大森俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大森 俊之(おおもり としゆき、1957年12月11日- )は、日本作曲家編曲家東京都出身。日本大学芸術学部放送学科中退。血液型 は O型。

来歴・人物[編集]

小学生の頃から作曲を始め、高校から多重録音による音楽制作にはまる。様々なバンド活動を経て『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の番組音楽を手がけ業界デビューしたが、番組クレジットは音楽ディレクターの名前になっていたため、あまり知られていない。

1980年代後半よりCM音楽を中心にした作曲家となり、数えきれない作品に関わる。1990年代に入り、ドラマ・アニメなどのサウンドトラックを手掛けるようになる。1993年から1996年のJR東海のCM「そうだ 京都、行こう。」の編曲を全て手掛け、ACC最優秀編曲賞を受賞した。

アニメの主題歌なども多く、中でも『残酷な天使のテーゼ』(高橋洋子、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』オープニングテーマ)の編曲、『魂のルフラン』(高橋洋子、アニメ映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』主題歌)の作曲・編曲でも知られる。「うたっておどろんぱ」「なんでもQ」などの子供番組への楽曲提供では、様々な名曲も残している。その他、ポップスからオペラまで幅広いジャンルのシンガーに楽曲を提供、プロデュースや音楽監督も務める。

作品[編集]

TV番組[編集]

映画[編集]

楽曲提供・編曲・プロデュース[編集]

高橋洋子

林原めぐみ

松澤由美

その他

アニメ・ドラマCD[編集]

その他[編集]

同業の木森敏之(作・編曲家)と名前が似ているため混同されやすいが、両者の活動時期が重なるのは1980年代中盤から後半にかけてのみである。

外部リンク[編集]