丸山桂里奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丸山 桂里奈 Football pictogram.svg
名前
カタカナ マルヤマ カリナ
ラテン文字 MARUYAMA Karina
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1983年3月26日(31歳)
出身地 東京都大田区
身長 163cm
体重 56kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 スペランツァFC大阪高槻
ポジション FW
背番号 14
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2009
2010
2010-2011
2012-
日本の旗 TEPCOマリーゼ
アメリカ合衆国の旗 フィラデルフィア・インデペンデンス
日本の旗 ジェフ千葉レディース
日本の旗 スペランツァFC大阪高槻
86 (44)
4 (0)
14 (2)
36 (5)
代表歴2
2002-現在 日本の旗 日本 77 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年11月10日現在。
2. 2013年9月22日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

丸山 桂里奈(まるやま かりな、1983年3月26日 - )は、日本女子サッカー選手。身長163cm。ポジションはフォワード日本体育大学体育学部体育学科卒業。ホリプロ所属[1][2]

経歴

東京都大田区大森出身[3]。 大田区大森北の明善幼稚園卒園後、少年/少女サッカークラブである入一SC入新井第一小サッカークラブ)でサッカーを始める。のちに東京ガスサッカースクールに所属し、中学時代に読売メニーナ読売ベレーザの下部チーム)に入団[4]。1997年、第18回全日本女子サッカー選手権大会に出場登録される。

東京経営短期大学村田女子高等学校(現:村田女子高等学校)に進学しメニーナを退団、高校のサッカー部でのプレーを選び3年の時には全国3位となった[4]。この頃は大田区山王にある急坂(闇坂)を連日のように百回ダッシュするトレーニングを積んだ[5]。2002年、日本体育大学体育学部体育学科に進み[4]、大学女子リーグで活躍全日本大学女子サッカー選手権大会インカレでも優勝(2連覇)を経験している、この時にサッカー女子日本代表初選出。

在学中の2003年に2003 FIFA女子ワールドカップ、2004年のアテネオリンピック等に出場[4]

2005年に東京電力へ就職。勤務場所は福島第一原子力発電所で、当時ユニット所長を務めていた吉田昌郎が上司だった[6]。 同時にL・リーグ(現・なでしこリーグ)の東京電力女子サッカー部マリーゼに入団。8得点をあげて同年の新人王を受賞した[4]

2008年、北京オリンピックにおけるサッカー競技日本代表に選出された。この大会で得点を決めることができず、チームも4位に終わった。試合後にキャプテンである澤穂希から「スーパーサブならもっと走りなよ!」と叱咤激励され、奮起したという[7]

2009年シーズンをもって東京電力女子サッカー部マリーゼを退団した。同時に東京電力を退職。退職をすべきか悩んでいた際には、元上司の吉田昌郎から「かりな、好きなことはとことんやれ!サッカー頑張りや!」と激励を受けた[8]。 2010年、フィラデルフィア・インデペンデンスWPS)への移籍が決定、移籍後試合には4回出場している。同年9月17日、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースへの移籍が発表され現在にいたる。

2011年4月には自身のブログで、かつて勤務地だった福島第一原子力発電所事故の対応に苦戦する東京電力を気遣い「私は、東電社員だったことを誇りに思うし、今原発内にいる東電社員の方々を本当に誇りに思います。予想外の津波がきて、原発での事故が起こってしまった。でも誰も悪くない。東電が悪いわけじゃない」と書き込んだことにより、非難も受けた[4]

2011年7月、FIFA女子ワールドカップにも出場。準々決勝の地元ドイツ戦では、後半開始から永里優季に代わって交代出場、そして延長後半3分、澤穂希の浮き球のパスを受けてゴールを決めた。これが決勝点となり、日本女子代表はワールドカップで初めてベスト4に進出した[4]。試合後の記者会見では「東北の人たちのために、ゴールを決めました」と答えた[7]。その後、決勝戦に進出し日本の初優勝に貢献した。

2012年、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースからスペランツァFC大阪高槻に移籍。2月16日にチームへの加入記者会見が行われた[9]

