U.M.U AWARD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
U.M.U AWARD
イベントの種類 音楽系イベント
開催時期 年末
初回開催 2010年12月26日 - 27日
会場 天王洲銀河劇場(2010年)
明治安田生命ホール2011年
原宿クエストホール(2012年2013年
ZEPP TOKYO(2014年
渋谷VISION(2016年
主催 ホリプロ
(2010年 - 2014年)
THE CROSS
(2016年 - )
協力 TOKYO IDOL PROJECT
DMM.yell
mate
AQUA FACTORY
日本ご当地アイドル活性協会
ホリプロ
運営 THE CROSS
プロデューサー 黒須チヒロ
公式サイト

U.M.U AWARD(ユーエムユーアワード)は、2010年(平成22年)より年末に行われている、日本各地のローカルアイドル女性アイドルグループ女性アイドルが出演する音楽フェスティバルである。

「U.M.U」とはUnder Major Unitidolの略。

U.M.U AWARD 2010[編集]

正式名称は「エリア・アイドルNo.1決定戦『U.M.U AWARD 2010』〜全国アイドルお取り寄せ展〜

第1回目はホリプロ創業50周年およびTOKYO MX開局15周年のコラボ企画イベントとして2010年12月26日・27日に開催され、新潟県代表のNegiccoがご当地アイドルの頂点に立った[1]

  • 開催期間:2010年12月26日・27日
  • 会場:天王洲銀河劇場
  • お取り寄せ大使(PRユニット):Girl〈s〉ACTRY
  • 主催:ホリプロTOKYO MXテレビ
  • 優勝:Negicco(新潟県)
    • 優勝商品はピンクの大優勝旗(自慢用)・番組レギュラー【1クール】出演権、副賞として事務局によるプロモーション映像・翌年の出場シード権。

JUMP UP!!〜IDOLプロアマバトルロイヤル〜[編集]

  • 「U.M.U AWARD 2010」ラスト枠予選会 JUMP UP!!〜IDOLプロアマバトルロイヤル〜
  • 開催日時:2010年12月26日
  • 出場者は大会事務局に寄せられた映像資料からプロアマ問わず選出された20組。
  • 上位3組に贈られるナムコ賞に、MAI with AN8、Jewel Kiss、はちきんガールズが選ばれ、そのうちJewel Kissがファイナリストに選ばれた[2]

全国アイドルお取り寄せ展[編集]

  • エリア・アイドルNo.1決定戦「U.M.U AWARD 2010」〜全国アイドルお取り寄せ展〜
  • 開催日時:2010年12月27日
  • 出場者は全国から厳選されたアイドルユニット9組とJUMP UP!!〜IDOLプロアマバトルロイヤル〜の優勝者1組[3]
    • りんご娘(青森県)
    • Negicco(新潟県)
    • Pieace(埼玉県)
    • ミラマリア(東京都)
    • 名古屋名物!愛情委員会(愛知県)
    • PixyChicks(奈良県)
    • もっキラーズ☆(大阪府)
    • OnlyOneSister(広島県)
    • 乙女の純情(福岡県)
    • Jewel Kiss(北海道)

関連番組[編集]

U.M.U AWARD 2011[編集]

U.M.U AWARD 2011が行われた新宿明治安田生命ホール

正式名称は「ご当地アイドルNo.1決定戦『U.M.U AWARD 2011』〜地域活性アイドル大図鑑〜 Supported by DMM.com

第2回目となる2011年は前年の天王洲銀河劇場から新宿区明治安田生命ホールに会場を移し、同年12月27日に開催。広島県代表のまなみのりさがご当地アイドルの頂点に立った[4]。イベントの模様はニコニコ生放送で生配信された。

ファイナリスト(2011年)[編集]

2011年11月30日、「U.M.U AWARD 2011 オールジャパンセレクション」の中から「エリア代表候補者ブログ」に寄せられたコメントやニコニコ動画YouTubeのパフォーマンス動画などによる審査を勝ち抜いた各エリア代表8組とJUMP UP(敗者復活)枠2組の計10組のファイナリストが発表された。

U.M.U AWARD 2011 オールジャパンセレクション[編集]

