櫻井音乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さくらい おとの
櫻井 音乃
プロフィール
愛称 おとちゃん[1]
生年月日 2002年8月17日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本静岡県焼津市[2]
血液型 B型[3]
公称サイズ(2023年[4]時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
スリーサイズ 88 - 63 - 86 cm
活動
デビュー 2021年[4]
ジャンル グラビアアイドル
モデル内容 一般、水着
事務所 ホリプロ[5]
その他の記録
ミス・ワールド・ジャパン英語版 2019 京都大会(介護福祉賞)[6][7]
女子高生ミスコン 2019(モデルプレス賞)[6][7]
グラジャパ!アワード2021(最優秀新人賞)[8][9][10]
週刊SPA!グラビアン魂アワード2023(リリー・フランキー賞 CUTIE&SEXY賞)[11]
モデル: テンプレート - カテゴリ

櫻井 音乃(さくらい おとの、2002年〈平成14年〉8月17日 - )は、日本のグラビアアイドル静岡県焼津市出身[2]

2024年現在はホリプロ所属[5]

略歴[編集]

中学2年時、ファッション誌『Popteen』(角川春樹事務所)のレギュラーモデルを務める[3][12][注 1]。高校入学後、2019年に「ミス・ワールド・ジャパン英語版 2019 京都大会」[14]にて介護福祉賞、「女子高生ミスコン 2019」[15]にてモデルプレス賞をそれぞれ受賞し[6][7]、高校2年時に恋愛リアリティ番組『今日、好きになりました。〜韓国ソウル編〜』 (AbemaTV) に出演する[12][16]

2021年2月に高校を卒業してホリプロに所属すると、同年3月29日に男性向け週刊誌『週刊プレイボーイ』同年15号(集英社)の巻中グラビアを飾り、グラビアアイドルとしてのデビューを果たす[12][17][18][注 2]。その後は美容関係の仕事も視野に入れて美容系の専門学校へ通う[17]一方、2か月後の5月24日には同グラビアへの大反響による同誌23号への再登場を果たす[20]などスタイルで話題となり、2022年11月までに同誌最多となる5回もの撮り下ろしで掲載される[21]。また、それと前後して2021年7月19日には青年漫画雑誌『週刊ヤングマガジン』同年8号(講談社)の巻末グラビアに初登場した[22]ほか、同年8月24日には写真週刊誌『FLASH』同年9月7日号(光文社)の巻中グラビアに初登場し、「次世代グラビアクイーン」と称された[23]

2021年12月13日には、集英社のデジタルコンテンツを対象としたグラビア賞レース「グラジャパ!アワード2021」にて最優秀新人賞を受賞する[8][9][10]

2022年春に上京して一人暮らしを始め[2]、同年11月7日には『週刊プレイボーイ』同年46号にて初の表紙を巻頭グラビアと共に飾り[24]、11月9日には初の写真集『Fanfare』(集英社)が発売される[21]。なお、10代最後のグラビアでもある同写真集の撮影は同年7月に宮古島にて2泊3日の工程で行われた[4][25]ほか、同写真集の発売と同時に開催されたオンライン取材会にて明かしたところによれば、タイトルはTWICEの同名の楽曲にちなむという[21]

2023年5月26日には、バンテリンドームにて開催されたプロ野球中日ドラゴンズ横浜DeNAベイスターズ戦の始球式に登板する[26]

2023年9月5日には、『FLASH』同年9月19日号の表紙と巻頭グラビアを初めて飾り[27]、同誌編集部に「撮るたびに新たな魅力が見つかることが一番の武器」との旨で評される[28]

2023年10月8日には、K's cinemaにて開催された映画『LONESOME VACATION』(マイターン・エンターテイメント)の初日舞台挨拶に登壇し、映画初出演となった同作の撮影時期は寒かったが、現場の皆が温かくて緊張せずに撮影できたとの旨を明かす[29]

2023年12月18日には、『週刊プレイボーイ』2024年1・2合併号の巻中グラビアを飾り、『Fanfare』以来1年ぶりの撮り下ろしに際して21歳ゆえの大人らしい攻めた衣装姿をアピールしたほか、胸が垂れるのは嫌なのでブラジャーの着け方には気をつけているとの旨を明かす[30]

