島田歌穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しまだ かほ
島田 歌穂
本名 島 歌穂(しま かほ)
生年月日 9月19日
出生地 東京都港区
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
職業 女優歌手大学教授
ジャンル 舞台ミュージカル音楽
活動期間 1974年 -
配偶者 島健
事務所 エピモッソ
公式サイト http://www.shimada-kaho.com/
主な作品

演劇
レ・ミゼラブル
『ウエストサイド・ストーリー』
『飢餓海峡』
『ベガーズ・オペラ』
『江利チエミ物語』
『ロミオとジュリエット』
『黙阿弥オペラ』
『蝶々さん』
『DOWNTOWN FOLLIES』
『三文オペラ』
『ビリー・エリオット』
テレビドラマ
がんばれ!!ロボコン
俺はあばれはっちゃく
GOGO! チアガール

國語元年

島田 歌穂(しまだ かほ)は、日本女優歌手大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科の教授東京都港区出身。本名は島 歌穂(しま かほ)。

人物・履歴[編集]

東京生まれ。音楽家の父・島田敬穂と、宝塚歌劇団卒業生でジャズ歌手の母・筑波嶺玲子(別名:丹波礼子)の間に生まれ、4歳からバレエとピアノを始める。ささきいさおは彼女の父から発声のレッスンを受けていた[1]。母は宝塚歌劇団退団後にジャズ歌手に転身し、ハナ肇とクレージー・キャッツの前身、ハナ肇とキューバン・キャッツにもボーカルとして在籍していた。港区立青山中学校、私立東亜学園、東京都立城南高等学校を経て堀越高等学校卒業。

1974年 - 1977年放送、テレビ朝日系『がんばれ!!ロボコン』のヒロイン・ロビンちゃんで子役デビュー。

1979年放映の『俺はあばれはっちゃく』では、主人公・桜間長太郎の姉・てるほを演じる。

1980年放送の『GOGO! チアガール』でも主演格でレギュラー出演した。

その後、なかにし礼によってアイドルとして見出され、1981年トリオレコードより歌手デビュー。

1982年、ミュージカル『シンデレラ』で初舞台。以後、舞台女優に転身。

1987年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演のエポニーヌ役で脚光を浴び、2001年までロングラン公演に参加。出演回数は1,000回を超えた。

また、各国で公演されている同作の世界ベストキャストに選ばれ、日本の女優として初めて英国王室主催のエリザベス女王陛下御前コンサート『ザ・ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス』(1987年)に出演し、その模様は英国内でテレビ放送された。

更に1990年には世界選抜キャストとしてレコーディングに参加したアルバム『レ・ミゼラブル/インターナショナル・キャスト盤』がアメリカにてグラミー賞を受賞するなど国際的にも高い評価を得る。

一方、音楽活動も精力的に行い、1988、89年には『NHK紅白歌合戦』に2年連続で出場。

1990年、TBS系ドラマ『HOTEL』の主題歌『ステップ・バイ・ステップ』『フレンズ』『約束』がヒット。

『KAHOファーストコンサート』(1987年)から始まったコンサート活動も毎年回を重ね、1998年にはマレーシアで、2006年は台湾ツアーと海外でもコンサートを行う。

また各オーケストラや交響楽団とのコンサートも数多く行っている。

1994年、ピアニスト、作・編曲家、プロデューサーの島健氏と結婚。同年からスタートした島田歌穂&島健Duoコンサートは、全国200ヵ所以上で公演、延べ10万人以上が来場。尚、和田誠平野レミ夫妻が彼らの仲人でもある。

楽曲のレパートリーは、ミュージカルは勿論、ジャズからポップス、民謡に至るまで幅広い。

他にも、2006年に映画DVD『サウンド・オブ・ミュージック』マリア役の吹き替え、2017年ディズニー映画『美女と野獣』実写版、プリュメット役の吹き替えや、東京ディズニーシーのスペシャルイベントのテーマ曲『Thanks to You』『Welcome to Christmas』『We Go On』歌唱、自ら祖母の人生を綴った著書『私の祖母は「101歳のお嬢さま」』(潮出版社)を2008年に出版、2015年、宝塚歌劇団『TOP HAT』日本初演の歌唱指導など幅広く活躍。

2014年にはデビュー40周年を迎え、レーベルの枠を超えた初の自選オールタイムベスト『MY GRATITUDE』、和田誠監修、島健とのデュオによる初のJazzアルバム『いつか聴いた歌』をリリース。

2017年、夫、島健との毎年恒例のクリスマスDuoコンサートをライブ収録したCD『Duo 4』をリリース。

2003年大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科助教授に就任。2007年から教授就任。 

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1988年(昭和63年)/第39回 オン・マイ・オウン-On My Own- 11/21 タイム・ファイブ
1989年(平成元年)/第40回 2 I AM CHANGING 13/20 市村正親
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

映画[編集]

舞台[編集]

オリジナルビデオ・DVD[編集]

吹き替え[編集]

