石川祐希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川 祐希
Yūki Ishikawa
 No.14
Volleyball (indoor) pictogram.svg
 
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-12-11) 1995年12月11日(26歳)
出身地 愛知県の旗 愛知県岡崎市
ラテン文字 Yūki Ishikawa
身長 192cm
体重 84kg
血液型 AB
選手情報
所属 イタリアの旗 パワーバレー・ミラノ[1]
愛称 ユウキ
ポジション OH
利き手
スパイク 351cm
ブロック 330cm
獲得メダル
日本の旗 日本
フベルト・ワグネル記念大会英語版
2015 ポーランド英語版
アジア競技大会
2014 仁川
アジア選手権
2017 インドネシア英語版
2021 千葉市/船橋市
2019 イラン
アジアカップ選手権
2016 タイ英語版
アジアユース選手権
2012 イラン英語版
テンプレートを表示

石川 祐希(いしかわ ゆうき、1995年12月11日 - )は、愛知県岡崎市出身の日本の男子バレーボール選手。

妹の石川真佑も同じバレーボール選手であり、東レ・アローズに所属している。

来歴[編集]

実姉の影響で岡崎市立矢作南小学校4年生よりバレーボールを始めた[2]岡崎市立矢作中学校卒業[3]。高校は星城高等学校(愛知県豊明市)に進学し、2012年・2013年の二年連続高校三冠の原動力となった[4][5]

2014年4月に中央大学法学部政治学科[6][7][8])に進学し、全日本代表候補入りを果たした[4]。同年6月、東京オリンピックに向けた強化指定選手である「Team CORE」のメンバーに選出された[9]。同年9月には韓国仁川で行われたアジア大会に出場し、シニア代表デビューを果たした[10][11]

2014年8月25日に、イタリアのクラブセリエAパッラヴォーロ・モデナが2014/15シーズンに石川と契約すると発表した。契約期間は1年間[12][13]で、3か月間留学した。

また、2016年7月8日の記者会見でイタリアバレーボールリーグセリアA1のトップ・バレー(ラティーナ)への短期派遣を発表した[14]。期間は2016年12月の全日本大学選手権終了後から約3か月間。

大学卒業後は、Vリーグのチームに所属せず、プロバレーボール選手として活動している。

2020年12月9日、新型コロナウイルスへの感染を公表[15][16]。同月の29日にチームに復帰。

2021年4月、全日本代表の主将に就任[17]

球歴[編集]

所属チーム[編集]

受賞歴[編集]

トーナメントの賞[編集]

大学賞[編集]

  • 2014年 - 第 61 回 学員体育会賞【優秀選手賞】,【学長賞】[41]
  • 2014年 - 第 32 回 学員会会長賞【スポーツの分野 (個人)】[41]
  • 2015年 - 第 62 回 学員体育会賞【優秀選手賞】,【学長賞】[42]
  • 2015年 - 第 33 回 学員会会長賞【スポーツの分野 (個人)】[42]
  • 2017年 - 第 64 回 学員体育会賞【特別賞】,【学長賞・特別賞】[43]
  • 2017年 - 第 35 回 学員会会長賞【スポーツの分野 (個人)】[43]

主な出演[編集]

MV[編集]