2023年12月26日には、「週刊SPA!グラビアン魂アワード2023」にて、リリー・フランキー賞のうちCUTIE&SEXY賞を受賞する[11]

2024年1月28日(27日深夜)には、テレビドラマ『花の筋曜日 マッスルハンターみなみ』(TVQ九州放送)にて、ヒロインのみなみ(演 - わちみなみ)の天敵であるももこ役を演じる[31]

2024年3月31日には、自身のInstagramにてフォロワーが20万人を突破したことを報告し、ビキニ姿のバックショットを披露する[32]

2024年4月19日には、写真週刊誌『FRIDAY』同年5月3日号(講談社)の表紙に初登場し、巻頭グラビアを10ページに渡って飾った[33]ほか、デジタル写真集『ヒミツの温泉旅行』vol.1/2(同社)が発売される[34][35]

2024年5月29日には、同年6月5日から9日まで六行会ホールにて上演される予定の舞台『ジャック・モーメント』のレベッカ役[36]を、降板した村島未悠の代役として務めることが発表された[37]

人物[編集]

  • 趣味はピアノHIPHOPダンスボクシング、特技は暗記英語スピーチ[38]
  • 幼少期はとにかく目立つのが好きだったうえ、習い事も水泳からピアノ、太鼓、ダンスと幅広く、発表会に出るのも好きだった[39]。また、ファッションには母の影響で興味を持ったという[39]。中学時代には母に自転車で並走してもらいながらマラソンダイエットに励んでいたほか、高校時代には週に2 - 3回ボクシング教室に通っていたという[40][注 3]。なお、母は補正下着にも詳しい元エステティシャンでもあり、櫻井がグラビアアイドルとしてデビューする際の撮影3日前には彼女の顔をマッサージして弛みを上げていた[17]ほか、その後も櫻井が実家に帰省した際にはブラジャーの着け方が違うと注意されるという[30]
  • 憧れの人は生見愛瑠[4][13][39]。ファッション雑誌『ニコ☆プチ』(新潮社)に掲載された生見や静岡のイベントに登壇した彼女の可愛さや綺麗さに惹かれ、小学5年時に「こんなふうになりたい!」と思ったことが、芸能界デビューのきっかけになったという[4][13][39]。また、ホリプロに所属する際には「私の憧れで大好き」として石原さとみを挙げており[41]、20歳を迎えた際には彼女を挙げた理由として「色っぽさを感じるし、いろいろな顔ができる」を明かしている[19]
  • 歯の生え変わりが遅く、10代前半の頃は前歯が何本かスカスカ状態だったことから、モデルのオーディションに片っ端から応募しては「モデルは歯が大事だから」と言われ、ずっと最終審査で落ちていた[13]。どうにか事務所に所属できたものの『Popteen』のモデルに合格するまでは、父の運転する自動車で母や弟と共に上京し、オーディションでの落選に泣いた後に食事や観光を経て帰宅するなど、家族の応援に支えられる日々だった[39]。合格したものの、まもなく胸が大きくなって(指定された)洋服を綺麗に着られなくなったことから呼ばれなくなり、コンプレックスと共に芸能活動をあきらめかけていたところ、「ミス・ワールド・ジャパン2019 京都大会」や「女子高生ミスコン 2019」での受賞を経て前向きとなる[7]。『今日、好きになりました。〜韓国ソウル編〜』が終わった後には再びあきらめかけていたが、ホリプロのマネージャーから声をかけられてホリプロスカウトキャラバンを受け、オーディションには落ちたもののホリプロに所属できたうえ、グラビアの仕事を勧められたという[16][39]
  • 上記のコンプレックスについては、小学6年の修学旅行時に女子の口頭を介して男子に胸のことを言われたことがきっかけであり、男子に見られていることを気にし始めた以降はボディーラインが出ないような服を中学くらいまで着ていたうえ、体育の授業では全力で(胸を)潰しにかかっていたという[42]
  • 上記のように中学時代は東京と静岡の往復生活だったこともあり、部活でいじめられるなど、学校に行きたくない日々だった[2]。部活をやめてからもSNSで非難されたが、いじめっ子に対して直に話した以降は「勇気を出して行動すれば何かが変わるかもしれない」と思うようになったという[2]
  • グラビアは所属直後のホリプロから声をかけてもらったことがきっかけであり[25]、当初は上記のコンプレックスに加えて両親もあまり良いイメージを持っていなかったことからやりたくなかったが、話し合いを経て信頼した両親からも勧められるようになり、戸惑いながら始めた[39]。最初はスタジオにてテストシュート[注 4]が設けられて緊張していたが、カメラマンに見せてもらった写真の仕上がりがあまりに綺麗だったことから、一気に安心した[39]。ロケ先にて正式にグラビアの撮り下ろしとなった後も、緊張し過ぎて眠れなかったり水着の小ささからポロリを心配したりと、言われたようにするだけで精一杯だったが、途中で見せてもらった写真の綺麗さには感激した[44]。この初グラビア[注 5]が掲載された『週刊プレイボーイ』2021年15号は母だけでなく友人たちにも好評だったほか、Instagramのフォロワーが一気に5千人も増えた[44]。それから何回もの撮影を経た半年後にはグラビアへの不安がなくなり、「大きな胸も自由に見て」「どんな水着を着るのかな」などと思うようにもなった[44]結果、大きな胸を自身の武器として誇りに思い、(普段も)周囲の目を気にせず着たい洋服を着るようになったという[42]
  • 弟とはプリキュア仮面ライダーを一緒に見ており、自身は戦隊ものへの出演や仮面ライダーへの変身をしてみたいという[19][46][注 6]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

