市村正親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いちむら まさちか
市村 正親
市村 正親
本名 市村 正親(いちむら まさちか)
生年月日 (1949-01-28) 1949年1月28日(75歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県川越市
身長 170 cm
血液型 A型
職業 俳優声優
ジャンル ミュージカル舞台映画テレビドラマ
活動期間 1973年 -
活動内容 1973年:劇団四季入団
1990年:劇団四季退団
配偶者 八重沢真美1984年 - 2003年
篠原涼子2005年 - 2021年
著名な家族 市村優汰(長男)
事務所 ホリプロ
公式サイト 市村正親 公式ウェブサイト
主な作品
舞台
エクウス
コーラスライン
エレファントマン
オペラ座の怪人
ミス・サイゴン
ラ・カージュ・オ・フォール
スクルージ
屋根の上のヴァイオリン弾き
スウィーニー・トッド
『炎の人』
生きる
映画
十三人の刺客
テルマエ・ロマエ
のぼうの城
燃えよ剣
そして、バトンは渡された
テレビドラマ
マイ☆ボス マイ☆ヒーロー
バンビ〜ノ!
江〜姫たちの戦国〜
ATARU
べっぴんさん
嘘の戦争
集団左遷!!
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
 
受賞
1980年:第18回ゴールデン・アロー賞演劇賞
1983年:第34回芸術選奨文部大臣賞新人賞
1992年:第18回菊田一夫演劇賞大賞
1992年:第47回文化庁芸術祭
1998年:第19回松尾芸能賞演劇優秀賞
2002年:第10回読売演劇大賞優秀男優賞
2002年:第53回芸術選奨文部科学大臣賞
2004年:第12回読売演劇大賞優秀男優賞
2005年:第30回菊田一夫演劇賞大賞
2007年:第44回ゴールデン・アロー賞演劇賞
2007年:春の紫綬褒章
2008年:第8回朝日舞台芸術賞秋元松代賞
2008年:第16回読売演劇大賞優秀男優賞
2009年:第17回読売演劇大賞最優秀男優賞
2009年:第44回紀伊國屋演劇賞個人賞
2011年:第2回岩谷時子賞特別賞
2016年:第2回森光子の奨励賞
2017年:第25回読売演劇大賞優秀男優賞
2019年:春の旭日小綬章
2023年:第44回松尾芸能賞大賞
2023年:第12回岩谷時子賞
テンプレートを表示

市村 正親(いちむら まさちか、1949年1月28日 - )は、日本ミュージカル俳優俳優声優埼玉県川越市出身。ホリプロ所属。身長170cm、体重60kg。

略歴[編集]

1949年1月28日、埼玉県川越市に生まれる。一人っ子である。父・信行は元軍人であったが、川越のローカル月刊紙『武州新報』を立ち上げ新聞記者となった。母・こうは飲食店を営んでいた[1]

埼玉県川越商業高校舞台芸術学院卒業後、俳優の西村晃の付き人を3年間務める。

1973年劇団四季イエス・キリスト=スーパースター(後に『ジーザス・クライスト=スーパースター』)』の端役を狙ってオーディションを受け合格、後にヘロデ役を獲得してデビュー。翌年、正式に劇団四季へ入団。『エクウス』では、全裸での演技が話題となった。『オペラ座の怪人』では主役のオペラ座の怪人を演じるなど、1980年代の劇団四季を代表する看板俳優となるまでに至るも、1990年に同劇団を退団。

退団後はミュージカルストレートプレイ一人芝居テレビドラマ声優など様々なフィールドで活躍。名ミュージカル俳優と称されるほど演技水準は高く、『ミス・サイゴン』で演じたエンジニア役では「世界一のエンジニア」と言われるほどのエンターテーナーぶりを見せた。

1984年に劇団四季の女優の八重沢真美と結婚したが、2003年5月に離婚。

1989年、『第40回NHK紅白歌合戦』に出場し、「オペラ座の怪人」を歌唱した。

2001年彩の国シェイクスピア・シリーズの『ハムレット』でハムレット役を演じた際、オフィーリア役を演じた女優の篠原涼子と知り合い、2005年12月8日に結婚。2008年5月に第一子となる長男が誕生。2012年2月に第二子となる次男が誕生。

