石川祐希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石川 祐希
Yūki Ishikawa
 No.14
Volleyball (indoor) pictogram.svg
 
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-12-11) 1995年12月11日(24歳)
出身地 日本の旗 愛知県岡崎市
ラテン文字 Yūki Ishikawa
身長 192cm
体重 84kg
血液型 AB
選手情報
所属 イタリアの旗 パワー・バレー・ミラノ
愛称 ユウキ
ポジション OH
利き手
スパイク 351cm
ブロック 330cm
 
獲得メダル
日本の旗 日本
アジア選手権
2017 インドネシア
2019 イラン
アジア競技大会
2014 仁川
テンプレートを表示

石川 祐希(いしかわ ゆうき、1995年12月11日 - )は、愛知県岡崎市出身の日本の男子バレーボール選手。

妹の石川真佑も同じバレーボール選手であり、東レ・アローズに所属している。

来歴[編集]

実姉の影響で岡崎市立矢作南小学校4年生よりバレーボールを始めた[1]岡崎市立矢作中学校卒業[2]。高校は星城高等学校(愛知県豊明市)に進学し、2012年・2013年の二年連続高校三冠の原動力となった[3]

2014年4月に中央大学法学部政治学科[4][5][6])に進学し、全日本代表候補入りを果たした[3]。同年6月、東京オリンピックに向けた強化指定選手である「Team CORE」のメンバーに選出された[7]。同年9月には仁川で行われたアジア大会に出場し、シニア代表デビューを果たした[8][9]

2014年8月25日に、イタリアのクラブセリエAパッラヴォーロ・モデナが2014/15シーズンに石川と契約すると発表した。契約期間は1年間[10][11]で、3か月間留学した。

また、2016年7月8日の記者会見でイタリアバレーボールリーグセリアA1のトップ・バレー(ラティーナ)への短期派遣を発表した[12]。期間は2016年12月の全日本大学選手権終了後から約3か月間。

大学卒業後は、Vリーグのチームに所属せず、プロバレーボール選手として活動している。

球歴[編集]

  • 全日本ユース代表
  • 全日本代表 - 2014年-

所属チーム[編集]

受賞歴[編集]

[13]

主な出演[編集]

MV[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール 2014年3月号 38ページ
  2. ^ 岡崎市総合政策部広報課編『岡崎市制100周年記念誌 新たな100年に向けて』岡崎市役所、2017年7月、35頁。
  3. ^ a b msn産経ニュース. “最年少で日本代表入りした春高バレー王者、石川祐希「自分がやらないと」”. 2014年7月6日閲覧。
  4. ^ 中央大学バレーボール部 プロフィール(2015年11月)
  5. ^ 中央大学バレーボール部 プロフィール
  6. ^ 読売新聞. “【グローバル人材育成】イタリア留学記:HAKUMON Chuo【2015年夏号】:Chuo Online”. 2015年9月3日閲覧。
  7. ^ 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月27日閲覧。
  8. ^ 日本バレーボール協会. “試合結果”. 2014年10月4日閲覧。
  9. ^ 月刊バレーボール 2014年11月号 36-39ページ
  10. ^ PRIMA PAGINA Modena. “25.08.2014 - ISHIKAWA ARRIVA A MODENA”. 2014年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月13日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ 月刊バレーボール 2014年10月号 137ページ
  12. ^ 日刊スポーツ. “石川祐希、伊移籍決断の理由…今のままでは勝てない”. 2016年12月4日閲覧。
  13. ^ FIVB. “FIVB Volleyball Men's World Cup 2015 - Dream Team”. 2015年12月20日閲覧。
  14. ^ “ポルノグラフィティ、新曲「キング&クイーン」MVにバレーボール柳田将洋選手&石川祐希選手が出演”. https://www.m-on-music.jp/0000224116/ 

外部リンク[編集]