越川優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
越川 優
Yu Koshikawa
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-06-30) 1984年6月30日(37歳)
出身地 石川県金沢市
ラテン文字 Yu Koshikawa
身長 189cm[1][2]
体重 86kg
血液型 A型
選手情報
所属 ビーチバレー
愛称 ユウ
指高 243cm
利き手
スパイク 347cm
ブロック 330cm
テンプレートを表示
越川 優
Yu Koshikawa
ヴォレアス北海道  No.7
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-06-30) 1984年6月30日(37歳)
出身地 石川県金沢市
ラテン文字 Yu Koshikawa
身長 189cm
体重 86kg
血液型 A型
選手情報
所属 ヴォレアス北海道
愛称 ユウ
役職 選手兼コーチ・チームディレクター・
アカデミーアドバイザー
ポジション OH
指高 243cm
利き手
スパイク 347cm
ブロック 330cm
テンプレートを表示
越川優

越川 優(こしかわ ゆう、男性、1984年6月30日 - )は、日本ビーチバレー選手、バレーボール選手、元全日本選手。日本バレーボール協会アスリート委員会委員[3]ヴォレアス北海道所属。ホリプロスポーツ文化部所属[4]

石川県金沢市出身。ポジションはウイングスパイカー。姉は元岡山シーガルズの越川瞳美[5]

来歴[編集]

金沢市立野田中学校を卒業後、高校バレーの名門・長野県岡谷工業高等学校に入学。在学中の春の高校バレーでは2年生時にキャプテンとして準優勝。インターハイは1年生時に優勝、2年生時に準優勝、3年生時に3位入賞。3年生時での国体でも優勝を飾った。

全日本入り

2002年釜山アジア大会で、(男子では)高校生初の全日本代表入りを果たす。高校卒業後、2003年Vリーグサントリーサンバーズに入団。

2005年9月に行われた第13回アジア選手権では、ベストスコアラー賞を獲得し、日本の5大会ぶりの優勝に貢献。

2006年7月、サントリーサンバーズとプロ契約を結んだ。マネージメント会社はホリプロ。自身のスポーツ用品スポンサーはミズノ

2007年ワールドカップに出場。「プリンス・オブ・ニッポンバレー」というキャッチコピーが用いられた[6]

2008年8月、北京オリンピックに出場し、1次リーグA組第3戦目の中国戦にて、左膝の半月板を断裂。翌々日の第4戦目、ベネズエラ戦に出場するも第3セットで途中交代。第5戦目アメリカ戦は出場を見合わせ、その後、帰国し手術が行われた。

イタリアプロリーグ・セリエAへ

2009年7月、イタリア2部リーグ(セリエA2)のパッラヴォーロ・パドヴァ(現・Fidia Padova)へ完全移籍した[7]。 同じ年のグラチャンは、左膝半月板再断裂のため出場せず。これは2009年10月9日の練習中に膝をひねった事が原因とのこと[8]

2010年4月、イタリア2部リーグ(セリエA2)8位にてシーズン終了。同年9月、イタリアで行われた世界選手権(世界バレー)に出場し、2次ラウンド(13位)で終了した。

2011年4月3日、イタリア2部リーグ(セリエA2)2位にてレギュラーラウンド終了。プレーオフへ進出。同年5月11日、イタリア2部リーグ(セリエA2)プレーオフ・ファイナル第3戦にて、サンタクローチェ(NGM MOBILE S.CROCE)に3-2で勝利し、所属チームPhyto Performance Padovaは来シーズンのA1昇格が決定した。同年7月、2011/12シーズンの所属が決定。イタリア1部リーグ(セリエA1) 「Fidia Padova」で、日本人5人目となるA1プレーヤーとなる 2012年1月5日のローマ(M. Roma Volley)戦では、リベロとして全セット出場[9]

しかし2011年のワールドカップのメンバーからは外れ、2012年3月30日発表の2012年度全日本男子チーム登録メンバー27名には入っていたが、5月16日発表の登録メンバー20名、5月31日発表の最終登録メンバー12名には選出されなかった。 [10]