2007年4月、長年の功績を称えられ紫綬褒章を受章。

2008年4月から2010年3月まで、TBS系の紀行番組『THE世界遺産』のナレーションを担当。

2014年7月、初期の胃がんにより出演中だったミュージカル『ミス・サイゴン』を降板(代役は筧利夫[2])。また主演予定だったドラマ『おやじの背中』第10話も降板した(代役は小林隆[3])。同年9月3日、復帰会見を開き[4]、10月上旬にミュージカル『モーツァルト!』の稽古から仕事復帰した。

2015年9月、舞台『NINAGAWA マクベス』出演中に右ひざ半月板を損傷。降板せず、公演終了を待って手術を実施した。11月上旬にミュージカル『スクルージ』の稽古から仕事復帰[5]

2021年7月24日、篠原涼子との離婚を発表。長男と次男の親権は市村が持つ[6]

2021年9月から12月まで上演された市村主演のミュージカル『オリバー!』で長男・市村優汰が俳優デビュー[7]。ミュージカルでの親子共演が実現した[8]。優汰は市村と同じ芸能事務所のホリプロに所属している[9]

人物[編集]

  • 俳優として活動する傍ら、岩谷時子音楽文化振興財団の評議員を務めている。
  • 出身地である川越市より、2004年から小江戸川越大使を委嘱されている[10][11]。PRポスター[12]や市制100周年記念誌[13]への協力、ウェスタ川越での舞台公演など、積極的に活動している。
  • 大泉洋が主演したドラマ『ノーサイド・ゲーム』に市村が熱中し、大泉に「君のチームを応援してるのに君のテンションが低過ぎる」と感想を伝えダメ出しをした所、大泉が受け入れた為に最終回までに演技が激変したという[14]

出演(舞台)[編集]

