サタデー・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サタデー・ナイト
ベイ・シティ・ローラーズシングル
初出アルバム『エジンバラの騎士
B面 イギリスの旗 Marlina
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1974年
ジャンル グラム・ロック
ポップ・ロック
時間
レーベル アリスタ・レコード
作詞・作曲 ビル・マーティン
フィル・クールター
プロデュース ビル・マーティン
フィル・クールター
ベイ・シティ・ローラーズ シングル 年表
"Love Me Like I Love You"
(1975)
"Saturday Night'"
(1975)
"Money Honey"
(1976)
ミュージックビデオ
"Saturday Night" (TopPop, 1976) - YouTube
テンプレートを表示

サタデー・ナイト」(: Saturday Night) は、スコットランドポップ・ロック・バンド、ベイ・シティ・ローラーズ1975年にリリースした楽曲。ビル・マーティン英語版フィル・クールター英語版のコンビが作詞・作曲・プロデュースを手掛け、リズミカルかつ熱狂的なヴォーカルで「SATURDAY」を「S-A-T-U-R-D-A-Y」と綴り出していくサビの部分が印象的なアップビートのロックナンバーである。

この曲のオリジナルを歌ったのはノビー・クラークであり、1973年イギリスでレコーディングされリリースされたが、チャート入りはしなかった[1]。1975年末に、「サタデー・ナイト」はアメリカ合衆国でリリースされてヒットし、1976年1月3日には、Billboard Hot 100 チャートの首位に立った[2]。この曲は、アメリカ合衆国が建国200周年を迎えた1976年Billboard Hot 100 で、最初に首位に立った曲であった。このバージョンは、1974年イギリスで発表されたアルバム『エジンバラの騎士 (Rollin')』に、ノビーに代わってボーカルとなったレス・マッコーエン英語版が歌って吹き込み直したものであった。このシングルは、カナダの音楽雑誌『RPM』のシングル・チャートでも、1976年1月10日付で首位となった[3]。この曲は、バンドにとって唯一の全米ナンバー・ワンとなったヒット曲である[2]

2019年には、Netflixの『Umbrella Academy』シリーズで、この曲が使用された。

日本での普及[編集]

日本では複数の「サタデー・ナイト」のシングルがリリースされている。いずれもレーベルはアリスタ・レコードで、Discogsのデータで1975年の発売とされている規格品番 BLPB-251-ARの盤(B面が「ベイ・シティ・ローラーズのテーマ (Shang-a-lang)」)[4][5]1976年3月20日の発売とされている規格品番 IER-10935-ARの盤(B面が「バイ・バイ・ベイビー (Bye Bye Baby)」)[1]のほか、曲名を「サタデイ・ナイト」としB面に「Hey! C.B.」を収めた1979年のシングル[6]や、CDの時代に入った後、CMで使用されたことをきっかけに1989年3月21日に再発された8センチCD(曲名表記は「サタデイ・ナイト」、2曲目は「ベイ・シティ・ローラーズのテーマ」)[7]、レーベルがBMGに代わり「サタデイ・ナイト」1曲が収録された2004年8センチCDがある[8]

チャート[編集]

週間チャート[編集]

チャート(1975/1976年) 最高位
オーストラリアの旗 オーストラリア (ケント・ミュージック・レポート 45
ベルギーの旗 ベルギーウルトラトップ 50、フランドル 5
カナダの旗 カナダ・トップ・シングルズ(RPM[3] 1
ドイツの旗 ドイツドイツ公式音楽チャート 10
オランダの旗 オランダネーダラントス・トップ40[9] 3
 ニュージーランドニュージーランド・レコード産業協会 7
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国スプリングボック・ラジオ英語版[10] 16
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国Billboard Hot 100[2] 1

年間チャート[編集]

チャート(1975年) 順位
カナダの旗 カナダ[11] 106
チャート(1976年) 順位
カナダの旗 カナダ[12] 33
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Billboard Hot 100[13] 64

カバー[編集]

イングランドのロック・バンドであるネッズ・アトミック・ダストビンは、マイク・マイヤーズ主演のロマンティック・コメディである1993年の映画ハネムーンは命がけ』のために、この曲をカバーした。その演奏はサウンドトラック・アルバムにも収録された。

カナダハードロック・バンドであるモンスター・トラック英語版は、『ホッケー・ナイト・イン・カナダ』の2017年/2018年のシーズンのために、この曲をカバーした[14]

後の楽曲への影響[編集]

トミー・ラモーンによれば、ラモーンズの「電撃バップ」における「Hey! Ho! Let's Go」というチャントは、「サタデー・ナイト」に示唆を受けたものだったという[15]

カナダのロック・バンドであるシンプル・プランは、2015年の楽曲「Saturday」のなかで、「サタデー・ナイト」の冒頭の「S-A-T-U-R-D-A-Y Night」のチャントを数カ所に挿入している[16]

日本男性アイドルグループロックバンドであるTOKIO2001年に発表した「カンパイ!!」は、この曲のリメイク・カバーとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 佐々木モトアキ (2019年3月20日). “ベイ・シティ・ローラーズの「Saturday Night」が日本で発売された日”. TAP the POP. 2019年5月8日閲覧。 -
  2. ^ a b c BAY CITY ROLLERS Chart History”. Billboard. 2019年5月8日閲覧。
  3. ^ a b Item Display - RPM - Library and Archives Canada”. Collectionscanada.gc.ca. 2016年10月10日閲覧。
  4. ^ Bay City Rollers ‎– Saturday Night - Discogs
  5. ^ 泉山真奈美 (2013年10月30日). “歴史を彩った洋楽ナンバー ~キーワードから読み解く歌物語~第104回 Saturday Night(1975/全米No.1)/ ベイ・シティ・ローラーズ(1966-2000)”. 三省堂. 2019年5月8日閲覧。
  6. ^ Bay City Rollers ‎– Saturday Night - Discogs - 1979年のシングル
  7. ^ Bay City Rollers ‎– Saturday Night - Discogs - 1989年8センチCD
  8. ^ Bay City Rollers ‎– Saturday Night - Discogs - 2004年8センチCD
  9. ^ Bay City Rollers” (オランダ語). Top40. 2019年5月8日閲覧。
  10. ^ SA Charts 1965–March 1989”. 2018年9月1日閲覧。
  11. ^ Item Display - RPM - Library and Archives Canada”. Collectionscanada.gc.ca. 2016年10月24日閲覧。
  12. ^ Item Display - RPM - Library and Archives Canada”. Collectionscanada.gc.ca. 2016年10月10日閲覧。
  13. ^ Billboard 25 December 1976: TIA-6
  14. ^ Monster Truck Release Bay City Rollers’ Cover of ‘Saturday Night’; Hear the Truck throughout the 2017-2018 Hockey Night In Canada Season” (英語) (2017年9月29日). 2017年10月24日閲覧。
  15. ^ The Story Behind The Song: Blitzkrieg Bop by The Ramones” (英語) (2014年7月14日). 2016年7月18日閲覧。
  16. ^ Single Review: Saturday // Simple Plan” (英語) (2015年7月11日). 2017年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ザ・ステイプル・シンガーズ
レッツ・ドゥ・イット・アゲイン
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1976年1月3日(1週)
次代:
C. W. マッコール
「コンボイ」