堀口文宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

堀口文宏(ほりぐち ふみひろ、1974年9月25日 - )は、埼玉県坂戸市出身のタレント。O型。

来歴・人物[編集]

私立武蔵越生高等学校卒業。実家はガラス店である。1991年4月萩本欽一主宰欽ちゃん劇団1期生として入団した、川本成と、1994年1月に、「あさりど」としてコンビを組む。同年10月には「笑っていいとも!」9代目いいとも青年隊としてレギュラー出演。

その後、王様のブランチにレギュラー出演。ソロ活動もこなし、バラエティ、舞台中心に活動中。

プロ野球では地元球団の埼玉西武ライオンズのファンである。スポーツ好きが高じて、文化放送の「ライオンズナイター」でスタンドレポーターも務め、プロレスラーの秋山準と親交がある。

2010年に「箸検定」、「日本マナー検定初級」を取得。三重テレビ「ええじゃないか。」の番組企画で「検定お伊勢さん初級」も受験し、見事合格した。

2011年5月に行われた単独ライブ「題名のない堀口会」の中でけん玉検定に挑戦。見事「けん玉検定 五級」に合格する。

2012年5月、三重県のオススメを堀口文宏がチョイスした「ホリチョイ本」(白夜書房)を発売。

2012年10月20日、「小堺クンのおすましでSHOW」で共演した舞台女優後藤藍と入籍した[1]

2013年3月より「お宝三重県グルメ試食会」というライブを中野ダンキチ(映画ライター)と共に不定期で開催している。

2013年10月「みえの国観光大使」に就任。

2013年、息子を授かる。

2014年「検定お伊勢さん上級」に合格する。

2015年6月25日より、三重県志摩市のオススメ情報を紹介する「堀口文宏の志摩って行こうぜ!」がYouTubeにて配信スタート。

2015年9月7日、三重県のオススメを堀口文宏がチョイスした「ホリチョイ本-志摩・賢島編-」(ゼロ)を発売。

2016年11月17日、第2子女児が誕生[1]

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • '60 GS LIVE MUSICAL「I LOVE JOKERS」(2000年11月、博品館劇場)
  • '60 GS LIVE MUSICAL「I LOVE JOKERS」再演(2002年7月、博品館劇場・近鉄劇場)
  • '60 GS LIVE MUSICAL「I LOVE JOKERS」再々演(2003年10月、渋谷公会堂他)
  • ID-ZERO(2004年10月、六行会ホール)
  • Parasite Gypsy番外編 其の壱 LUCKY HORAA SHOW!!5~FIVE~(2005年2月、しもきた空間リバティ)
  • 小堺クンのおすましでSHOW20 ~20for・・・~(2005年8月、シアターアプル)
  • Mr.マリック超魔術団 MIRACLE DREAM Vol.2(2006年4月、博品館劇場)
  • 小堺クンのおすましでSHOW21 リトル・グランド・ウッズ(2006年8月、シアターアプル)
  • 明治座2月公演 仇討物語でんでん虫(2007年2月、明治座)
  • 小堺クンのおすましでSHOW22 スウィングしなけりゃ意味がナイ(2007年8月、シアターアプル)
  • 小堺クンのおすましでSHOW23 85-08(2008年8月、シアターアプル)
  • 歓喜の歌(よろこびのうた)(2008年11月、前進座劇場)
  • 平成21年 明治座初春公演「あらん はらん しらん」(2009年1月、明治座)
  • 25年目の小堺クンのおすましでSHOW イン グローブ座(2009年9月、東京グローブ座)
  • シェイクスピアレヴュー -笑いすぎたハムレット-(2009年12月、博品館劇場)
  • 小堺クンのおすましでSHOW25「卒業・・・?」~今年はノンストップ~(2010年9月、東京グローブ座)
  • 平成23年 明治座初春公演「いかん どっかん あっけらかん」」(2011年1月、明治座)
  • Produce unit【大森そして故林】喜劇工房VOL.2 ~後日、連絡します。~」(2011年6月、下北沢駅前劇場)
  • 小堺クンのおすましでSHOW26 ~プリズン・ブラザーズ~(2011年9月、東京グローブ座)
  • 小堺クンのおすましでSHOW27 ~サツ アカデミー~(2012年8月、東京グローブ座)
  • Produce unit【大森そして故林】更地8(2013年3月、シアター711)
  • 小堺クンのおすましでSHOW28 IN THE ****SHAREHOUSE(2013年9月、東京グローブ座)
  • 農業系ROCK★ミュージカル いただきます!~歌舞伎町伝説~(2014年3月、新宿FACE)
  • 小堺クンのおすましでSHOW29 A GANG IS HARD~ギャングはつらいよ~(2014年8月、東京グローブ座)
  • 激嬢ユニットバス第2回公演「シュレディンガーの猫たち」~8つの魂、荒ぶる、女ぶる~<日替わりゲスト>(2015年5月、サンモールスタジオ)
  • 小堺クンのおすましでSHOW30 THE 30 STEPS(2015年8月、東京グローブ座)