日本球界・全日本復帰

2012年7月、サントリーサンバーズへの復帰が発表された[11]

2013年7月、サントリー退団が発表され[12][13]、8月5日にJTサンダーズに移籍した[14]

同年11月のグラチャンバレーに出場。4戦目のイタリア戦では、全日本主将の山村宏太がベンチメンバー(エントリーメンバー14人のうち各試合12人)から外れたため、越川が代わりに、キャプテンマークが付いた17番のユニフォームで試合に臨んだ[15]

2013/14Vプレミアリーグにおいて、Vリーグ歴代1位となるサーブ効果率21.1%を記録し、さらに最多得点部門でも日本人選手歴代1位となる532点をたたき出すなど[16]、JTの10年ぶり準優勝に大きく貢献し敢闘賞及びベスト6賞・サーブ賞の栄に浴した[17]

2014/15Vプレミアリーグにおいて、JT悲願の初優勝の原動力となり、MVPを獲得した。2017年1月5日、JTサンダーズは越川の今季限りの退部とビーチバレーボール転向を発表した[18]

2017年、プロビーチバレープレイヤーに転向したが、2020年8月、ヴォレアス北海道への入団を発表。ビーチバレーボールの活動を続けつつ、インドアへ復帰した[19]。2021年もヴォレアスと契約更新し、選手と同時にコーチ、チームディレクター(GM補佐)、アカデミーアドバイザーとしても契約した[20]

プレースタイル・人物[編集]

破壊力抜群の高速ジャンプサーブ[21]、最高到達点347cmの高さを生かした強烈なスパイクが武器である。以前はサーブレシーブを苦手にしていたが、イタリア・セリエAではサーブレシーブを任される(リベロとして出場したことも[9])などかなり改善された。

父親(星稜高校バレー部出身で国体出場経験あり、母親もクラブチームで全国を経験[5])譲りの、好き(家に自動車専門誌があったり一緒に輸入車ショーに行ったり)だった。しかし、所属していたサントリーサンバーズでは当時、「25歳まで車を買ってはいけない」という内規があったという。電車・バスなど他の乗り物も好きで、将来の夢はパイロットだった[22]

2013年7月に結婚。その後離婚し、2018年11月、ビーチバレー選手・石井美樹との結婚を自身のInstagramで発表した[23][24]

球歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 2004年 - 第10回Vリーグ 新人賞
  • 2006年 - 第12回Vリーグ 敢闘賞・サーブ賞・ベスト6
  • 2007年 - 2006/07V・プレミアリーグ 最高殊勲選手賞・ベスト6
  • 2009年
    • 2008/09V・プレミアリーグ サーブ賞、ベスト6
    • 第58回黒鷲旗大会 ベスト6
  • 2013年 - 2012/13 Vプレミアリーグ ベスト6[25]
  • 2014年
    • 2013/14 Vプレミアリーグ 敢闘賞、ベスト6、サーブ賞
    • 第63回黒鷲旗大会 敢闘賞、ベスト6
  • 2015年
    • 2014/15 Vプレミアリーグ 最高殊勲選手賞、ベスト6
  • 2017年

所属チーム[編集]

個人成績[編集]

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[26]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2003/04 サントリー 21 73 269 125 46.5% % 13 0.18 278 36 12.95% 17.4% 299 56.2% 174
2004/05 28 103 562 290 51.6% % 31 0.30 360 33 9.17% 15.7% 440 64.8% 354
2005/06 27 97 606 338 55.8% % 35 0.36 346 30 8.67% 17.2% 173 63.4% 403
2006/07 26 95 655 346 52.8% % 41 0.43 403 34 8.44% 16.1% 347 64.6% 421
2007/08 28 100 674 371 55.0% % 44 0.44 417 33 7.91% 15.7% 430 61.6% 440
2008/09 24 84 510 268 52.5% % 32 0.38 369 37 10.03% 16.7% 328 66.2% 337
2012/13 28 96 623 283 45.4% % 42 0.44 375 33 8.80% 17.0% 540 63.9% 358
2013/14 JT 28 110 861 426 49.5% % 46 0.42 485 60 12.37% 21.1% 725 65.9% 532
2014/15 21 79 610 270 44.3% % 26 0.33 308 23 7.47% 15.7% 474 62.4% 319
2015/16 16 63 370 153 42.7% % 21 0.25 250 21 % 16.8% 488 59.0% 254
2016/17 21 81 558 235 42.1% % 37 0.46 289 25 % 15.1% 439 58.1% 297
太字 はタイトル獲得

