齋藤信治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
齋藤 信治
Nobuharu Saito
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-09-29) 1973年9月29日(43歳)
出身地 栃木県今市市(現・日光市
ラテン文字 Nobuharu Saito
身長 205cm
体重 95kg
選手情報
愛称 ノブコフ205
ポジション MB
指高 265cm
利き手
スパイク 345cm
ブロック 330cm
テンプレートを表示

齋藤 信治(さいとう のぶはる、1973年9月29日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。栃木県今市市出身。ポジションはミドルブロッカー。ニックネームはノブコフ205(のぶこふ にーまるご)。

来歴・人物[編集]

高校時代は無名選手であったが、大学の猛練習で成長しインカレでも活躍する。その後、2m超の高身長を武器にVリーグで活躍。以前はオポジットだったが、2000-2001シーズンのVリーグよりチーム事情でセンターにコンバートされた。全日本代表にも何度も選ばれ、国際大会でも活躍したが、2008年北京オリンピック出場をもって現役引退した。

ノブコフの愛称は朝日健太郎によって名づけられた。1999年ワールドカップではさらにインパクトをつけるために彼の身長である205(cm)を愛称につなげ、ノブコフ205をキャッチフレーズとしてテレビ放送で使用した。

球歴・受賞歴[編集]

所属チーム[編集]

外部リンク[編集]