲覧)より孫引き

外部リンク[編集]