エピソード

  • AKB48が好きで、2011年W杯の後に『やべっちFC』『すぽると!』『めざましテレビ』に出演した際には、AKB48の「会いたかった」の振り付けを披露した。ちなみにドイツ戦でのゴール後のガッツポーズもその振り付けからとったものであった。ただし周囲からは「完成度が低すぎる」とあまり評判が良くなかったとのことで「完成度が上がるまで当分封印します」とのこと[10]
  • サッカー選手では三浦知良(カズ)のファンで、2011年W杯後に優勝祝いとしてバラの花を贈られた際には非常に喜んだ。ただ本人と直接会うのは気恥ずかしいらしく「今度は妄想でカズさんと食事やデートします!」と語っている[10]

個人成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2005 東京電力女子サッカー部マリーゼ 14 L・リーグ1部 (L1) 19 8 - 3 2 22 10
2006 なでしこ Div.1 15 5 - 2 1 17 6
2007 なでしこ Div.2 17 22 4 4 2 0 23 26
2008 10 なでしこ Div.1 20 4 - 3 5 23 9
2009 15 5 - 0 0 15 5
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2010 フィラデルフィア・インディペンデンス 11 WPS 4 0 - - 4 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2010 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 31 なでしこ 6 1 0 0 2 1 8 2
2011 14 8 1 - 0 0 8 1
2012 スペランツァFC大阪高槻 18 4 3 0 1 0 22 4
2013 18 1 8 1 2 1 28 3
通算 日本 1部 119 29 11 1 13 10 143 40
日本 2部 17 22 4 4 2 0 23 26
アメリカ WPS 4 0 - - 4 0
総通算 140 51 15 5 15 10 170 66

代表歴

選出歴等

試合数


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2002 5 0
2003 11 6
2004 11 3
2005 3 0
2006 9 1
2007 1 0
2008 17 3
2009 2 0
2010 0 0
2011 8 1
2012 5 0
2013 4 0
通算 77 14

(2013年9月22日現在)

ゴール

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2003年3月19日 タイバンコク タイの旗 タイ ○ 9-0 親善試合
2. 2003年6月11日 グアムの旗 グアム ○ 7-0 2003 AFC女子選手権
3.
4. 2003年6月13日 ミャンマーの旗 ミャンマー ○ 7-0
5. 2003年6月15日 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 5-0
6. 2003年7月12日 日本東京 メキシコの旗 メキシコ ○ 2-0 2003 FIFA女子ワールドカップ予選プレーオフ
7. 2004年4月18日 日本東京 ベトナムの旗 ベトナム ○ 7-0 アテネオリンピックアジア最終予選
8. 2004年4月22日 日本東京 タイの旗 タイ ○ 6-0
9.
10. 2006年11月23日 ドイツカールスルーエ ドイツの旗 ドイツ ● 3-6 親善試合
11. 2008年5月31日 ベトナムホーチミン チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 11-0 2008 AFC女子アジアカップ
12.
13. 2008年7月24日 日本神戸 オーストラリアの旗 オーストラリア ○ 3-0 親善試合
14. 2011年7月9日 ドイツヴォルフスブルク ドイツの旗 ドイツ ○ 1-0 FIFA女子ワールドカップ2011

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 普通以下の選手?多忙の丸山桂里奈あっけらかんと「超バッチリですよ」
  2. ^ スーパーサブ・丸山が御前V弾、五輪最終予選へ猛アピール…なでしこリーグ
  3. ^ 大田区から「なでしこジャパン」丸山桂里奈選手に初の区民栄誉賞を贈呈しました”. 東京都大田区役所 (2011年8月16日). 2011年8月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g なでしこ新ヒロインはナント元東電社員!福島原発に勤務”. ZAKZAK (2011年7月11日). 2011年7月19日閲覧。
  5. ^ 『サッカー女子W杯 あす米国戦 丸山桂里奈選手「決勝もゴール決める」』 東京新聞 2011年7月17日付参照
  6. ^ 丸山桂里奈が恩人吉田元所長の死に衝撃デイリースポーツ2013年7月11日
  7. ^ a b 『なでしこの誓い 世界一の心のきずな物語』ISBN:9784052035203、学研教育出版、2012年10月16日、91-110頁
  8. ^ 丸山桂里奈が恩人吉田元所長の死に衝撃デイリースポーツ2013年7月11日
  9. ^ 【大阪高槻】なでしこFW丸山加入を発表 日刊スポーツ 2012年2月16日閲覧
  10. ^ a b 東京スポーツ・2011年8月14日付 最終面

外部リンク