スイート・チャリティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スイート・チャリティーSweet Charity)は、1966年ブロードウェイで初演されたミュージカル作品。

1969年にアメリカで映画化作品が公開(後述)。

概要[編集]

1957年のフェリーニの名作「カビリアの夜」をミュージカル化し、1966年ブロードウェイで初演。本作の演出と振付を担当したボブ・フォッシーの妻であるグウェン・ヴァードンが主演した[1]

日本では、1972年に初演された[1]

あらすじ[編集]

映画[編集]

映画版ではシャーリー・マクレーンが演じている。イタリア映画のオリジナルと若干変わっているのがヒロインの設定で、オリジナル版が娼婦だったのに対し、この映画ではキャバレーの踊り子(たまにホステスの役割もするが)に変更されている。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b シアターリーグ > ミュージカル > スイート・チャリティ”. シアターリーグ. 2016年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]