ウェブテレビ[編集]

映画[編集]

  • LONESOME VACATION(2023年10月7日公開、マイターン・エンターテイメント) - 遠山かおり 役[54][55]

ラジオ[編集]

  • ドローンネット presents 小池徹平の SKY FIGHT(2022年1月19日 - 5月11日、ABCラジオ[56][57] - ドローンビーナスのメンバー[58]として不定期出演[59]

舞台[編集]

作品[編集]

写真集[編集]

  • Fanfare(2022年11月9日、集英社ISBN 978-4-08-790096-5[24][60]

デジタル写真集[編集]

  • さくらの唄(2021年3月29日、集英社)[60][18]
  • オトナノート(2021年5月24日、集英社)[60][20]
  • NINETEEN BLUE(2021年10月11日、集英社)[60][61]
  • 桜の音(2022年3月28日、集英社)[59][60]
  • 19歳、輝く夏色ボディ(2021年10月26日、光文社[62]
  • Fanfare アナザーエディション(2022年11月9日、集英社)[24][60][注 7]
  • ぷるぷる美バスト(2023年7月7日、講談社[64]
  • 変幻自在(2023年7月14日、主婦の友社[65]
  • オトナとコドモのハザマ。(2023年8月30日、KADOKAWA[66]
  • Listen To My Heart(2023年9月21日、集英社)[60]
  • 二十歳の誘惑(2023年10月13日、扶桑社[67]
  • WPB 櫻井音乃デジタル写真集〜特装合本版〜(2023年11月15日、集英社)[60][注 8]
  • 美バストらんまん(2023年12月4日、小学館[68]
  • 地元のパイセン(2023年12月18日、集英社)[60]
  • 熱帯魚(2024年1月6日、小学館)[69]
  • トナリノオトノ(2024年1月8日、秋田書店)[70]
  • ドリアン・グレイの肖像(2024年3月11日、講談社)[71][注 9]
  • ヒミツの温泉旅行 vol.1/2(2024年4月19日、講談社)[34][35]

その他[編集]