その他[編集]

CD・レコード[編集]

シングル[編集]

  • マンガチック・ロマンス(1981年4月25日)デビュー曲
  • 今がチャンス!(1981年8月)
  • 恋は馬車にのって(1982年1月)
  • ふりむけば愛(1982年9月)
  • 昨日の夜から(1990年)
  • 富士よ夢よ友よ しずおか賛歌(1990年)
  • 川の流れる街で(1990年) - 阪急三番街新テーマソング
  • 風のシンフォニー(1990年) - 平成5年四国国体イメージソング
  • Smile again(1990年) ‐TBS系ドラマ愛の劇場「一緒に暮らしたい」主題歌
  • ステップ・バイ・ステップ/FRIENDS(1992年) - TBS系ドラマ『HOTEL』第2シリーズ前半/後半主題歌 
  • CHANCE〜夢はとまらない〜(1992年) - MBS系TV『地球ZIG ZAG』テーマソング
  • Wedding Road(1993年)
  • 君にできること(1994年) - TBS系ドラマ『HOTEL』第3シリーズ前半主題歌
  • 約束/真実の愛はただひとつだけ(1995年) - TBS系ドラマ『HOTEL』第4シリーズ前半/後半主題歌
  • 今日もいい天気(1997年) - TBS系TV『はなまるマーケット』エンディング・テーマ曲
  • タイム・トゥ・セイ・グッバイ 〜さよならの時刻(とき)(1998年)
  • 一枚の写真(2012年)
  • 母 −MOTHER−(2014年)

アルバム[編集]

  • AFTER VALENTINE(1989年)
  • DISTRACTIONS(1990年)
  • All you need is music(1990年)
  • I'm just a woman(1991年)
  • HOTEL〜kaho shimada Selection〜(1992年)
  • Loving My Soul(1992年)
  • Will You Dance?(1992年)
  • HOTEL〜kaho shimada Selection 2〜(1994年)
  • drama「HOTEL」Original Sound Track(1994年)
  • now and forever(1994年)
  • HOTEL〜kaho shimada Selection3〜(1995年)
  • DUO K&K in Ballade(1995年)
  • HOTEL〜kaho shimada Selection4〜(1996年)
  • MALACCA(1997年、EMI ミュージックジャパン)
  • ROBIN'99(1998年)
  • COOL BEAUTY(2002年)
  • 島田歌穂ベスト(2003年、キングレコード)
  • SOMETHING COMING(2004年)
  • One Woman Series vol.1(2008年)
  • 島田歌穂パーフェクト・ベスト(2010年7月、キングレコード)
  • Duo(2010年)
  • Duo 2(2011年)
  • Duo 3(2012年)
  • MY GRATITUDE −All Time Best−(2014年)
  • いつか聴いた歌(2014年)
  • Duo 4(2017年)

参加作品[編集]

  • 宇野誠一郎作品集
  • 風立ちぬ」 - 稲垣潤一デュエットカバーアルバム『男と女5』(2015年9月30日)収録[6]

受賞[編集]

  • 1986年 第24回ゴールデン・アロー賞新人賞(演劇)
  • 1987年 Swing JOURNAL誌「ジャズ ヴォーカル」新人賞
  • 1988年 第38回芸術選奨文部大臣新人賞(大衆芸能部門)
  • 1990年 第32回米国グラミー賞「Best Musical Cast Show Album」(レ・ミゼラブル/インターナショナル・キャスト盤)
  • 1996年 第21回菊田一夫演劇賞
  • 2002年 第4回東京芸術劇場月間ミュージカル公演 優秀賞(島健と合同受賞)
  • 2003年 月刊ミュージカル「ミュージカルベストテン」女優部門 第1位
  • 2005年 月刊ミュージカル「ミュージカルベストテン」女優部門 第1位
  • 2006年 第27回松尾芸能賞優秀賞(演劇)
  • 2007年 第41回紀伊國屋演劇賞(個人賞)
  • 2007年 第14回読売演劇大賞優秀女優賞
  • 2007年 月刊ミュージカル「ミュージカルベストテン」女優部門 第1位

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年1月14日放送「スタジオパークからこんにちは」より。
  2. ^ 2011年版は帝国劇場100周年記念のスペシャルキャストとして出演
  3. ^ 谷崎没後50年舞台 島田歌穂「ガッツリお芝居ができることに感謝」”. スポニチアネックス (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  4. ^ 『美女と野獣』「プレミアム吹替版」キャスト総勢11名発表!主役のベル&野獣役は、昆夏美さん、山崎育三郎さんに決定!”. Disney.JP (2017年1月31日). 2017年2月1日閲覧。
  5. ^ “新メリー・ポピンズ声優に平原綾香 谷原章介も歌声披露”. シネマトゥデイ. (2018年12月13日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105564 2018年12月13日閲覧。 
  6. ^ 稲垣潤一、デュエットカバーアルバム第5弾が発売”. 映画.com (2015年9月22日). 2015年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]