傳田亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
傳田 亮太
Ryōta Denda
豊田合成トレフェルサ  No.11
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-07-03) 1991年7月3日(28歳)
出身地 長野県長野市
ラテン文字 Ryōta Denda
身長 191cm
体重 88kg
選手情報
所属 豊田合成トレフェルサ
愛称 デンダ
ポジション MB
指高 258cm
利き手
スパイク 345cm
ブロック 327cm 
テンプレートを表示

傳田 亮太(でんだ りょうた、1991年7月3日 - )は、日本の男子バレーボール選手。ポジションはミドルブロッカーV.LEAGUE Division1の豊田合成トレフェルサに所属している[1]

来歴[編集]

長野県長野市出身。中学校に部活が吹奏楽部かバレーボール部しか無かったため[要出典]、中学1年次からバレーボールを始める。中学3年の時JOCの中学選抜の大会に出場時に、創造学園大学附属高校(現 松本国際高等学校)の壬生義文前監督の目に止まりスカウトされる。

大学は中央大学に進学。卒業後は地元長野県のVC長野に入団。

2015年の7月に豊田合成トレフェルサに移籍した。

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 選手紹介”. 豊田合成トレフェルサ. 2018年8月24日閲覧。
  2. ^ 2014.08.06 傳田亮太選手加入のお知らせ - 豊田合成トレフェルサ

外部リンク[編集]