  • 櫻井音乃 2023 - 24年カレンダー(2023年3月31日、スクロール)[72]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2023年の『週刊現代』(講談社)によるインタビューでは、レギュラーモデルを務めていた時期を「中学3年の終わりから高校生になる頃に」と答えている[13]
  2. ^ 後に20歳の誕生日を迎えた2022年8月17日には、このデビュー前にコロナ禍で体重が10キログラム増えてしまっており、甘い物を減らしてダイエットしてから撮影に臨んだとの旨を明かしている[19]
  3. ^ また、高校時代は地元の焼津に遊ぶ所が無かったことから、放課後は静岡駅まで行って新静岡セノバ静岡パルコにて買い物するなど遊んでいたという[17]
  4. ^ 宣伝写真がまだ少ない新人モデルが写真を撮ってもらうことを意味する撮影用語[43]。今回の場合、撮影に慣れるためやどんな水着が似合うかを見るための試し撮りを意味する。
  5. ^ 後に発売された初のデジタル写真集『さくらの唄』にも収録されており、その表紙にはテストシュートでの撮影分が用いられている[45]
  6. ^ 別のインタビューでは、戦隊ものを弟と一緒に見ていたと述べており、それへの出演は動ける身体を目指すヒップアップと同様に目標として挙げている[40]
  7. ^ 写真集『Fanfare』のアザーカットで構成したデジタル限定写真集[24][63]
  8. ^ 『さくらの唄』・『オトナノート』・『NINETEEN BLUE』・『桜の音』をまとめた合本版。
  9. ^ 同名の小説『ドリアン・グレイの肖像』(オスカー・ワイルド著)とのコラボレーション作品。

出典[編集]

