及川眠子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
及川 眠子
生誕 1960年2月10日(56歳)
出身地 日本の旗 日本,和歌山県和歌山市
ジャンル J-POP
アニメソング
活動期間 1985年 -

及川 眠子(おいかわ ねこ、1960年2月10日 - )は、日本作詞家和歌山県和歌山市出身。血液型B型

来歴・人物[編集]

高校生の頃にシンガーソングライターに憧れたが、ギターのFコードが弾けず作曲を断念[1]。タウン誌の編集、コピーライターなど12回の転職を経験後、1985年に車のPRソングの歌詞を募集する「三菱ミニカマスコットソングコンテスト」に応募した作品「パッシング・スルー」(歌:和田加奈子)が最優秀賞を受賞し、作詞家としてデビュー。「パッシング・スルー」は秋元康が補作詞をしているため、実質的なデビュー作はその8か月後のポピンズのアルバム収録曲「秘密100パーセント」「リップ・スキャンダル」。

フジパシフィック音楽出版(現フジパシフィックミュージック)所属時代には[1]WinkCoCoなど1980年代後半から1990年代前半のアイドルのヒット曲に多くの歌詞を提供した。1989年にはWinkの「淋しい熱帯魚」が第31回日本レコード大賞を、1994年にはやしきたかじんの「東京」が全日本有線放送大賞・読売テレビ最優秀賞を受賞した。また、1995年に発売された高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」は発売15年にして2011年JASRAC賞金賞(著作権分配額1位)を受賞した。この他、CMやミュージカルなどの作詞も手がけている。

あまり売れなかったが好きな自作曲として、池田聡の「僕は君じゃない」、大地真央の「ララバイ」を挙げている[2]

印税について、「エヴァンゲリオンはすごい。カラオケで歌われると1回につき1円から1・2円が入る。カラオケよりもパチンコの印税が高い」、年収について「パチンコの時は億、いきました。この四半世紀くらい年収は3000万円を切ったことはない」と明かしている。[3]

作詞作品[編集]

特撮、アニメ[編集]

校歌[編集]

  • 和歌山市立藤戸台小学校校歌「希望のしるし」(作曲:小坂明子[4]

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]