テレビ[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石川祐希15得点、イタリア通算1300得点を達成”. 日刊スポーツ (2021年2月8日). 2021年2月13日閲覧。
  2. ^ 月刊バレーボール 2014年3月号 38ページ
  3. ^ 岡崎市総合政策部広報課編 『岡崎市制100周年記念誌 新たな100年に向けて』岡崎市役所、2017年7月、35頁。 
  4. ^ a b msn産経ニュース. “最年少で日本代表入りした春高バレー王者、石川祐希「自分がやらないと」”. 2014年7月6日閲覧。
  5. ^ 石川祐希”. 朝日新聞デジタル. 2021年5月30日閲覧。
  6. ^ 中央大学バレーボール部 プロフィール(2015年11月)
  7. ^ 中央大学バレーボール部 プロフィール
  8. ^ 読売新聞. “【グローバル人材育成】イタリア留学記:HAKUMON Chuo【2015年夏号】:Chuo Online”. 2015年9月3日閲覧。
  9. ^ 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月27日閲覧。
  10. ^ 日本バレーボール協会. “試合結果”. 2014年10月4日閲覧。
  11. ^ 月刊バレーボール 2014年11月号 36-39ページ
  12. ^ PRIMA PAGINA Modena. “25.08.2014 - ISHIKAWA ARRIVA A MODENA”. 2014年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月13日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ 月刊バレーボール 2014年10月号 137ページ
  14. ^ 日刊スポーツ. “石川祐希、伊移籍決断の理由…今のままでは勝てない”. 2016年12月4日閲覧。
  15. ^ “バレー石川祐希がコロナ陽性 容態安定、自宅で療養”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年12月9日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202012090000183.html 2020年12月9日閲覧。 
  16. ^ バレーボール男子日本代表 石川祐希 新型コロナ陽性で自宅療養”. NHKニュース (2020年12月9日). 2021年6月7日閲覧。
  17. ^ バレーボール 男子日本代表の主将に石川祐希 イタリアで活躍 NHKニュース
  18. ^ “第40回 全日本中学校バレーボール選手権大会”. http://okav-2018.com/zenchu/?action=common_download_main&upload_id=494 2021年11月19日閲覧。 
  19. ^ “第24回 全国都道府県対抗中学バレーボール大会 特別表彰選手<男子>”. http://yokkaichiikuseisha.web.fc2.com/ashiato/data/24hyoushou.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  20. ^ 全国総体結果報告~やったぜバレー部第3位!~”. www.seijoh.ed.jp. 2021年11月19日閲覧。
  21. ^ “平成24年度 全国高等学校総合体育大会 男子バレーボール競技大会”. http://zenkokuvb.ec-net.jp/inter/2012interkekka.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  22. ^ “第65回 全日本バレーボール高等学校選手権大会 受賞一覧”. https://www.jva.or.jp/domestic_convention/uploads/outline/78/best6_haruko2012.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  23. ^ “平成25年度 全国高等学校総合体育大会 男子バレーボール競技大会”. http://zenkokuvb.ec-net.jp/inter/2013interbestplayer.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  24. ^ “第66回 全日本バレーボール高等学校選手権大会 受賞一覧”. https://www.jva.or.jp/domestic_convention/uploads/outline/137/seiseki_haruko2013.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  25. ^ バレーボール部 春季関東大学バレーボールリーグ戦 対専大”. www.chuo-u.ac.jp. 2021年11月19日閲覧。
  26. ^ “第67回 秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会”. https://www.jva.or.jp/domestic_convention/uploads/outline/19/m_intercollege_men2014.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  27. ^ “第64回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 特別表彰選手(男子)”. https://www.jva.or.jp/domestic_convention/uploads/outline/153/m_kurowashiki2015.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  28. ^ バレーボール部 春季関東大学バレーボールリーグ戦 対日体大”. www.chuo-u.ac.jp. 2021年11月19日閲覧。
  29. ^ USA’S ANDERSON HEADS MEN’S WORLD CUP DREAM TEAM”. worldcup.2015.men.fivb.com. 2021年11月19日閲覧。
  30. ^ 中大連覇 NEXT4石川祐希がMIP バレー”. www.nikkansports.com. 2021年11月19日閲覧。
  31. ^ “第68回 秩父宮賜杯全日本バレーボール大学選手権大”. https://adm-www.jva.or.jp/domestic_convention/uploads/outline/165/award_intercollege_men2015r.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  32. ^ CANADA CLAIM FINAL OLYMPIC TICKET IN TOKYO MEN’S QUALIFIER”. worldoqt.japan.2016.men.fivb.com. 2021年11月19日閲覧。
  33. ^ “2016年度 秋季関東大学男子1部バレーボールリーグ戦”. https://kanto.volleyball-u.jp/wp-content/uploads/2016/10/bbce86e3ea37bbdf3fe7bed5a7fa86e6-1.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  34. ^ 石川祐希、両軍最多37得点でMIP賞 中大V3”. www.nikkansports.com. 2021年11月19日閲覧。
  35. ^ “第69回 秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会”. https://volleyball-u.jp/juva/wp-content/uploads/2016/12/83f56e53e976dae5993ca4cd3a39a7b9-1.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  36. ^ 第19回アジア男子選手権大会 - 試合結果”. www.jva.or.jp. 2021年11月19日閲覧。
  37. ^ “第70回 秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会”. https://volleyball-u.jp/juva/wp-content/uploads/2017/12/b2c7b16fed00818a21d90083c770092f.pdf 2021年11月19日閲覧。 
  38. ^ 第20回アジア男子選手権大会 - 試合結果”. www.jva.or.jp. 2021年11月19日閲覧。
  39. ^ ALAN SOUZA NAMED MVP IN 2019 MEN’S WORLD CUP”. en.volleyballworld.com. 2021年11月19日閲覧。
  40. ^ 第21回アジア男子選手権大会 - 試合結果”. www.jva.or.jp. 2021年11月19日閲覧。
  41. ^ a b “2014年度 中央大学学生奨励賞受賞者をご案内いたします”. https://www.chuo-u.ac.jp/uploads/2015/07/48a95934f7258596783d01d1b1367a0e.pdf?1629877815157 2021年11月19日閲覧。 
  42. ^ a b “2015年度 中央大学学生奨励賞受賞者をご案内いたします”. https://www.chuo-u.ac.jp/uploads/2016/03/0bc7b14664de964c7ef529ac7656dd42.pdf?1629877496407 2021年11月19日閲覧。 
  43. ^ a b “2017年度 中央大学学生奨励賞受賞者をご案内いたします”. https://www.chuo-u.ac.jp/uploads/2018/04/new_2017_gakuseisyoureisyouichiran_web-1.pdf?1629876650712 2021年11月19日閲覧。 
  44. ^ “ポルノグラフィティ、新曲「キング&クイーン」MVにバレーボール柳田将洋選手&石川祐希選手が出演”. https://www.m-on-music.jp/0000224116/ 
  45. ^ 情熱大陸【プロバレーボール選手/石川祐希▽最高峰リーグで戦う孤高のパイオニア】”. 2022年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]