  1. ^ 【動画】今年大ブレイクの"おとちゃん"こと櫻井音乃が、12月期+スペシャルに登場!」『週プレNEWS』集英社、2021年12月6日。2023年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e 自分の思いを伝えたことで強くなれた。グラビアアイドル櫻井音乃が乗り越えた「いじめ体験」」『集英社オンライン』集英社、2022年10月27日。2023年1月10日閲覧。
  3. ^ a b 櫻井音乃のプロフィール」『ORICON NEWS』oricon ME、2021年7月20日。2022年6月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e 【WEEKDAYはグラドル日記(850)】櫻井音乃が初写真集で10代最後のフレッシュボディー魅せた!」『サンスポ』産経デジタル、2023年1月4日。2023年1月5日閲覧。
  5. ^ a b 櫻井音乃 サクライ オトノ”. ホリプロオフィシャルサイト. ホリプロ. 2024年3月1日閲覧。
  6. ^ a b c 「今日好き」美女・櫻井音乃、「週プレ」でグラビアデビュー」『モデルプレス』ネットネイティブ、2021年3月29日。2022年1月10日閲覧。
  7. ^ a b c d 逆境を乗り換えて…グラビアアイドル・櫻井音乃が語る「歯」と「胸の大きさ」を理由にモデルを諦めた過去」『現代ビジネス』講談社、2023年4月25日、2面。2023年4月26日閲覧。
  8. ^ a b 『仮面ライダーリバイス』で大注目の女優・浅倉 唯が「グラジャパ! アワード2021」でグランプリ!」『週プレNEWS』集英社、2021年12月14日。2022年12月10日閲覧。
  9. ^ a b 決定! グラジャパ!アワード2021!!”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社. 2022年12月10日閲覧。
  10. ^ a b 最優秀新人賞|グラジャパ!アワード2021!!”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社. 2022年12月10日閲覧。
  11. ^ a b 櫻井音乃 (2023年12月29日). “週刊SPA・グラビアン魂アワード2023にてリリーフランキー賞の【cutie&sexy賞】をいただきました❤︎”. Instagram. meta. 2024年1月30日閲覧。
  12. ^ a b c d 成人おめでとう! 20歳を迎えたばかりの女のコたちがフレッシュな笑顔をお届け!【週プレ グラジャパ!】」『週プレNEWS』集英社、2023年1月9日。2023年3月25日閲覧。
  13. ^ a b c d 逆境を乗り換えて…グラビアアイドル・櫻井音乃が語る「歯」と「胸の大きさ」を理由にモデルを諦めた過去」『現代ビジネス』講談社、2023年4月25日。2023年4月26日閲覧。
  14. ^ 櫻井 音乃”. ミス・ワールド・ジャパン2019京都大会. No.10. 2023年12月20日閲覧。
  15. ^ おとのんさん”. 女子高生ミスコン2019 中部エリア. プロフィール. 2023年12月20日閲覧。
  16. ^ a b 逆境を乗り換えて…グラビアアイドル・櫻井音乃が語る「歯」と「胸の大きさ」を理由にモデルを諦めた過去」『現代ビジネス』講談社、2023年4月25日、3面。2023年4月26日閲覧。
  17. ^ a b c d 恋リア系女子高生・櫻井音乃が高校卒業!「女優とヘアメイクどっちもできたらカッコいいですよね!」」『週プレNEWS』集英社、2021年3月28日。2024年1月8日閲覧。
  18. ^ a b “ヒロインはいつも突然に” 静岡から来た18歳 櫻井音乃、可憐なグラビアデビュー」『ドワンゴジェイピーnews』ドワンゴ、2021年3月29日。2024年3月1日閲覧。オリジナルの2023年4月10日時点におけるアーカイブ。
  19. ^ a b c グラビア界のスーパールーキー櫻井音乃、20歳の願い「戦隊モノに出たい!!」 涼しげな浴衣姿を披露」『中スポ』中日新聞社、2022年8月18日。2023年5月21日閲覧。
  20. ^ a b 櫻井音乃、令和最大のデビューから早くも『週プレ』再登場撮り下ろし」『ドワンゴジェイピーnews』ドワンゴ、2021年5月24日。2024年3月1日閲覧。オリジナルの2023年4月10日時点におけるアーカイブ。
  21. ^ a b c 櫻井音乃、1st写真集『Fanfare』タイトルの由来は”TWICE” 歌詞にひかれ自分を鼓舞」『ORICON NEWS』oricon ME、2022年11月9日。2022年12月10日閲覧。
  22. ^ “超衝撃BODY新人”櫻井音乃、最新グラビアで特大インパクト ビキニからバストがあふれ…」『ORICON NEWS』oricon ME、2021年7月19日。2023年3月25日閲覧。
  23. ^ 圧巻ボディでオファー殺到中 櫻井音乃、次世代クイーンに“秒でトリコ”」『ドワンゴジェイピーnews』ドワンゴ、2021年8月24日。2024年3月1日閲覧。オリジナルの2023年4月10日時点におけるアーカイブ。
