江川達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江川 達也
生誕 1961年3月8日(53歳)[1]
日本の旗 日本愛知県名古屋市[1]千種区[2]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
テレビタレント
活動期間 1984年[1] -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
歴史漫画
代表作 まじかる☆タルるートくん
東京大学物語
日露戦争物語
GOLDEN BOY
テンプレートを表示

江川 達也(えがわ たつや、1961年3月8日[1] - )は、日本漫画家テレビタレント

愛知県名古屋市千種区出身。愛知教育大学教育学部卒業[1]。男性。血液型はA型[1]。妻子持ち。

略歴[編集]

小学生の時からノートに漫画を描き始め[1]、中学時代で投稿作品を描き上げるが、その後は漫画からは離れる。名古屋市立北高等学校を経て愛知教育大学教育学部数学科に入学、人形劇サークル・漫画研究会・アニメ研究会などに在籍し、漫画以外の創作活動も行う。大学卒業後は1983年4月から8月までの約5ヶ月間、名古屋市立東陵中学校の数学科講師をしたのち退職、本宮ひろ志アシスタントを4ヶ月間務める[1]。本宮の所に行った理由は、本宮の作品がまったく面白くないと思ったからで、理解できないから理解してやろうという気持ちだったという。当時、本宮に自作を読ませたら「おまえ、これ売れるか」と問われ、その時「漫画とは作品ではなく商品なのだ」と認識したと言う。

アシスタントの傍ら描いた習作『Don't Give Up』が『コミックモーニング』編集部の目に止まり、1984年、「BE FREE!」(『モーニング』)でデビュー。その後『まじかる☆タルるートくん』を始めとする少年誌向けのギャグ漫画や、『東京大学物語』『GOLDEN BOY』などの青年誌向けのストーリー漫画まで幅広い分野で執筆し、作品がアニメ化されるなど、立て続けにヒット作を生み出す。

21世紀に入ってからは、ネームバリューが高い作品(『源氏物語』、『日露戦争物語』、『家畜人ヤプー』など)を漫画化。また、携帯サイトや新雑誌などのニッチな場での漫画作品の発表を行う。

漫画以外にもテレビ出演(ホリプロとタレント契約)、ヌード画集執筆など幅広く活動。『タモリ倶楽部』では地形ネタや巨大構造物(高速道路のジャンクションなど)の回によく出演している。

漫画作品の傾向[編集]

教育大学出身で、小学校教員を目指していたためか、作品内に学校や教育をテーマとして取り入れることが多く、現在の学校教育や学歴社会受験戦争を批判している。その一方で受験参考書(中経出版「センター試験の点数が面白いほどとれる本」シリーズ)の表紙を手掛けている。

大学時代の専攻は数学であり、作品内に数学が登場することもある。また、洗脳妄想など心理学にも興味を持っており、これらの言葉が作品内に登場し、作品のテーマとなることも多い。

源氏物語』等の日本古典文学、日本近代国家の形成史に傾倒。これらを主題とする作品『源氏物語』、『日露戦争物語』、『BOCCHAN 坊っちゃん』を執筆した。1980年代後半から1990年代前半の『週刊少年ジャンプ』誌上において、人気作家の一人だった江川は、その時「売れる漫画の理論」を作り出し、その後も多くのヒット作を生み出した(読者アンケートの人気結果を分析し、「どういう展開をすれば人気が出る(人気が下がる)」かを研究していたという)。

「家庭教師神宮山美佳」の連載と前後して作画をデジタル化。背景は手描きでなく、作画ソフトで加工した画像データを使用している。

人物[編集]

東京都渋谷区の高級住宅地松濤にある、建設費6億円強の豪邸に住んでおり、自宅には5775万円のメルセデス・ベンツ SLRマクラーレンを所有する[3]。書籍やテレビ等で、この車を購入したことに触れていることが多い。本人曰く「車の事はよくわからないのでベンツを買った」。だが、おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!に出演するほどの車好きであり、番組内で車とは「親父の思い出」であると発言している。

