石川祐希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川 祐希
Yūki Ishikawa
 No.11
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-12-11) 1995年12月11日(21歳)
出身地 日本の旗愛知県岡崎市
ラテン文字 Yūki Ishikawa
身長 192cm
体重 84kg
血液型 AB
選手情報
所属 中央大学
愛称 ユウキ
ポジション WS
利き手
スパイク 350cm
ブロック 330cm
テンプレートを表示

石川 祐希(いしかわ ゆうき、1995年12月11日 - )は、愛知県岡崎市出身の日本の男子バレーボール選手。中央大学在学中。

来歴[編集]

実姉の影響で岡崎市立矢作南小学校4年生よりバレーボールを始める[1]岡崎市立矢作中学校卒業[2]。高校は星城高等学校(愛知県豊明市)に進学し、2012年・2013年の二年連続高校三冠の原動力となった[3]

2014年4月に中央大学(法学部政治学科[4][5][6])に進学し、全日本代表候補入りを果たした[3]。同年6月、東京オリンピックに向けた強化指定選手である「Team CORE」のメンバーに選出された[7]。同年9月には仁川で行われたアジア大会に出場し、シニア代表デビューを果たした[8][9]

2014年8月25日に、イタリアのクラブセリエAパッラヴォーロ・モデナが2014/15シーズンに石川と契約すると発表した。契約期間は1年間[10][11]で、3か月間留学した。

また2016年7月8日の記者会見でイタリアバレーボールリーグセリアA1のトップ・バレー(ラティーナ)への短期派遣を発表[12]。期間は2016年12月の全日本大学選手権終了後から約3か月間。

球歴[編集]

  • 全日本ユース代表
  • 全日本代表 - 2014年-

所属チーム[編集]

受賞歴[編集]

主な出演[編集]

MV[編集]

参照[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール 2014年3月号 38ページ
  2. ^ 岡崎市総合政策部広報課編 『岡崎市制100周年記念誌 新たな100年に向けて』 岡崎市役所2017年7月、35頁。
  3. ^ a b msn産経ニュース. “最年少で日本代表入りした春高バレー王者、石川祐希「自分がやらないと」”. 2014年7月6日閲覧。
  4. ^ 中央大学バレーボール部 プロフィール(2015年11月)
  5. ^ 中央大学バレーボール部 プロフィール
  6. ^ 読売新聞. “【グローバル人材育成】イタリア留学記:HAKUMON Chuo【2015年夏号】:Chuo Online”. 2015年9月3日閲覧。
  7. ^ 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月27日閲覧。
  8. ^ 日本バレーボール協会. “試合結果”. 2014年10月4日閲覧。
  9. ^ 月刊バレーボール 2014年11月号 36-39ページ
  10. ^ PRIMA PAGINA Modena. “25.08.2014 - ISHIKAWA ARRIVA A MODENA”. 2014年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月13日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ 月刊バレーボール 2014年10月号 137ページ
  12. ^ 日刊スポーツ. “石川祐希、伊移籍決断の理由…今のままでは勝てない”. 2016年12月4日閲覧。
  13. ^ FIVB. “FIVB Volleyball Men's World Cup 2015 - Dream Team”. 2015年12月20日閲覧。
  14. ^ “ポルノグラフィティ、新曲「キング&クイーン」MVにバレーボール柳田将洋選手&石川祐希選手が出演”. https://www.m-on-music.jp/0000224116/ 

外部リンク[編集]