  24. ^ a b c d クールビューティ&超絶ボディ 櫻井音乃、デビュー以来の夢『週プレ』表紙に初登場」『ドワンゴジェイピーnews』ドワンゴ、2022年11月7日。2024年3月1日閲覧。オリジナルの2023年4月8日時点におけるアーカイブ。
  25. ^ a b 「小学生の頃、男子に胸のことを言われて…」コンプレックスだった胸が櫻井音乃の武器になるまで」『集英社オンライン』集英社、2022年10月27日。2024年4月8日閲覧。
  26. ^ 【中日】櫻井音乃が始球式 大きく振りかぶってノーバウンド投球でスタンドから拍手」『日刊スポーツ』日刊スポーツNEWS、2023年5月26日。2023年5月27日閲覧。
  27. ^ “グラビア新時代のエース”櫻井音乃、圧巻の美バスト&華やかボディたっぷり披露」『ORICON NEWS』oricon ME、2023年9月5日。2023年9月9日閲覧。
  28. ^ 櫻井音乃、グラビア界随一の華やかボディ「いろんなジャンルのグラビアに挑戦してみたい」」『Smart FLASH』光文社、2023年9月8日。2023年9月9日閲覧。
  29. ^ 映画『LONESOME VACATION』探偵×バカンス×ロックンロール!異色の作品が公開!』(プレスリリース)UNIVERSAL PRESS合同会社、2023年10月7日https://universal-press.jp/news/272272024年1月11日閲覧 
  30. ^ a b 櫻井音乃が週プレで約1年ぶりのグラビア撮り下ろし!「ノーブラで寝るなんて考えられないです」」『週プレNEWS』集英社、2023年12月17日。2022年12月19日閲覧。
  31. ^ a b 福岡出身の美ボディタレント・わちみなみ主演、筋肉フェチ女子×マッスルの新感覚コメディドラマ『花の筋曜日~マッスルハンターみなみ~』テレQにて放送」『Deview』oricon ME、2024年1月17日。2024年1月29日閲覧。
  32. ^ 櫻井音乃、フォロワー20万人突破で圧巻ビキニ姿を披露! 「本当に凄すぎる」「まだまだいっちゃいましょう」」『All About ニュース』オールアバウト、2024年4月1日。2024年4月8日閲覧。
  33. ^ 櫻井音乃、圧巻の美バストを大胆披露 山奥の温泉旅館でデート感あふれるグラビア」『マイナビニュース』マイナビ、2024年4月19日。2024年4月19日閲覧。
  34. ^ a b 櫻井音乃 ヒミツの温泉旅行 vol.1”. FRIDAY. 講談社 (2024年4月19日). 2024年4月23日閲覧。
  35. ^ a b 櫻井音乃 ヒミツの温泉旅行 vol.2 110ページ超豪華版”. FRIDAY. 講談社 (2024年4月19日). 2024年4月23日閲覧。
  36. ^ a b ジャック・モーメント”. アメツチ. 2024年5月29日閲覧。
  37. ^ a b 出演キャスト変更のご案内”. アメツチ (2024年5月29日). 2024年5月29日閲覧。
  38. ^ 櫻井音乃”. ヤンマガWeb. 講談社. 2022年6月17日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g h 櫻井音乃が語る初グラビアの記憶「わわわ~! 恥ずかしすぎる!!」【初グラビア物語】」『週プレNEWS』集英社、2023年3月1日。2023年3月25日閲覧。
  40. ^ a b ボクシングも、アクションも! 櫻井音乃が欲しいのは“動けるカラダ”」『Tarzan Web』マガジンハウス、2023年11月21日。2023年12月2日閲覧。
  41. ^ 恋リア系で話題の【櫻井音乃】がホリプロ所属決定!』(プレスリリース)ホリプロ、2021年2月14日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000394.000028143.html2023年3月25日閲覧 
  42. ^ a b 「小学生の頃、男子に胸のことを言われて…」コンプレックスだった胸が櫻井音乃の武器になるまで」『集英社オンライン』集英社、2022年10月27日、3面。2024年4月8日閲覧。
  43. ^ カメラマンの1年目はどうだった?”. スタディサプリ 進路. リクルート. 2023年3月25日閲覧。
  44. ^ a b c 櫻井音乃が語る"グラビア観"の変化「コンプレックスだった胸も『自由に見てください!』なんて思ったり」【初グラビア物語】」『週プレNEWS』集英社、2023年3月8日。2023年3月25日閲覧。
  45. ^ 1st写真集『Fanfare』を発売したての"グラビア界のスーパールーキー"櫻井音乃とグラビア女子トーク!」『週プレNEWS』集英社、2022年11月19日。2023年5月21日閲覧。
  46. ^ グラビア界のビッグルーキー・櫻井音乃 20歳の誕生日に浴衣姿で変身願望明かす」『東スポWEB』東京スポーツ新聞社、2022年8月18日。2023年5月21日閲覧。
  47. ^ 高橋 凛 [@rin_rin_t] (2022年9月15日). "テレビ東京さんにて毎週木曜日深夜0時30分〜放送中のドラマ『チェイサーゲーム』に出演させて頂いております🙇‍♂️✨皆様ぜひ観てください🌸🥰". X(旧Twitter)より2022年9月16日閲覧
