町亞聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まち あせい
町 亞聖
プロフィール
本名 同じ
出身地 日本の旗 日本埼玉県
生年月日 1971年8月3日(42歳)
最終学歴 立教大学文学部英米文学科
所属事務所 ホリプロ
職歴 日本テレビ放送網
報道局
編成局アナウンス部
活動期間 1995年~
ジャンル 報道・情報系
出演番組・活動
現在 週末めとろポリシャン♪」等
過去 あさ天5」、「5時に夢中!」、「ニッポン・ダンディ」等

町 亞聖(まち あせい、本名:同じ、1971年8月3日 - )は、埼玉県蕨市出身のフリーアナウンサー。元日本テレビ社員(報道局記者、報道キャスター、アナウンサー)。

来歴・人物[編集]

与論島出身の父を持ち、たびたびハーフと間違えられて育った[1]。亞聖という名は父の命名で、聖人に次ぐ第2の君子を意味する[1]浦和市立高等学校(現:さいたま市立浦和高等学校)卒業。在学中、野球部が夏の甲子園に出場した際、チアリーダー部員として応援した[2]

高校3年の時に母親がくも膜下出血で倒れ、以後10年にわたり母親の介護をしていた。その間母親の介護のほか、妹弟の世話や家族が住むマンションのローン返済も担っていたという[3]

高校卒業後、一浪を経て、立教大学文学部英米文学科に進学(徳光和夫豊田順子は先輩にあたる)。大学生時代、雑誌『ホットドッグ・プレス』に登場してプライベートな経験をあからさまに語ったことがある[4]

立大卒業後、1995年日テレにアナウンサーとして入社。同期入社は矢島学(同局アナウンサー)、魚住りえ(現フリーアナウンサー)、近野宏明(同局記者)。

後に報道局社会部に異動。悠仁親王誕生の際には他局に先駆けて第一報を伝えた[2]

2011年5月31日付で日本テレビ退社。ホリプロに所属して、フリーアナウンサーとして仕事を続ける。同年6月11日に日比谷野外音楽堂で行われたパープルリボンウォークの総合司会として参加した[5]

現在の出演番組[編集]

過去の担当番組[編集]

日本テレビ時代
フリー転身後

著書[編集]

  • 十八歳からの十年介護(武田ランダムハウスジャパン、2011年)
  • 十年介護(小学館文庫、2013年・上記本の改訂増補版)

脚注[編集]

外部リンク[編集]