劇団四季在団中
出演年 作品名
1973年 6-7月 イエス・キリスト=スーパースター
(後に「ジーザス・クライスト=スーパースター」)
7月 ゆかいなどろぼうたち
1974年 2月 ウエストサイド物語
4-5月 キューちゃんの鐘
7-8月 ウエストサイド物語
8月 キューちゃんの鐘
10-12月 ウエストサイド物語
10-11月 キューちゃんの鐘
1975年 5月 ヴェローナの恋人たち
6-9月 雪ん子
7-8月 ヴェローナの恋人たち
10-12月 ヴェローナの恋人たち
11-3月 エクウス
1976年
4月 ジーザス・クライスト=スーパースター
4-6月 ブレーメンの音楽隊
7月 ジーザス・クライスト=スーパースター
8月 ブレーメンの音楽隊
8-10月 エクウス
10-12月 ジーザス・クライスト=スーパースター
12月 青い鳥
1977年 1月 ジーザス・クライスト=スーパースター
6-9月 ヴェニスの商人
9-10月 ウエストサイド物語
1978年 1-2月 カッコーの巣をこえて
2-4月 エクウス
5月 カッコーの巣をこえて
7月 王様の耳はロバの耳
8月 ヴェニスの商人
9-10月 ひばり
10-12月 ウエストサイド物語
10/28 ヴェニスの商人
1979年 1月 ジーザス・クライスト=スーパースター
3月 越路吹雪ドラマチックリサイタル
4月 ウエストサイド物語
6月 リトル・ナイト・ミュージック
人間になりたがった猫
7月 ジーザス・クライスト=スーパースター
9-10月 人間になりたがった猫
9月 コーラスライン
11-12月 青い鳥
1980年 1-2月 コーラスライン
7月 かもめ
9-12月 コーラスライン
9-10月 エレファントマン
10月 かもめ
1981年 4-5月 ジーザス・クライスト=スーパースター
5-7月 エレファントマン
7月 エクウス
7-8月 人間になりたがった猫
9-11月 コーラスライン
11月 人間になりたがった猫
1982年 3-4月 エビータ
5月 コーラスライン
7月 アプローズ
8月 人間になりたがった猫
9-1月 エビータ
1983年
2月 ユリディス
2-3月 アプローズ
5-6月 アンデルセン物語(後に「ハンス」)
6月 フェードル
7月 ジーザス・クライスト=スーパースター
8月 人間になりたがった猫
9-10月 アプローズ
10月 エクウス
1984年 1-11月 キャッツ
3-4月 日曜はダメよ!
8月 人間になりたがった猫
9-12月 日曜はダメよ!
1985年 1-2月 トロイ戦争は起こらないだろう
3-10月 コーラスライン
11-2月 ドリーミング
1986年
1-4月 キャッツ
6月 エクウス
8月 オーファンズ -孤児たち-
9月 コーラスライン
11月 ロミオとジュリエット
1987年 1-5月 キャッツ
1-2月 ハンス
2月 ロミオとジュリエット
4-5月 ハンス
ジーザス・クライスト=スーパースター
6-10月 夢から醒めた夢
6-7月 コーラスライン
8月 オーファンズ -孤児たち-
9-12月 ジーザス・クライスト=スーパースター
12月 ハンス
1988年 1-2月 35ステップス
4-9月 オペラ座の怪人
10-11月 ハンス
12-7月 オペラ座の怪人
1989年
10月 M.バタフライ
11月 夢から醒めた夢
1990年 1月 M.バタフライ
2月 ハンス
4-5月 M.バタフライ
10月 エクウス
退団後
出演年 作品名
1991年 7月 おちも堕ちたり
10-11月 ラヴ・レターズ
1992年 4-12月 ミス・サイゴン
1993年 1-9月 ミス・サイゴン
10-11月 キャバレー
12-1月 ラ・カージュ・オ・フォール
1994年
3月 ラヴ
6月 お夏狂乱
7月 そして誰もいなくなった
9-11月 キャバレー
12-1月 スクルージ
1995年
5-9月 回転木馬
10月 越前竹人形
12月 SHE LOVES ME
1996年 1-3月 ラヴ
4-5月 回転木馬
7-8月 回転木馬
10-11月 蜘蛛女のキス
12月 クリスマス・キャロル
1997年
3月 SHE LOVES ME
5月 市村座 唄う旗揚げ公演
8月 SHE LOVES ME
ラヴ・レターズ
10月 ラ・カージュ・オ・フォール
12月 スクルージ
ラヴ・レターズ
1998年
2月 ザッツ・ジャパニーズ・ミュージカル
3-5月 ミザリー
5-8月 蜘蛛女のキス
9月 モーツァルトの手紙
10月 市村座
11月 SHE LOVES ME
12-1月 クリスマス・キャロル
1999年
2-3月 リチャード三世
4月 ラ・カージュ・オ・フォール
6月 ART
8月 ラ・カージュ・オ・フォール
8/31,9/2 サイトウ・キネン・フェスティバル松本
9-10月 KUNISADA国定忠治