かつて、アシスタントの態度に「責任感が無い」と怒り、現在はアシスタントを一切使わずに1人で漫画を描いている(本人談)。なお、ある番組では「(うまいアシスタントを除いて)アシスタントを置かない方が仕事を速く処理できる」、若しくは「アシスタントを置かない方が好きな時に仕事ができるのでよい」という趣旨の説明をしていたこともある(『パソコンテレビ GyaO』内『PRO FILE #6 江川達也 【仕事】』参照、2006年3月20日まで配信)。ただし、アシスタントは現在でも募集している。

ドラえもん』の原作者藤子・F・不二雄が亡くなった後、雑誌やラジオにおいて『ドラえもん』を「人の欲望を際限なく肥大化させる」という趣旨の主張を繰り返し行った[4]。藤子・F・不二雄個人についても、「子供を食い物にするハラ黒い大人だ」と批判している[5]。その『ドラえもん』の悪所(と江川がみなす)部分を徹底分析し、アンチテーゼとして構築したのが『まじかる☆タルるートくん』であると江川は主張したが、結局は模倣に終わったと後に語る[4]。後に『ドラえもん』の掲載誌である『月刊コロコロコミック』にて、『ドラえもん』と同じようなコンセプトを持つ『魔動天使うんポコ』を連載した。近年は、宮崎駿コンピュータゲーム批判をよく行っているが、その反面、江川はいくつかのゲームソフトでキャラクターデザインを担当している。(後述)

著作『現実はマイナーの中に』で、水木しげるを最も尊敬する漫画家に挙げる一方で、手塚治虫に対しては藤子・F・不二雄のケース同様に、激しい批判を行っている[4]

恋愛論を語ることが夢で、「恋愛論を語るなら『an・an』誌上で」→「ならばドラマ化されるほどの恋愛漫画の巨匠に」→「ドラマ化がよくされている漫画雑誌は『ビッグコミックスピリッツ』」と、その夢を逆算していって生まれたのが『東京大学物語』であると、江川はTV番組「アイデアの鍵貸します」で語った。その後、着実にそれらは実現し、最終的には『an・an』に取材を受けて、恋愛論を語ることも実現した。そのテレビドラマ版『東京大学物語』の脚本チェックに参加したことがきっかけで、後に『コーリュー』で脚本家デビュー、「江口達大」名義で、AV監督アダルトビデオ『全編モザイク無し!全編声優吹き替え!全編主観映像! 全編淫語満載!!女教師と女生徒がペニバンで犯し合い、 男優は一切出てこない学園ドラマ。~ボクの初体験~』<ソフト・オン・デマンド>など)をそれぞれ経験したことがある。

『日露戦争物語』で、軍用の古地図を調べたことから、古地図マニアとなり、テレビ番組『タモリ倶楽部』の古地図企画でのレギュラーとなっている。2012年4月2日放送「ビートたけしのTVタックル」3時間SPで卒業した三宅久之に、江川達也が色紙に描いた三宅久之の似顔絵が額縁入りで番組最後にビートたけしから贈られた。

同業者の漫画家である平野耕太は、こういったテレビに出ずっぱりで人気タレント気取りの様子や驕った言動に不快感を示し、皮肉の意味で自らの職業を「江川達也をテレビで見たら「チッ」と舌打ちをする係」としている。この皮肉はネット内に浸透し、「チッ」が江川を表す単語としてネットスラングになっている。 また同じく漫画家である島本和彦は、『仮面ライダー THE FIRST』コミカライズ版のクオリティの低さに対して、「自分が編集者だったら原稿を叩き返す」「描きたくないのなら描くな」と批判している[6]。詳細は仮面ライダー THE FIRSTのリンク先を参照。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

書籍[編集]

