スイート・チャリティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スイート・チャリティーSweet Charity)は、1966年ブロードウェイで初演されたミュージカル作品。

1969年にアメリカで映画化作品が公開(後述)。

概要[編集]

1957年のフェリーニの名作「カビリアの夜」をミュージカル化し、1966年ブロードウェイで初演。本作の演出と振付を担当したボブ・フォッシーの妻であるグウェン・ヴァードンが主演した[1]

日本では、1972年に初演された[1]

あらすじ[編集]

映画[編集]

スイート・チャリティー
Sweet Charity
John McMartin-Shirley MacLaine in Sweet Charity trailer.jpg
ジョン・マクマーティン(左)とシャーリー・マクレーン(予告編から)
監督 ボブ・フォッシー
脚本 ピーター・ストーン
製作 ロバート・アーサー
出演者 シャーリー・マクレーン
音楽 サイ・コールマン
ドロシー・フィールズ
撮影 ロバート・サーティース
編集 スチュアート・ギルモア
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1969年4月1日
上映時間 149分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2000万ドル
興行収入 800万ドル[2]
テンプレートを表示

映画版ではシャーリー・マクレーンが演じている。イタリア映画のオリジナルと若干変わっているのがヒロインの設定で、オリジナル版が娼婦だったのに対し、この映画ではキャバレーの踊り子(たまにホステスの役割もするが)に変更されている。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b シアターリーグ > ミュージカル > スイート・チャリティ”. シアターリーグ. 2016年7月21日閲覧。
  2. ^ Sweet Charity, Box Office Information”. The Numbers. 2020年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]