南青山少女歌劇団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南青山少女歌劇団(みなみあおやましょうじょかげきだん)は、11歳から18歳までの少女のみで構成された劇団である。略称として南少(なんしょう)。表記としてMSK(エムエスケー)を使う場合もある。2001年より活動休止中。

概要[編集]

劇団の所在地が東京都港区南青山にあったことから名付けられた。

1990年芸能事務所スペースクラフトのプロジェクトとして開始され、放送局のTBSとレコード会社のファンハウス(現・アリオラジャパン)が後にプロジェクトに加わり、劇団発足。同年8月に旗揚げ公演『天使の拍手が聞こえる街』(堤泰之演出)上演。

演出家・謝珠栄が初演出を行なった作品が、同劇団の公演『夏・遠い願いを抱いて~夢を信じて~』(1992年日本青年館)であった。ミュージカル公演が主な活動で、アイドルグループとして、CDビデオの発売やテレビの出演も行った。公演の模様はTBSテレビ、末期にはMXテレビの『主人公 NANSHO』で放映されていた。

スペースクラフトグループの単独プロジェクトになった頃より、劇団としてマンパワーに明確な不足が目立ち始めた。宝塚歌劇団出身の橘沙恵をプロデューサーに迎えるなど立て直しを図ったが、2001年8月の公演以降、実質的な活動休止状態に入った。

団員は不定期の公募オーディションで選ばれた。オーディション毎に、1期生から8期生まで存在した。妹グループとして「Nansho Kids」(ナンショーキッズ)があった(後述)。

主な出身者[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 夢を信じて(1992年6月25日)
  • 夢の冒険へ(1992年11月26日)- アニメ『スペースオズの冒険』主題歌。
  • SATURDAY NIGHT(1993年3月25日) - ベイ・シティ・ローラーズのカバー。
  • どうにかして!(1993年4月25日)- 大阪ガスCMソング。
  • 涙なんか(1993年5月26日)
  • SWEET&TOUGHNESS/思春期シックネス(1993年6月25日)
  • 天使がいっぱい(1993年11月1日)
  • MILLION KISS(1994年7月21日)

アルバム[編集]

  • START(1992年12月2日)
  • NATURAL HIGH!(1993年7月21日)

Nansho Kids[編集]

Nansho Kids(ナンショーキッズ)は、南青山少女歌劇団(南少)の妹グループである。ミュージカル公演が主な活動だった南少とは多少方向性が異なり、アイドルグループ的側面が大きい。現在は活動休止状態。

メンバー[編集]

  • No.01 伊藤彩華(現所属:セカンドステージ)
  • No.02 田畑亜弥(現所属:東宝芸能)
  • No.03 長谷川静香(現所属:スペースクラフト・エンタテインメント)
  • No.04 中台泉美(現所属:パール)
  • No.05 寺迫友里
  • No.06 岡崎愛
  • No.07 吉田有希(現所属:スペースクラフト・エンタテインメント)
  • No.08 伊藤夕紀
  • No.09 水谷光里
  • No.10 安野奈美
  • No.11 松井友里絵(現所属:キャナァーリ倶楽部)
  • No.12 みなみみな
  • No.13 七瀬もも
  • No.14 松本知世
  • No.15 桜井真子(現所属:アイムエンタープライズ)
  • No.16 ナナ
  • No.17 泉綾香
  • No.18 明坂聡美(現所属:アミュレート)
  • No.19 松崎夏希
  • No.20 清水彩花
  • No.21 山本愛星
  • No.22 居城エリカ
  • No.23 水野夏海
  • No.24 小南千明(現所属:ストロベリーカンパニー)
  • No.25 青木春菜
  • No.26 志村比芽子(現所属:アジア・ビジネス・パートナーズ)
  • No.27 畠山まどか
  • No.28 坂本恵美
  • No.29 佐藤絵理香
  • No.30 清水芽衣(現所属:ブロッサム・エンターテイメント)
  • No.31 青木茉耶
  • No.32 利根川鈴華
  • No.33 若菜茜

関連項目[編集]

外部リンク[編集]