2011年11月14日、日本全国のエントリーの中から全国を8エリアに分けた代表候補「U.M.U AWARD 2011 オールジャパンセレクション」計26組が発表された。

U.M.U AWARD 2012[編集]

正式名称は「ご当地アイドルNO.1決定戦『U.M.U AWARD 2012』〜ニッポン全国アイドル勢力図〜

2012年12月26日に原宿クエストホールで開催され、北海道代表のフルーティーがご当地アイドルの頂点に立った[5]

ファイナリスト(2012年)[編集]

2012年11月21日、日本全国のエントリーの中からファイナリスト候補として「ALL JAPAN SELECTION 2012」計30組が発表された。同年12月12日・18日、「ALL JAPAN SELECTION 2012」の中から着うたバトル、ニコニコ動画YouTubeでの動画審査等を勝ち抜き、決勝大会に進む計11組のファイナリストが発表された。

ALL JAPAN SELECTION 2012[編集]

  1. フルーティー(北海道)
  2. pramo(秋田県)
  3. SCK GIRLS(宮城県)
  4. T!P(栃木県)
  5. 湯けむり☆美少女(群馬県)
  6. しもんChu(茨城県)
  7. 水戸ご当地アイドル(仮)(茨城県)
  8. おSENちゃんが〜るず88(埼玉県)
  9. 浦安マリンエンジェルス(千葉県)
  10. BELLRING少女ハート(東京都)
  11. Nゼロ(元AKBN 0)(東京都)
  12. CANDY GO!GO!(東京都)
  13. 川崎純情小町☆(神奈川県)
  14. 鈴木まりえ(神奈川県)
  15. TEAM MII(静岡県)
  16. H&A.(静岡県)
  17. あっぷる学園応援部(長野県)
  18. オトメ☆コーポレーション(長野県)
  19. 天下布舞 岐阜姫軍団(岐阜県)
  20. アイドル教室(愛知県)
  21. Barbee Lips(愛知県)
  22. Pizza♥Yah!(大阪府)
  23. SakuLove 岡山県)
  24. HBR LOVE(広島県)
  25. だいやぁ☆もんど(鳥取県)
  26. 山口活性学園(山口県)
  27. はちきんガールズ(高知県)
  28. 乙女の純情(福岡県)
  29. S☆UTHERN CROSS(鹿児島県)
  30. RYUKYU IDOL(沖縄県)

スピンオフイベント(2012年)[編集]

U.M.U AWARDのスピンオフ企画イベントとして「U.M.Uご当地アイドルフェスティバル 〜ジモラブNo.1決定戦〜」が2012年5月3日に開催され、NHKラジオ第1で公開生放送された[6]。優勝はまなみのりさ

U.M.U AWARD 2013[編集]

正式名称は「ご当地アイドルNO.1決定戦『U.M.U AWARD 2013』〜全国発信! 『1/47アイドル特区』宣言!!〜

2013年12月13日に原宿クエストホールで開催。茨城県代表の水戸ご当地アイドル(仮)がご当地アイドルの頂点に立った[7]

ファイナリスト(2013年)[編集]

2013年11月28日、日本全国のエントリーの中からファイナリスト候補として「ALL JAPAN SELECTION 2013」計30組が発表された。同年11月28日 - 12月3日、「ALL JAPAN SELECTION 2013」の中からYouTubeでの動画再生回数・WEB投票・審査等を勝ち抜き、決勝大会に進む計10組のファイナリストが発表された。

ALL JAPAN SELECTION 2013[編集]

