山村宏太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山村 宏太
Kota Yamamura
サントリーサンバーズ  No.1
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Volleyball Sprungaufschlag.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-10-20) 1980年10月20日(38歳)
出身地 東京都東村山市
ラテン文字 Kota Yamamura
身長 205cm
体重 90kg
血液型 O型
選手情報
所属 サントリーサンバーズ
愛称 コウタ
ポジション MB
指高 265cm
利き手
スパイク 346cm
ブロック 340cm
テンプレートを表示

山村 宏太(やまむら こうた、1980年10月20日 - )は、日本の男子バレーボール選手。

東京都東村山市出身。ポジションはミドルブロッカーVプレミアリーグサントリーサンバーズ所属。

来歴[編集]

日本人選手としては数少ない身長2mを越えるプレーヤーで、アタッカー、ブロッカーとして活躍している。また、その身長からロシアの名前にちなみ、ヤマコフという愛称で親しまれている。キャッチコピーは『ヤマコフ205』。元々は齋藤信治の「ノブコフ205」からもじったものである。2009年現在、現役Vリーグ選手最長身である。

全日本男子チームの主将を、2013年に務めた[1][2][3]

2016年10月23日のVプレミアリーグ開幕戦に出場し、通算試合出場数が332試合となり男子の歴代一位となった[4]

2017年4月24日、サントリーサンバーズは山村が5月の黒鷲旗大会をもって勇退することを発表した[5]

球歴・受賞歴[編集]

  • 全日本代表 - 2002年-2013年
  • 受賞歴
    • 2008年 - 2007-08 Vプレミアリーグ ベスト6
    • 2009年 - 2008-09 Vプレミアリーグ アタック賞、ベスト6
    • 2013年 - 第62回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 ベスト6

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サトウ監督「持っている全てを伝える」バレー全日本男子会見 - スポーツナビ、2013年5月21日
  2. ^ 主将は山村! 新生全日本男子“龍神NIPPON”が記者会見 - バボちゃんネットニュース、2013年5月21日
  3. ^ 2010年の世界選手権では、両足首手術のため不参加だった宇佐美大輔の代わりに、全日本の主将を務めたこともあった。
  4. ^ サントリーサンバーズ・山村宏太選手がVリーグ男子通算出場試合新記録を達成!”. Vリーグ機構. 2016年10月29日閲覧。
  5. ^ 勇退選手、退団選手、プロ選手のお知らせ”. サントリーサンバーズ. 2017年4月27日閲覧。

関連項目[編集]

  • 大竹秀之 - 日本男子歴代最長身バレーボール選手(208cm)
  • 塚原佳代子 - 日本女子歴代最長身バレーボール選手(195cm)
  • 岡山恭崇 - 日本男子歴代最長身スポーツ選手(230cm、バスケットボール)
  • 菅谷徹 - 日本男子現役最長身スポーツ選手(215cm、バスケットボール)
  • 吉川舞 - 日本女子歴代最長身スポーツ選手(197cm、バスケットボール)
  • 山田久美子 - 日本女子現役最長身バスケットボール選手(192cm)
  • ロバート・ワドロー - 最も背が高い人物(270cm)

外部リンク[編集]