10月 ラヴ・レターズ
11月 唄う市村座
12月 スクルージ
2000年
2-3月 ニジンスキー
3月 時は…今
5-6月 市村座
6-7月 ザッツ・ジャパニーズ・ミュージカル
7-8月 星の王子さま
9-10月 きみはいい人、チャーリー・ブラウン
11月 芸・話・人
12-1月 シラノ・ザ・ミュージカル
2001年
2-3月 きみはいい人、チャーリー・ブラウン
4/14 老妓抄
5月 ART
7月 平成市村座
9-11月 ハムレット
11月 桜の園
12月 クリスマス・キャロル
2002年
3-4月 You Are The Top〜今宵の君
3/25,26 Thank you! Broadway!
5-6月 ストーンズ・イン・ヒズ・ポケッツ
7-9月 海の上のピアニスト
9/11 Thank you! Broadway! Vol. 2
10-12月 モーツァルト!
2003年
2-5月 ペリクリーズ
3/28-4/5 ペリクリーズ (ロンドン公演)
6-8月 海の上のピアニスト
9-10月 オモチャ箱
12-2月 リチャード三世
2004年
4-5月 屋根の上のヴァイオリン弾き
6月 新市村座
8-11月 ミス・サイゴン
12月 クリスマス・キャロル
2005年
2-4月 デモクラシー
6-8月 モーツァルト!
9月 ペール・ギュントの旅
10-11月 モーツァルト!
2006年
1-2月 屋根の上のヴァイオリン弾き
3-5月 ライフ・イン・ザ・シアター
7-8月 ダンス・オブ・ヴァンパイア
10-11月 ペテン師と詐欺師
2007年
1-2月 スウィーニー・トッド
6-7月 氷屋来たる
8-10月 ヴェニスの商人
11-12月 モーツァルト!
2008年
1-3月 ペテン師と詐欺師
7-8月 ミス・サイゴン
9-10月 キーン
12-1月 ラ・カージュ・オ・フォール
2009年
2-3月 ミス・サイゴン
6-7月 炎の人
10月 屋根の上のヴァイオリン弾き
12-1月 ANJIN イングリッシュサムライ
(後に「家康と按針」)
2010年
3月 それぞれのコンサート
6月 キャンディード
8-9月 ロックンロール
11-1月 モーツァルト!
2011年
5-7月 スウィーニー・トッド
11月 炎の人
2012年
1-2月 ラ・カージュ・オ・フォール
4月 エンロン
7-9月 ミス・サイゴン
12月 家康と按針
12-1月 ミス・サイゴン
2013年
1/31-2/9 家康と按針(ロンドン公演)
3-4月 屋根の上のヴァイオリン弾き
5-6月 スウィーニー・トッド
9-10月 それからのブンとフン
12月 スクルージ
2014年
3-4月 ラブ・ネバー・ダイ
7-10月 ミス・サイゴン[2]
11-12月 モーツァルト!
2015年
2-3月 ラ・カージュ・オ・フォール
4-5月 ART
9-10月 NINAGAWA マクベス
10-12月 プリンス・オブ・ブロードウェイ(声のみの出演)
12月 スクルージ
2016年
4-5月 スウィーニー・トッド
7/10 第54回パリ祭 シャンソンの祭典(ゲスト出演)
8-9月 市村座2016
10-1月 ミス・サイゴン
2017年
4-5月 紳士のための愛と殺人の手引き
6-8月 NINAGAWA マクベス(6月香港)
10-11月 NINAGAWA マクベス
(10月ロンドン、プリマス / 11月シンガポール)
12-2月 屋根の上のヴァイオリン弾き
2018年
3-4月 ラ・カージュ・オ・フォール
5月 市村座2018
5-7月 モーツァルト!
7/21-7/25 NINAGAWA マクベス
(ニューヨークDavid H. Koch Theater)
8月 モーツァルト!
10月 生きる
2019年
1-2月 ラブ・ネバー・ダイ
6-7月 ドライビング・ミス・デイジー
12月 スクルージ
2020年
2/21 ラヴ・レターズ
5-9月 ミス・サイゴン(公演中止)[15]
8/17 THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE
9/7 スジナシBLITZシアター
10-11月 生きる
12/13 ホリプロミュージカル・コンサート
2021年
2-3月 屋根の上のヴァイオリン弾き
4-6月 モーツァルト!(公演一部中止)[16]
9-12月 オリバー!
2022年
3-5月 ラ・カージュ・オ・フォール(公演一部中止)[17]
7-11月 ミス・サイゴン(公演一部中止)[18][19]
12月 スクルージ
2023年
2-3月 「市村座」
役者生活五十年の集大成!
7/19 市村正親 50th Anniversary Special Live
9月 生きる
2024年 3-4月 スウィーニー・トッド(予定)
8-11月 モーツァルト!(予定)
   

