森田淳悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森田 淳悟
MORITA Jungo
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Jungo Morita 1960-2.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1947-08-09) 1947年8月9日(69歳)
出身地 北海道北見市
ラテン文字 MORITA Jungo
身長 193cm
選手情報
愛称 ミスターバレーボール
ポジション MB
利き手
 
獲得メダル
男子 バレーボール
オリンピック
1972 ミュンヘン バレーボール
1968 メキシコシティ バレーボール
テンプレートを表示

森田 淳悟(もりた じゅんご、1947年8月9日 - )は、日本のバレーボール元選手、元全日本代表)・指導者。

現在は日本体育大学体育学科教授[1]NPO法人日本オリンピアンズ協会理事。前・公益財団法人日本バレーボール協会強化事業本部本部長[2]

来歴[編集]

北海道北見市出身。中学時代は野球部で、2年の時に陸上部を作ってハイジャンプもしていた。鶴ヶ丘高校入学後に長身を見込まれてバレーボールをはじめる。恩師の原田先生の出身校でもある日本体育大学へ進学。[3]入学した1966年世界選手権全日本デビュー。ミスターバレーボールと云われている。1968年メキシコ五輪で銀メダルを獲得。

大学卒業後の1970年に日本リーグの日本鋼管(当時)に入社。日本リーグでは最高殊勲選手1回、敢闘賞4回などを受賞した。

1972年ミュンヘン五輪で金メダルを獲得。横田忠義大古誠司とともに全日本ビッグスリーと呼ばれ、相手の攻撃コースを読んだ緻密なブロックはフジヤマブロックと呼ばれた。森田のドライブサーブは世界一の速さと言われ、強烈なドライブサーブで相手のレシーブを崩した。ミュンヘンオリンピック後、全日本を離れたが、1977年に日本で行われたワールドカップで復帰。日本を銀メダルに導いた。

一人時間差をはじめとする[4]自ら考案した多彩な攻撃は、日本バレー史に名を刻み、2003年にはバレーボール殿堂入りを果たした[5]

現役引退後の1981年からは、母校の日本体育大学バレーボール部コーチに就任し[6]、後に監督となって、2007年から2008年にかけて全日本インカレ2連覇に導いた。2009年12月の全日本インカレをもって監督を勇退[7]

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
日本大学鶴ヶ丘高等学校日本体育大学日本鋼管
  • 受賞歴
    • 1970年 - 第4回日本リーグ ブロック賞、サーブ賞、ベスト6
    • 1971年 - 第5回日本リーグ 敢闘賞、ブロック賞、サーブ賞、ベスト6
    • 1972年 - 第6回日本リーグ ベスト6
    • 1973年 - 第7回日本リーグ サーブ賞、ベスト6
    • 1974年 - 第8回日本リーグ 敢闘賞、ブロック賞、ベスト6
    • 1975年 - 第9回日本リーグ 敢闘賞、ベスト6
    • 1976年 - 第10回日本リーグ 敢闘賞、ベスト6
    • 1977年 - 第11回日本リーグ 最高殊勲選手賞、ベスト6
    • 1978年 - 第12回日本リーグ ベスト6
    • 2007年 - Vリーグ栄誉賞(優勝貢献、個人記録)

脚注[編集]

[ヘルプ]

著書[編集]

  • ミスターバレーボール 森田淳悟物語 ISBN 4794707398 叢文社 (2015/5/1)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]