  • 動画再生バトル順位(2013年12月3日23時確定。名称の最後尾が再生回数。☆=決勝進出、★=JumpUp)
  1. 水戸ご当地アイドル(仮)(茨城県)8,837回(☆)
  2. アイくるガールズ(福島県)7,810回(☆)
  3. SPL∞ASH(広島県)7,177回(★)
  4. ひろしまMAPLE★S(広島県)6,956回(☆)
  5. Chelip(鳥取県)5,330回
  6. 柊木りお(東京都)4,046回(☆)
  7. 乙女の純情(福岡県)3,842回(☆)
  8. KIRA☆GIRL(福島県)3,727回
  9. S☆UTHERN CROSS(鹿児島県)3,539回(★)
  10. だいやぁ☆もんど(鳥取県)3,354回
  11. RED-POINT(京都府)3,007回(☆)
  12. silQ(東京都)2,823回
  13. アイドル教室(愛知県)2,742回(☆)
  14. さくらんぼんBom(山形県)2,373回
  15. T!P(栃木県)1,979回
  16. 3776(静岡県)1,815回
  17. べじっ娘(大阪府)1,801回
  18. Jewel Kiss(北海道)1,749回
  19. LE Siana(奈良県)1,747回(☆)
  20. Star☆T(愛知県)1,501回
  21. CoCoRo学園(群馬県)1,441回
  22. S-Qty(岡山県)1,245回
  23. ひかりwithおしくらまんじゅ(長野県)1,199回
  24. WHY@DOLL(北海道)1,150回
  25. EDOist(東京都)1,136回
  26. ぶどう党(山梨県)1,128回
  27. 川崎純情小町☆(神奈川県)853回
  28. 浦安マリンエンジェルス(千葉県)606回
  29. chairmans(岩手県)585回
  30. 山田ミオ(東京都)572回

U.M.U AWARD 2014[編集]

正式名称は「ご当地アイドルNO.1決定戦『U.M.U AWARD 2014』〜リアル地方創生の天使たち〜

2014年12月30日にZEPP TOKYOで開催。福岡県代表の乙女の純情がご当地アイドルの頂点に立った[8]

ファイナリスト(2014年)[編集]

2014年11月29日 - 12月6日、「ALL JAPAN SELECTION 2014」の中からYouTube動画によるパフォーマンス審査・動画再生回数等を基準として決勝大会に進む計8組のファイナリストが発表された。

ALL JAPAN SELECTION 2014[編集]

2014年11月29日、日本全国のエントリーの中からファイナリスト候補として「ALL JAPAN SELECTION 2014」計20組が発表された。

  • 動画再生バトル順位(2014年12月6日21時確定。名称の最後尾が再生回数。☆=決勝進出)
  1. 柊木りお(東京都)7,590回(☆)
  2. だいやぁ☆もんど(鳥取県)7,185回(☆)
  3. 銚子元気娘(千葉県)4,513回(☆)
  4. BOSO娘(千葉県)3,792回
  5. アイくるガールズ(福島県)3,741回(☆)
  6. はちきんガールズ(高知県)3,597回(☆)
  7. 乙女の純情(福岡県)3,298回(☆)
  8. オトメ☆コーポレーション(長野県)3,235回
  9. CANDY GO!GO!(東京都)3,059回
  10. YENA☆(イエナ)(兵庫県)2,983回
  11. アイドル教室(愛知県)2,384回(☆)
  12. こみこみ☆こみ〜な(千葉県)2,364回
  13. KIRA☆GIRL(福島県)2,333回
  14. silQ(東京都)2,194回
  15. H&A.(静岡県)2,047回
  16. LE Siana(奈良県)1,714回
  17. Star☆T(愛知県)1,680回
  18. CoCoRo学園(群馬県)1,222回
  19. chairmans(岩手県)899回
  20. OSAKA翔GANGS(大阪府)864回(☆)

U.M.U AWARD 2016[編集]

正式名称は「ご当地アイドルNO.1決定戦『U.M.U AWARD 2016』

ホリプロ主催だった大会を株式会社THE CROSSが引き継ぎ“TOKYO IDOL PROJECT”のバックアップを受けて開催されることが発表された[9]2016年11月27日に渋谷VISIONで決勝戦が開催。福島県いわき市アイくるガールズがご当地アイドルの頂点に立った[10]

受賞結果[編集]

  • グランプリ(グランドファイナル1位):アイくるガールズ(福島県)
  • 準グランプリ(同2位):山口活性学園(山口県)
  • 敢闘賞(同3位):くるーず~CRUiSE!(福岡県)
  • mate賞(事前投票):Fortune♣Doll(大阪府)
  • オーディエンス賞:アイくるガールズ(福島県)
  • lopi-lopi賞:TEN真RUNLAN(岐阜県)
  • SUPERHEAD賞:くるーず~CRUiSE!(福岡県)
  • Auto Nail賞:アイくるガールズ(福島県)
  • ソーメン二郎賞:TEN真RUNLAN(岐阜県)
  • C CHANNEL賞:DDプリンセス(大阪府)(沖縄県)(東京都)