出演(映像)[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

テレビ番組[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴
年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1989年(平成元年)/第40回 オペラ座の怪人 13/20 島田歌穂

出演順は「出演順/出場者数」で表す。

出演(声)[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

テレビアニメ[編集]

人形劇[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

ドラマCD[編集]

ナレーション[編集]

ラジオ[編集]

その他[編集]

作品[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル
発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
Climax Record/徳間ジャパン
1982年3月25日 EP CMA-2025 A 初めての日 なかにし礼 筒美京平 川村栄二
B 道化師
1982年11月25日 EP CMA-2036 A ホテル・ブルー 山川啓介 筒美京平 萩田光雄
B ジーンズのジュリエット
アルバム
発売日 規格 規格品番 アルバム
Climax Record/徳間ジャパン
1982年3月25日 LP CMC-1004 限りなく優しく

※全作詞:なかにし礼 全作曲:筒美京平

Side:A

  1. 雨の電話ボックス(4:00)
  2. 誕生日おめでとう(3:44)
  3. ぼくの肩でお泣き(4:12)
  4. 初めての日(4:10)
  5. 偽りの結婚式(4:24)

Side:B

  1. 限りなく優しく(4:02)
  2. 娼婦の哲学(3:39)
  3. 刺青(4:01)
  4. フェイド・アウト(4:59)
  5. 道化師(4:48)

書籍[編集]

エッセイ
  • 『僕のカラダは考える』(扶桑社)2002年3月発行
  • 『ステーキの横のクレソン』(朝日新聞出版)2010年9月発行
  • 『役者ほど素敵な商売はない』(新潮社)2020年1月27日発行
写真集

受賞歴[編集]

  • 1980年:第18回 ゴールデン・アロー賞演劇賞(『かもめ』『エレファントマン』)
  • 1983年:第34回 芸術選奨文部大臣賞新人賞(『ユリディス』『エクウス』)
  • 1992年:第18回 菊田一夫演劇賞大賞(『ミス・サイゴン』)
  • 1992年:第47回 文化庁芸術祭賞(『ミス・サイゴン』)
  • 1998年:第19回 松尾芸能賞演劇優秀賞(『ラ・カージュ・オ・フォール』『スクルージ』)
  • 2002年:第10回 読売演劇大賞優秀男優賞(『海の上のピアニスト』『モーツァルト!』)
  • 2002年:第53回 芸術選奨文部科学大臣賞(『海の上のピアニスト』)
  • 2004年:第12回 読売演劇大賞優秀男優賞(『ミス・サイゴン』)
  • 2005年:第30回 菊田一夫演劇賞大賞(『ミス・サイゴン』)
  • 2007年:第44回 ゴールデン・アロー賞演劇賞
  • 2007年:春の紫綬褒章[48]
  • 2008年:第8回 朝日舞台芸術賞秋元松代賞(『キーン』『ラ・カージュ・オ・フォール』)
  • 2008年:第16回 読売演劇大賞優秀男優賞(『キーン』『ラ・カージュ・オ・フォール』)
  • 2009年:第17回 読売演劇大賞最優秀男優賞(『炎の人』)
  • 2009年:第44回 紀伊國屋演劇賞個人賞(『炎の人』)
  • 2011年:第2回 岩谷時子賞特別賞
  • 2016年:第2回 森光子の奨励賞[49]
  • 2017年:第25回 読売演劇大賞優秀男優賞(『紳士のための愛と殺人の手引き』『NINAGAWAマクベス』)
  • 2019年:春の旭日小綬章[48]
  • 2023年:第44回松尾芸能賞大賞[50]
  • 2023年:第12回岩谷時子賞[51]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2022年4月28日の放送を最後に石原さとみ産休入り[38]。2022年5月12日の放送から市村正親が助っ人エンターテイナー(MC)として当面の間、代役を務める。[38]

出典[編集]