  • ラストマン 野獣派宣言(2000年12月、講談社)
  • マンガジンマガジン Vol.2 江川達也(2001年3月、キネマ旬報社)
  • 江川達也の「平成の浮世絵」(2001年6月、メディアファクトリー)
  • EROPOP-EGAWA TATSUYA'S WORKS 1984-2002(2002年2月、角川書店)
  • “全身漫画”家(2002年4月、光文社)
  • 現実はマイナーの中に(2004年6月、ウェイツ)
  • 教育「真」論―That’s Japan Special 連続シンポジウムの記録(2004年6月、ウェイツ)共著
  • 江川達也のニッポンを鍛えろ!-オレ的国家改造計画(2004年10月、ぶんか社)
  • 江川達也の超・常識的生き方(2004年12月、海竜社)
  • 名古屋パワーの法則(2005年3月、徳間書店)
  • 江川達也の時事漫画 にあいこ≒るリアル 1 この国のバカたち(2005年4月、扶桑社)
  • 「東京大学」にダマされるな!(2005年6月、PHP研究所)
  • サブカル「真」論―That’s Japan Special 連続シンポジウムの記録(2005年9月、ウェイツ)共著
  • 学校嫌い 江川達也×山田玲司 狂った教育から解放されるために(2007年7月、一迅社
  • スピリチュアル・セックス(2008年5月、幻冬舎)
  • 首都高をゆく(2009年6月、イカロス出版)インタビュー収録
  • 高速道路の謎(清水草一著)(2009年8月、扶桑社新書)インタビュー収録
  • 睡眠はコントロールできる(2010年6月、メディアファクトリーメディアファクトリー新書遠藤拓郎との共著)
  • VOICE 2011年3月号(PHP研究所)堀江貴文と対談
  • 江川達也が描く秋山兄弟と『坂の上の雲』(2011年11月、別冊宝島)

コラム[編集]

  • 江川達也の「明治イズムのすゝめ」(THE 21、2005年1月号~12月号)全12回
  • 本音のコラム(2006年~2007年、東京新聞 毎週月曜日)

デザイン[編集]

ゲームキャラクター
アバター
  • Jenka.com(2005年8月25日~2007年3月31日、アバターコミュニティサイト)
3DCGデジタルアナウンサー
  • デジタル新人女性アナウンサー 杏梨ルネ(フジテレビ、2012年10月1日入社~2013年6月退社)退社後はボーカロイドに転職。
    • にっぽんのミンイ(2012年10月15日~2013年3月21日、フジテレビ)月~木曜深夜
    • ボーカロイド歌謡祭2013(春)~初音ミクから生まれた新たな音楽の世界~ (2013年6月6日、フジテレビ)
壁画

映像作品[編集]

監督作品[編集]

実写映画

出演[編集]

テレビ[編集]

準レギュラー、不定期出演を含む。

現在[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組

元アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『漫画家人名事典』 日外アソシエーツ2003年2月25日、68頁。ISBN 4-8169-1760-8
  2. ^ 2011年6月18日放送『幸せの黄色い仔犬』より。
  3. ^ 松浦達也; 共同著作者 (2008年5月26日). “メルセデス以外あり得ない!”. Daily EDGE著名人・有名人のカーライフ. 2009年4月7日閲覧。
  4. ^ a b c 『“全身漫画”家』
  5. ^ 『サイゾー』2003年3月号 江川式勉強法(欄外のコメントより)
  6. ^ ほとんどのコマに背景が描かれておらず、白紙の上に描かれた人物や建物もラフに近く、下書き同然の乱雑な作画であった。またストーリー構成も映画版とはまったく異なる。
  7. ^ 実際は青年向け漫画家として商業誌デビュー済みだったまいとしろう。彼は取材内容をロケ当日まで一切知らされず、江川に憧れるどころか江川の作品をほとんど知らなかったにも関わらず、やらせ演技を強要された。
  8. ^ A×A ダブルエー 公式ブログ
  9. ^ 週刊ヤングジャンプ』2009年39号452頁
  10. ^ a b 『漫画家人名事典』325頁
  11. ^ 絶望に効くクスリ』Vol.1
  12. ^ 『漫画家人名事典』240頁
  13. ^ オースーパージャンプ』(スーパージャンプ2009年8月25日増刊)242頁「いとう耐の解耐新語」
  14. ^ 砂倉の単行本『ファンタスティックファニーズ』奥付の作者のメッセージより
  15. ^ 鬼才現る:我ながらひどいと思います――人気主婦ブロガー「まんしゅうきつこ」さんの正体 (1/2)

外部リンク[編集]