ライブ[編集]

  • あさりどLIVE
  • サミット(2001年6月、恵比寿・エコー劇場)
  • サミット2(2002年5月、恵比寿・エコー劇場)
  • サミット3(2003年5月、シアターVアカサカ)
  • あさりどシアター~Go!Four!SUMMIT~(2004年4月、シアターVアカサカ)
  • あさりどアンプラグド風ライブ(2005年4月、恵比寿・エコー劇場)
  • あさりどライブ2006 なんでそうならないの?(2006年5月、恵比寿・エコー劇場)
  • あさりどライブ2007 裕子の手帖~(2007年4月、笹塚ファクトリー)
  • あさりどライブ2008 裕子の涙(2008年5月、笹塚ファクトリー)
  • あさりどライブin名古屋 裕子と名古屋(2008年10月、CLUB SARU)
  • 題名のない堀口会
  • vol.1 エアーライブ(2006年12月、しもきた空間リバティ)
  • vol.2 堀口文宏ひとり芝居~百八つ数えろ!~(2007年12月、しもきた空間リバティ)
  • vol.3 VS(2008年10月、しもきた空間リバティ)
  • vol.4 1日限りの堀口学園(2010年5月、Com.Cafe音倉)
  • vol.5 1日限りの堀口学園2011(2011年5月、Com.Cafe音倉)
  • 堀口文宏単独ライヴin津あけぼの座「1日限りの堀口学園~三重校開校~」(2011年3月、津あけぼの座)
  • 三重本出版記念「堀口文宏単独ライヴin津あけぼの座vol.2」(2011年12月、津あけぼの座)
  • 三重県お宝グルメ試食会&トークライブ
  • 第一回(2013年3月、Naked Loft)
  • 第二回(2013年7月、新宿ロフトプラスワン)
  • 第三回(2013年11月、新宿ロフトプラスワン)
  • 第四回(2014年4月、Com.Cafe音倉)

インターネット配信[編集]

  • 料理バラエティ「堀口亭」(2011年11月~2013年12月、USTREAM
  • 大乱闘スマッシュブラザーズfor Nintendo3DS 2on2(ニコニコ)プレミアムファイト(2014年11月、ニコニコ生放送
  • 年末ゲーム実況特番 大晦日ファイナルクエスト~自宅を警備するのは君だ~(大乱闘スマッシュブラザーズfor Wii Uコーナー)(2014年12月、ニコニコ生放送)
  • ニコニコ闘会議2015(大乱闘スマッシュブラザーズfor Wii Uステージ)(2015年1月、ニコニコ生放送)
  • ニコニコ超会議2015(大乱闘スマッシュブラザーズfor Wii Uステージ)(2015年4月、ニコニコ生放送)
  • 堀口文宏の志摩って行こうぜ!(2015年6月-、YouTube
  • 闘会議2016(闘会議GP レッドステージ総合MC)(2016年1月、ニコニコ生放送)

映画[編集]

  • Summer Nude(2003年7月公開)
  • 金髪スリーデイズ35℃/brother/umi-game(2003年10月公開)

書籍[編集]

  • ベースボールマガジン「あさりど・堀口文宏の清原和博に恩返し」連載(2008年7月号~2009年1月号、ベースボール・マガジン社
  • ベースボールマガジン隔月号「堀口遺産!」連載(2009年3月号~2010年3月号、ベースボール・マガジン社)
  • 三重県のオススメを堀口文宏がチョイスした「ホリチョイ本」(2012年5月、白夜書房
  • 野球小僧「ホリ出し!あの日、あの時」(2012年12月号、白夜書房)
  • 読む野球-9回勝負-「裏話ホリ出し!」連載(主婦の友社
  • 三重のタウン情報誌 月刊Simple「堀口文宏のまる三重な日々」連載(ゼロ)
  • 三重県のオススメを堀口文宏がチョイスした「ホリチョイ本-志摩・賢島編-」(2015年9月、ゼロ)

CD[編集]

  • トニー ~師匠の憂鬱~

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]