  1. ^ 【市村正親】62歳がんばるお父さん!来春、2人目の子供誕生”. 夕刊フジ (2011年10月13日). 2016年12月1日閲覧。
  2. ^ a b 市村正親さん、ミュージカル休演…胃がん治療で読売新聞、2014年7月27日)
  3. ^ おやじの背中 : 最終回主演は三谷作品常連俳優 市村正親降板で大抜てき(2014年8月29日)、毎日新聞デジタル、2014年8月29日閲覧。
  4. ^ 【動画】市村正親、がん早期発見は“妻のおかげ” 篠原涼子の一声&看病に感謝”. ORICON NEWS (2014年9月3日). 2023年3月15日閲覧。
  5. ^ 市村正親、半月板損傷で手術 11月上旬より復帰予定”. ORICON NEWS (2015年10月23日). 2015年10月23日閲覧。
  6. ^ 市村正親と篠原涼子が離婚 長男と次男の親権は市村 慰謝料や財産分与なし”. 日刊スポーツ (2021年7月24日). 2021年7月24日閲覧。
  7. ^ “市村正親 長男が本格デビュー&初親子共演に笑顔 目と鼻が元妻・篠原涼子似”. デイリースポーツ online. (2021年8月23日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/08/23/0014615591.shtml 2021年8月23日閲覧。 
  8. ^ 市村正親、長男・市村優汰と親子ミュージカル「ボクに与えられた特権なのかな」目が合うと不思議な気分に”. 東京中日スポーツ (2021年10月4日). 2021年10月7日閲覧。
  9. ^ “市村正親の長男・市村優汰「ホリプロ」に所属「今まで以上に活躍できるように頑張っていきます」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年12月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2261594/full/ 2022年12月21日閲覧。 
  10. ^ 広報川越1076号” (pdf). 川越市. p. 10 (2004年4月10日). 2024年2月22日閲覧。
  11. ^ 小江戸川越大使”. 川越市 (2022年11月30日). 2024年2月22日閲覧。
  12. ^ 広報川越1390号” (pdf). 川越市. p. 4 (2017年5月10日). 2024年2月22日閲覧。
  13. ^ 川越市市制施行100周年記念誌” (PDF). 川越市. pp. 18-19 (2023年3月20日). 2024年2月22日閲覧。
  14. ^ 大泉洋“ドラマ出演してない”大物俳優からダメ出し”. ライブドアニュース. 2020年9月4日閲覧。
  15. ^ “新型コロナウイルス感染症拡大にかかわる政府及び東京都の方針等を踏まえ公演中止”. (2020年4月8日). https://www.tohostage.com/cancel2020_7.html?_ga=2.53545064.196713335.1586529465-1080058074.1586529465/ 2020年4月8日閲覧。 
  16. ^ “緊急事態宣言発出による公演一部中止のお知らせ”. (2021年4月24日). https://www.tohostage.com/cancel2021_3.html 2021年4月24日閲覧。 
  17. ^ “日生劇場 ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』公演中止期間延長【3月26日(土)】と公演再開【3月27日(日)以降】のお知らせ”. (2022年3月25日). https://www.tohostage.com/cancel2022_4/ 2022年3月25日閲覧。 
  18. ^ “帝国劇場ミュージカル『ミス・サイゴン』【7月29日~8月2日】の上演について=実施公演・上演中止公演・キャスト一部変更のお知らせ=”. (2022年7月27日). https://www.tohostage.com/cancel2022_11/ 2022年7月27日閲覧。 
  19. ^ “帝国劇場ミュージカル『ミス・サイゴン』公演中止期間延長【8月23日~8月24日】のお知らせ”. (2022年8月22日). https://www.tohostage.com/cancel2022_13/ 2022年8月22日閲覧。 
  20. ^ 綾瀬はるか「高台家の人々」主演で妄想女子に!恋人役は斎藤工”. 映画.com (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。
  21. ^ “関ジャニ・丸山主演『泥棒役者』 追加キャストに市村正親、石橋杏奈ら”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2086247/full/ 2017年2月20日閲覧。 
  22. ^ “映画「燃えよ剣」公式サイト”. (2019年11月28日). http://moeyoken-movie.com/ 2019年11月28日閲覧。 
  23. ^ “岡田健史&大森南朋&市村正親「そして、バトンは渡された」に出演 永野芽郁が涙する特報も披露”. (2021年4月16日). https://eiga.com/news/20210416/3/ 2021年4月16日閲覧。 
  24. ^ “草なぎ剛×白石和彌「碁盤斬り」に清原果耶、中川大志、斎藤工、小泉今日子、國村隼ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年9月25日). https://natalie.mu/eiga/news/542398 2023年9月25日閲覧。 
  25. ^ “草なぎ&希子、タイで『嘘の戦争』クランクイン 最大の“敵”には市村正親を起用”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2082052/full/ 2016年12月12日閲覧。 
  26. ^ 金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画 北風と太陽の法廷”. 公式サイト (2017年2月4日). 2017年2月4日閲覧。
  27. ^ “市村正親、刑事ドラマで県警幹部役 仲村トオルと初共演”. ORICON NEWS. (2017年6月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2093069/full/ 2017年6月25日閲覧。 