エリア代表決定戦[編集]

2016年8月27日、日本全国のエントリーの中から動画、書類選考を経て、計64組が発表された。

各エリアの代表決定戦でオーディエンス票1位になったグループが決勝戦に選出。全国6エリア8組が決定した。

  • 北海道・東北エリア  poem(宮城県)
  • 関東・甲信越エリア  Menkoiガールズ(群馬県)、高田本町商店街PRアイドルがんぎっこ(新潟県)
  • 東海・北陸エリア  TEN真RUNLAN(岐阜県)
  • 関西エリア  天空音パレード(大阪府)、Fortune♧Doll(大阪府)
  • 中国・四国エリア  山口活性学園(山口県)
  • 九州・沖縄エリア  S☆UTHERN CROSS(鹿児島県)

推薦枠[編集]

後日運営委員会によるビデオ映像審査により4組が決勝戦に進出。

  • 北海道・東北エリア  アイくるガールズ(福島県)
  • 東海・北陸エリア  金星☆ジュリエッタ(愛知県)
  • 関西エリア  DDプリンセス(大阪府)(沖縄県)(東京都)
  • 九州・沖縄エリア  くるーず 〜 CRUiSE!(福岡県)

DMM.yell枠[編集]

DMM.yell投票による3組が決勝戦に選出。

U.M.U AWARD 2017[編集]

正式名称は「ご当地アイドルNO.1決定戦『U.M.U AWARD 2017』

事前審査(一次審査)[編集]

3月6日〜5月1日のエントリー期間が過ぎて審査

オンライン審査(二次審査)[編集]

7月10日23時時点のTwitterフォロワー数、YouTube動画再生数、mate応援数で評価

エリアブロック(三次審査)[編集]

9月〜10月予定

決勝[編集]

11月19日予定

脚注[編集]

  1. ^ ご当地アイドルNo.1に新潟県産ねぎ大好きのNegicco”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2010年12月27日). 2010年12月27日閲覧。
  2. ^ 「U.M.U AWARD 2010」ラスト枠予選会 JUMP UP!!〜IDOLプロアマバトルロイヤル〜”. スクランブルエッグon the Web. 株式会社スクランブルエッグ (2011年1月27日). 2016年7月6日閲覧。
  3. ^ 「U.M.U AWARD 2010」決勝大会〜全国アイドルお取り寄せ展〜”. スクランブルエッグon the Web. 株式会社スクランブルエッグ (2011年2月16日). 2016年7月6日閲覧。
  4. ^ 2011年ご当地アイドルNo.1に広島発「まなみのりさ」 Perfumeの後輩3人組”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2011年12月27日). 2013年1月20日閲覧。
  5. ^ ご当地アイドルNo.1は道産子アイドル「フルーティー」 - U.M.UAWARD2012”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2012年12月26日). 2013年1月20日閲覧。
  6. ^ U.M.U(=ご当地アイドル)たちが大集合!5月3日(木・祝)ラジオ第1で公開ナマ放送『U.M.U ご当地アイドルフェスティバル ジモラブNo.1決定戦』”. NHK-FMブログ (2012年5月1日). 2013年1月20日閲覧。
  7. ^ ご当地アイドルNo.1は茨城・水戸ご当地アイドル(仮)【U.M.U AWARD 2013】”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2013年12月13日). 2013年12月13日閲覧。
  8. ^ 乙女の純情、“4度目の正直”ご当地アイドルの頂点に「あきらめなくて良かった」”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2014年12月30日). 2014年12月30日閲覧。
  9. ^ U.M.U AWARD 2016”. mate. 株式会社UXF (2016年6月1日). 2016年7月6日閲覧。
  10. ^ ご当地アイドル日本一は福島「アイくるガールズ」 3度目の正直で栄冠”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2016年11月28日). 2016年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]