福澤達哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福澤 達哉
Tatsuya Fukuzawa
パナソニック・パンサーズ  No.15
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-07-01) 1986年7月1日(30歳)
出身地 京都府京都市
ラテン文字 Tatsuya Fukuzawa
身長 189cm
体重 86kg
血液型 B型
選手情報
所属 パナソニック・パンサーズ
愛称 タツヤ
ポジション WS
利き手
スパイク 357cm
ブロック 330cm 
テンプレートを表示

福澤 達哉(ふくざわ たつや、1986年7月1日 - )は、日本の男子バレーボール選手。京都府京都市出身。ポジションはウイングスパイカーVプレミアリーグパナソニック・パンサーズ所属。

来歴[編集]

兄がやっていた影響で、小学4年生からバレーボールを始める。

中学時代の通知票はオール5のスマートな一面もある。

洛南高等学校を経て、指定校推薦で中央大学法学部法律学科に進学。大学1年の時に全日本代表に選出され、2005年ワールドリーグで代表デビューを飾った。

2008年、全日本代表に再選出。北京オリンピック世界最終予選を経て、清水邦広と共に最年少で北京オリンピックに出場した。同年パナソニック・パンサーズの内定選手となり、2008-2009年Vプレミアリーグの新人賞を獲得した。

2009年、大学卒業後にパナソニック・パンサーズに入団し、黒鷲旗大会で若鷲賞とベスト6を獲得。アジア選手権では2年ぶりの優勝に貢献し、最優秀選手賞を受賞。ワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャン)では、全日本男子32年ぶりの銅メダル獲得に貢献し、ベストスパイカー賞を獲得した。

2010年、Vプレミアリーグと黒鷲旗大会のパナソニックの優勝に貢献し、ベスト6に選出された。2012年3月、2011/12プレミアリーグの優勝に大きく貢献し、MVP・ベスト6に輝いた。

2015年-2016年シーズンは日本を離れ、ブラジルスーパーリーグマリンガ (バレーボール)ポルトガル語版へ移籍することが発表された[1]

球歴・受賞歴[編集]

  • 全日本代表 - 2005年、2008年-2013年、2016年
    • オリンピック - 2008年
    • ワールドリーグ - 2005年、2008年、2009年
    • ワールドグランドチャンピオンズカップ - 2009年
  • 受賞歴
    • 2009年
    • 2010年
      • 2009/10 Vプレミアリーグ ベスト6
      • 第59回黒鷲旗全日本男女選抜大会 ベスト6
    • 2012年 - 2011/12 Vプレミアリーグ MVP・ベスト6
    • 2013年 - 2012/13 Vプレミアリーグ ベスト6賞[2]
    • 2013年 - 第62回黒鷲旗全日本男女選抜大会 ベスト6[3]
    • 2014年 - 第63回黒鷲旗全日本男女選抜大会 ベスト6

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 福澤達哉選手の海外移籍のお知らせ パナソニック・パンサーズオフィシャルサイト 2015年6月29日付
  2. ^ Vリーグ機構. “2012/13V・プレミアリーグ男子 個人賞受賞者のお知らせ”. 2013年4月14日閲覧。
  3. ^ 大阪府バレーボール協会. “特別表彰選手(男子)”. 2013年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]