  28. ^ “市村正親主演、“大人たちの青春”を描いたロードムービー 脚本は『ひよっこ』岡田惠和氏”. ORICON NEWS. (2017年10月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2099450/full/ 2017年10月24日閲覧。 
  29. ^ “「ドクターX」第6シリーズに市村正親、ユースケ・サンタマリア、武田真治ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年9月12日). https://amp.natalie.mu/eiga/news/347203 2019年9月22日閲覧。 
  30. ^ 市村正親、必殺シリーズ初登場 東山紀之と刀を交え「日本人でよかった」”. ORICON NEWS (2020年6月3日). 2021年9月23日閲覧。
  31. ^ "中村勘九郎、伝説の歌舞伎役者役でドラマ主演「不思議な縁を感じます」 上白石萌音が妻役". ORICON NEWS. oricon ME. 19 July 2021. 2021年7月19日閲覧
  32. ^ “菜々緒主演ドラマ「忍者に結婚は難しい」に勝地涼、山本舞香、吉谷彩子ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年11月29日). https://natalie.mu/eiga/news/503066 2022年11月29日閲覧。 
  33. ^ 桐谷健太×瀬戸康史のドラマ「院内警察」1月スタート、刑事と外科医の正義がぶつかる”. 映画ナタリー. ナターシャ (2023年11月25日). 2023年11月25日閲覧。
  34. ^ 明治/市村正親さん起用「プロビオヨーグルトLG21」新CM”. 流通ニュース (2016年3月17日). 2016年3月17日閲覧。
  35. ^ 市村正親、キレキレ“乳酸菌ダンス”!3日から明治の新CMオンエア”. - 芸能社会 - サンスポ (2017年3月1日). 2017年3月1日閲覧。
  36. ^ 中居正広、市村正親と“爆笑”“感動”共演”. - ディリースポーツ (2017年4月15日). 2017年4月15日閲覧。
  37. ^ 吉田鋼太郎、中嶋朋子、藤原竜也らがシェイクスピアの魅力を語り尽くす!”. NHK (2021年5月10日). 2021年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月16日閲覧。
  38. ^ a b “石原さとみ産休入りで“助っ人MC”に市村正親「“お父さん”として、責任重大」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年4月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2232133/full/ 2022年4月20日閲覧。 
  39. ^ 映画『バースデー・ワンダーランド』オフィシャルサイト”. ワーナー・ブラザース. 2019年2月19日閲覧。
  40. ^ “市村正親、新作ポケモン映画で再びミュウツー役 21年ぶり出演で「魂を呼び起こして演じました」”. ORICON NEWS. (2019年3月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2130579/full/ 2019年3月1日閲覧。 
  41. ^ 市村正親、映画吹替でもスクルージに!『Merry Christmas!』日本語版キャスト発表”. シネマトゥデイ (2018年9月6日). 2018年9月6日閲覧。
  42. ^ “市村正親、尾野真千子、渡辺直美『ミニオンズ フィーバー』吹き替え声優に決定”. シネマトゥデイ. (2022年4月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0129562 2022年4月11日閲覧。 
  43. ^ “アニポケにミュウツー登場!市村正親が続投、劇場版第1作の流れを汲むストーリー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年11月6日). https://natalie.mu/comic/news/403720 2020年11月6日閲覧。 
  44. ^ NHK『みいつけた!・みいつけた!さん』 - 公式サイト 2017年11月3日確認。
  45. ^ 「仁王」に俳優の市村正親さんと武井 咲さんの起用が決定。OPムービーはシン・ゴジラで話題の樋口真嗣監督が手掛ける”. 4Gamer.net (2016年9月12日). 2016年11月5日閲覧。
  46. ^ “市村正親が「古代ギリシャ」展の音声ガイドに登場、“旅の案内人”に”. ステージナタリー. (2016年6月27日). https://natalie.mu/stage/news/192176 2016年6月28日閲覧。 
  47. ^ 特別展「古代ギリシャ -時空を超えた旅-」音声ガイド 2016年9月8日確認。
  48. ^ a b “市村正親、旭日小綬章に「ばんざい!」 令和初『春の叙勲』受章者発表”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年5月21日). https://www.sanspo.com/article/20190521-QYBQC75TRVITVB2TLPCFWHIO24/ 2019年5月21日閲覧。 
  49. ^ “市村正親 森光子さんからの激励に卒業撤回!?「条件付きの賞ですね」”. スポニチアネックス. (2016年11月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/10/kiji/K20161110013697890.html 2016年11月10日閲覧。 
  50. ^ 第44回松尾芸能賞の大賞は市村正親、優秀賞に天海祐希・尾上菊之助ら”. ステージナタリー. ナターシャ (2023年2月13日). 2023年2月14日閲覧。
  51. ^ 【市村正親】俳優生活50周年「岩谷時子賞」2回目の受賞 賞金は子どもたちのクリスマスプレゼントに”. TBS NEWS DIG (2023年11月27日). 2023年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]