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 高校時代は190cm『春の高校バレー』2013年12月13日閲覧
  2. ^ バレーボール 男子世界選手権!!!』(2013年12月16日閲覧)では191cm
  3. ^ 事業本部部員・委員会委員名簿 日本バレーボール協会
  4. ^ 越川 優(コシカワ ユウ) | ホリプロオフィシャルサイト” (日本語). www.horipro.co.jp. 2020年11月3日閲覧。
  5. ^ a b 越川優選手に100の質問 Q61~Q80
  6. ^ 2007年ワールドカップのテレビ放送用に使用されたキャッチコピー
  7. ^ “全日本のエース、越川がイタリア完全移籍 「全日本がさらに強くなれるように頑張る」”. スポーツナビ. (2009年7月6日). http://m.sports.yahoo.co.jp/column/detail/200907060010-spnavi 2013年2月15日閲覧。 
  8. ^ お久しぶりです^^ - 越川優オフィシャルブログ(2009年10月15日)
  9. ^ a b “越川が勝利に貢献”. 日刊スポーツ. (2012年1月6日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp6-20120106-885780.html 2012年1月8日閲覧。 
  10. ^ (参考記事)体調を除く出来事。オフィシャルブログのコメント;2011年10月4日、2012年3月6日
  11. ^ サントリーサンバーズ. “越川 優選手 入団のお知らせ”. 2012年7月20日閲覧。
  12. ^ サントリーサンバーズ. “【ご報告】越川 優選手退団について”. 2013年8月4日閲覧。
  13. ^ 毎日jp. “バレー男子:越川がサントリー退団”. 2013年8月4日閲覧。
  14. ^ JTサンダーズ. “越川優選手の入部が決定しました”. 2013年8月5日閲覧。
  15. ^ MSN産経ニュース. “【バレー】”. 2013年11月24日閲覧。
  16. ^ Vリーグ機構. “越川優選手が日本記録を更新!”. 2014年3月30日閲覧。
  17. ^ Vリーグ機構. “2013/14 V・プレミアリーグ 男子表彰選手”. 2014年4月14日閲覧。
  18. ^ 越川優選手退部のお知らせ”. JTサンダーズ. 2017年1月5日閲覧。
  19. ^ 越川優、ヴォレアス北海道加入後初実戦「北海道に新しいストーリーを」” (日本語). スポーツ報知 (2020年9月22日). 2020年11月3日閲覧。
  20. ^ 【来季契約情報】越川優選手”. ヴォレアス北海道 (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  21. ^ 越川優選手に100の質問 Q21~Q40
  22. ^ 越川優選手に100の質問 Q1~Q20
  23. ^ ビーチバレー越川が結婚 同じ競技の石井と” (日本語). サンスポ (2018年11月1日). 2020年11月3日閲覧。
  24. ^ Yu KOSHIKAWAはInstagramを利用しています:「いつも温かいご声援、心より感謝申し上げます。 この度、私越川優は、同じくプロビーチバレーボール選手の石井美樹さんと結婚することを、この場を借りてご報告させて頂きます。…」” (日本語). Instagram. 2020年11月3日閲覧。
  25. ^ Vリーグ機構. “2012/13V・プレミアリーグ男子 個人賞受賞者のお知らせ”. 2013年4月14日閲覧。
  26. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2017年5月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]