  48. ^ 櫻井 音乃 [@o_to.08] (2023年8月21日). "VIVANT 第5話に少しだけ出演させていただきました❤︎". Instagramより2023年8月22日閲覧
  49. ^ 櫻井 音乃 otono sakurai [@o_to.08] (2023年12月12日). "12月12日(火)23時〜放送【時をかけるな、恋人たち】第10話、11話の2週にわたって『はにゃたん』役で出演させていただいてます❤︎ 見逃し配信もあるのでぜひ!! はにゃたんの音は新鮮だよ笑笑😂". Instagramより2023年12月12日閲覧
  50. ^ グラビア界の新星・櫻井音乃が地上波デビュー「カンペを見ないでアドリブを入れられるようになったら一流だなって思います」」『週プレNEWS』集英社、2021年5月24日。2024年1月8日閲覧。
  51. ^ 『櫻井音乃』検索結果”. アイドル専門チャンネルPigoo. つくばテレビ. 2024年4月29日閲覧。
  52. ^ 過去の放送内容”. 浜ちゃんが!. 讀賣テレビ放送. 2024年3月20日閲覧。
  53. ^ 櫻井 音乃 [@o_to.08] (2023年6月1日). "Abemaボクシングチャンネルで解説やってます🥊 次は、6月10日大阪です!". Instagramより2023年9月7日閲覧
  54. ^ 探偵×ロックンロール×バカンス『LONESOME VACATION』公開を目指しクラウドファンディングがスタート!』(プレスリリース)マイターン・エンターテイメント、2023年3月1日https://universal-press.jp/news/232072023年6月15日閲覧 
  55. ^ 藤江琢磨がリーゼントの探偵に、主演作「LONESOME VACATION」公開」『映画ナタリー』ナターシャ、2023年8月11日。2023年8月11日閲覧。
  56. ^ 小池徹平のSKYFIGHT [@teppei_SKYFIGHT] (2022年1月19日). "本日24時30分~は 「小池徹平のSKYFIGHT」📻". X(旧Twitter)より2024年3月1日閲覧
  57. ^ 小池徹平のSKYFIGHT [@teppei_SKYFIGHT] (2022年5月11日). "本日24時30分~は 「小池徹平のSKYFIGHT」📻". X(旧Twitter)より2024年3月1日閲覧
  58. ^ ドローンビーナス”. SKY FIGHT. ドローンネット. 2024年3月1日閲覧。
  59. ^ a b 衝撃のグラビアデビューから1年 櫻井音乃、優雅に成長するスーパールーキー」『ドワンゴジェイピーnews』ドワンゴ、2022年3月28日。2024年3月1日閲覧。オリジナルの2023年4月8日時点におけるアーカイブ。
  60. ^ a b c d e f g h i 櫻井音乃”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社. 2024年1月11日閲覧。
  61. ^ 最速3度目撮り下ろし、櫻井音乃 19歳初グラビアは“令和の大本命”」『ドワンゴジェイピーnews』ドワンゴ、2011年10月11日。2024年3月1日閲覧。オリジナルの2023年4月10日時点におけるアーカイブ。
  62. ^ 2021年10月 光文社電子書籍 新刊予定” (pdf). 光文社. 2022年12月10日閲覧。
  63. ^ Fanfare アナザーエディション”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社. 2023年6月15日閲覧。
  64. ^ 櫻井音乃『ぷるぷる美バスト』”. 週刊現代デジタル. 講談社. 2023年8月1日閲覧。
  65. ^ 櫻井音乃 変幻自在」『』主婦の友社。2023年7月15日閲覧。
  66. ^ 【デジタル限定】櫻井音乃写真集”. KADOKAWA. 2023年9月9日閲覧。
  67. ^ グラビアン達も熱視線! グラビアン魂デジタル写真集・櫻井音乃「二十歳の誘惑」発売!!」『日刊SPA!』扶桑社、2023年10月13日。2023年10月13日閲覧。
  68. ^ 櫻井音乃 美バストらんまん”. 小学館 (2023年12月4日). 2023年12月4日閲覧。
  69. ^ 櫻井音乃 熱帯魚”. 小学館 (2024年1月6日). 2024年1月11日閲覧。
  70. ^ 櫻井音乃「トナリノオトノ」【ヤングチャンピオンデジグラ】”. 秋田書店 (2024年1月8日). 2024年1月11日閲覧。
  71. ^ 【グラビア文学館】櫻井音乃×オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』”. 週刊現代デジタル. 講談社 (2024年3月11日). 2024年3月20日閲覧。
  72. ^ 櫻井音乃 2023-24年カレンダー”. MEN'S SCROLL. スクロール. 2023年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]