スイングジャーナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スイングジャーナル(Swing Journal)はスイングジャーナル社から出版されていた、主にジャズを専門とした月刊音楽雑誌1947年に創刊され、約63年間海外の作品などをいち早く紹介するなど戦後日本のジャズ文化をリードしてきたが、2010年休刊した。

スイングジャーナル誌の取り上げる音楽家やレコードなどの評論には定評があり、「スイングジャーナル・ジャズディスク大賞」なども発表していた。またオーディオ機器の評価記事も充実していた。日本のジャズ界の発展に大きく貢献した人に対して贈られる南里文雄賞も主催していた。

「別冊スイングジャーナル」と言う形で、音楽やオーディオ機器のムック本も多数、企画・出版していた。

ローリング・ストーンズチャーリー・ワッツが、定期購読している[1]

歴史[編集]

1947年に創刊。

広告収入の落ち込みにより、2010年7月号をもって休刊した[2]。同社から発売されていた音楽月刊誌「アドリブ」も同年5月に休刊していた。最後の表紙はジョン・コルトレーンだった。

スイングジャーナル社を退社したスタッフなどが立ち上げた新会社から、後継誌の様な形で「Jazz Japan」誌が2010年8月に創刊された。スイングジャーナル誌最後の編集長三森隆文(7人目)も新雑誌創刊に加わった。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ ジャズ専門誌「スイングジャーナル」休刊へ[2]

関連項目[編集]